「元気が、きたろう。」『ゲゲゲの鬼太郎』×『明治 即攻元気』がタイアップ! 2018.07.24 [キャラクター]蟹坊主、烏天狗長老、小次郎情報追加! 2018.07.22 ゲゲゲの鬼太郎(アニメ), 作風は子供向けを意識してか、悪い妖怪から人間を守る子供向けヒーローアニメになっている。そのため、妖怪を倒してそれで終わりと言うのがパターンだった。. 主題歌はすべてのシリーズで一貫して同一の曲『ゲゲゲの鬼太郎』(作詞:水木しげる 作曲:いずみたく)。1期以来半世紀にわたり様々にアレンジされ、アニメに限らずあらゆる鬼太郎作品で主題歌として採用されているという、アニメソングのひとつの奇跡。みんなで歌おう。 鬼太郎(きたろう)は、水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』(旧題『墓場の鬼太郎』等)の主人公である妖怪。父親の目玉おやじとともに妖怪と人間の共存できる世界を目指して戦う。1933年から1935年頃の紙芝居『墓場奇太郎』(ハカバキタロー)の主人公の名を借りて、水木しげるが創作したキャラクターである(水木は鬼太郎を創作するにあたり、『ハカバキタロー』原作者の伊藤正美の了承を得ている。水木はこの了解を完全に守り、その後鬼太郎がメディアミックスで大ヒットしていく中でも一切オリジナルを主張するような発言はしなかった)。, 鬼太郎の元となった紙芝居『ハカバキタロー』(漢字では「墓場奇太郎」、原作伊藤正美、画辰巳恵洋)は、戦災などで失われ詳細は不明だが、その主人公は、親の因果により墓場から生まれた醜い少年(蛇少年とも)で、親の仇に復讐を果たしていく[5]。, ただし、この物語が伊藤のオリジナルかどうかは不明である。少なくとも、「子育て幽霊」などの古典的な怪談・昔話に多くを拠っている[5]。, 水木が鬼太郎を最初に描いたのは、1954年から始まる『蛇人(じゃじん)』『空手鬼太郎』『ガロア』『幽霊の手』などの数作の紙芝居である。これらで、「墓場の鬼太郎」という表記が現れた。, ただしこれらに描かれた鬼太郎は、作品により大きな違いがある。『蛇人』の鬼太郎は「ハカバキタロー」と共通する因果ものの主人公で、蛇の腹から生まれ人間に苛められるが成長したのちに復讐をする。『空手鬼太郎』の鬼太郎は、ギチンという空手使い(船越義珍がモデル)に弟子入りして、修行した末に師を打ち破る[5]。, 『空手鬼太郎』ではビジュアルも変化し、鬼太郎に似ていたという水木の兄の子をモデルに、「多少かわいく」した[6]。, 1960年に水木は貸本に鬼太郎を登場させた。「幽霊一家」から始まる一連の作品である。, ここで鬼太郎の出自がほぼ現在のものとなる。鬼太郎は幽霊族(そういう種族であり死者の霊ではない)の生き残りで、墓に埋葬された母の遺体から生まれる[7]。, かつて地上を支配していた幽霊族の唯一の末裔(原作「地獄篇」とアニメ第3作地獄篇のみ、幽霊族の父と人間の母との混血)。, 幽霊族とは人間が一般に考えている幽霊(人間の死霊)ではなく、現在の人類が誕生する以前に栄えていた種族であり、地球の先住民族とも言える存在で「第一期人類」と称されてもいる。種族として基本的に争いを好まない性格で、それ故に人類が発生、繁殖すると共に迫害され森の奥へ次いで地下へと追いやられ衰退していった。その頃に糧を求めて地上をさまよう姿を目撃した人間が幽霊と誤認した。「続ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじの話によると、紀元前3800年頃には鬼太郎父子の先祖は幽霊族の帝位に就いていたという。, 実写映画「千年呪い歌」では鬼太郎は幽霊族が人間によって滅ぼされたことをぬらりひょんに告げられるまで知らなかった(人間を恨まないで欲しかったため、目玉おやじは教えていなかった)ことになっているが、1980年代『最新版』や『鬼太郎国盗り物語』では知っていた様子である。このため、最新版ではぬらりひょんに、「地球環境を守る為に人間と戦って滅ぼされた先祖の敵の味方をする」「未成年なのに喫煙」「悪人を見逃すこともある」、「とんでもないぶりっこ妖怪」と評されて言葉につまる場面もあった。, 人間ではないため少年の姿のまま何十年も生きていて、まだ幽霊族としても子供である。妖怪としては「子供の姿をしている」と人間からは見なされている。外見は長髪で左目を隠し、特徴的な髪型と古めかしい学童服と縞模様のちゃんちゃんこを着て下駄を履いている。学童服の素材は仙人の髭で、百年経っても破れない(「UFO宇宙突撃隊」では「防弾学生服」とも呼ばれる)[9]。下着には天女の羽衣でできているといわれるシャツ、目玉親父が桃太郎からもらったといわれる鬼のパンツを着用している[9]。モデルは、水木しげるの甥(当時3〜5歳)である。, 左目がなく隻眼である。理由については様々である。『墓場の鬼太郎』第2話では「元々潰れていた」とされるが、その後の「おかしな奴」では「墓から出て来た赤ん坊の鬼太郎を化け物だと思い込み、恐れた水木が放り投げ、地面を転がった鬼太郎は墓石の角に左目をぶつけ潰れてしまった」設定に変わっている(アニメ『墓場鬼太郎』ではこちらの描写を採用)。その後の『ゲゲゲの鬼太郎』時代では、作品や解説書によって異なる。貸本版では右目の無い(髪の毛に覆われず、目玉おやじが入り込んだりもする)鬼太郎が幾度も登場している。通常長髪で左目を隠している状態なのも、目の左部分には眼球が無いためである。, アニメの外見については、制作上の都合で顔が大幅に異なる回が多数ある。特に第1作は7つ(うち外部発注は4つ)、第2作は8つ(うち外部発注は6つ)の制作班で話数単位で制作発注していたために連携がとれず、話数によって鬼太郎の体型や顔・服装(服のボタンの大きさなど)が異なっている。, 2007年公開の実写版映画では、左目は義眼であるが成人であるウエンツ瑛士の外見を考慮し、年齢は原作より上の350歳、一人称が「僕」ではなく「俺」、髪が茶髪ではなく銀髪(原作の灰色に近い)、身長が170cm等、様々な変更点がある[注 2]。, 普段は大人しくてクールだが、実際は正義感が強く情熱家。だがそれゆえに困っている人間や妖怪を放っておけないお人よしな所がある。原作「大海獣」では自分を大海獣に変えた山田を許したほど[注 3]。そして同じく原作「海坊主先生」でも「正義と愛が俺を動かすんだ」と鬼太郎本人が言っている(これに対しねずみ男は「どこかで聞いたような低調な劇画の台詞はやめてくれ」と言った)。悪いことをする者は誰でも関係なく嫌いで、時には妖怪としての本質的なダークな面を見せ自分勝手な人間に対しても厳しいお仕置きをすることがある(「幽霊電車」など)。一方で「おどろおどろ」では人間の科学者が自らの体で人体実験を行い妖怪・おどろおどろになってしまったのをやむを得ず退治したが、その際に人間の息子(アニメ第6シリーズでは娘)から恨まれたりもしている[注 4]。しかし原作の始まりである『墓場鬼太郎』では始めから人情が薄く、関わる人間を不幸に陥れる怪奇な存在として描かれている。また美女や美少女には人間・妖怪の両方に甘く騙されることもあり惚れっぽいのが、ほとんどの作品に共通している。実写映画版『千年呪い歌』では、人間を憎まず助ける理由は「人間は善なる存在」とは単純に考えておらず、人間の愚かさを十分承知しながらも安易に見捨てることや切り捨てることはしていないだけである。原作とアニメシリーズとでは一人称が異なる事が多々ある。, アニメではシリーズごとの作風やテーマに沿って、それぞれ異なった個性が設定されている。, 母・岩子は鬼太郎を身篭ったまま病死し、彼ら夫婦に関わりを持っていた血液銀行の銀行員・水木によって埋葬された。だが3日後、自力で母胎、墓穴から這い出て誕生した。この鬼太郎の誕生話はアニメシリーズではほとんど描かれていない。アニメで取り上げられたのは第3作第114話『血の池妖怪ヌルリ坊(大幅に改変)』、第4作第78話『ぬらりひょんと蛇骨婆』、2008年の『墓場鬼太郎』第1話である。, 誕生後は水木に引き取られていたが、冷遇を受け6歳の時出奔、父・目玉おやじと共に放浪の旅の末、ゲゲゲの森という安住の地を得た。少年時代には猫娘と共に妖怪小学校に通っていたという[13]。ねずみ男の弁によれば、鬼太郎は妖怪世界の名門校といわれる妖怪学習院に通っており、ねずみ男と同窓だったという[14]。実写映画での学歴は墓の下中学中退。, 普段は「ゲゲゲハウス」と俗称されるツリーハウスに目玉おやじと二人暮しをしている(原作「死神」では砂かけ婆の妖怪アパートに在住[15])。人間世界で生活物資を手に入れるため現金を使うこともあるが、収入をどうやって得ているかははっきりしない。基本的に貧乏生活を送っており、原作ではゴミ箱あさりをすることもある。少年誌やアニメでは、怪事件を解決する際にもほとんど報酬を受け取らず、せいぜい滞在中の寝食を世話して貰う程度である。非常に高額の報酬を申し出る依頼人もいるが、鬼太郎は被害者の治療や事件を起こした妖怪の供養など事件の後始末や社会福祉に使うように勧める。, 鬼太郎の青年期を描いた作品『続ゲゲゲの鬼太郎』では、妖怪に理解のある民生委員・万助老人に「妖怪も人間の中で暮す時代」と助言され、彼の世話のもとで人間社会で生活しており、収入を得るために新聞配達などのアルバイトもしている[16]。当初は貧乏劇画家の家の2階に間借りしていたが[16]、劇画家に迷惑をかけたために追い出され、7年ぶりに再会したねずみ男と共に町外れの幽霊屋敷に住処を変える[17]。幽霊族としての身分を隠し、田中ゲタ吉という名の人間として墓の下高校という学校に通っており、ユリ子という名の人間の恋人もいる[18]。本作では、思春期の青年らしい性に対して好奇心旺盛な鬼太郎が金と欲の大人の世界で活躍する様子が描かれているが、水木は「鬼太郎にセックスを持ち込んだのは失敗」と語っており、後の『新ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代』ではアダルト色からの脱却のための軌道修正として、鬼太郎が金銭苦からそれまでの生活から離れて山中での生活に追われ、偶然から相撲界に入門し、さらには野球で活躍するようになる[19]。, その実力や、幽霊族という名門の末裔であることから、妖怪の中でも一目置かれる存在である。また、困っている者を見過ごせない性格ゆえに助けられた妖怪も数多く、妖怪仲間からの信頼は厚い。そのため、鬼太郎が窮地に陥った際には多くの妖怪が快く救援に駆けつけている。人望の高さから日本妖怪のリーダー的存在として認識されているエピソードもある。一方で、悪事を働く妖怪とは対立していて、敵視されたり恨みを買ったりしており、邪魔者として彼の抹殺を図る妖怪や、強大な妖力やちゃんちゃんこなどの武器を奪おうと狙う妖怪もいる。また、妖怪が人間を襲う事件では、人間側にも非があるにもかかわらず妖怪側を一方的に退治することもあるため、不満を持つ妖怪もおり、『妖怪大裁判』では見上げ入道からその点を指摘されて反省している。, 原作には、鬼太郎の初恋の人である、『鬼太郎夜話』の「寝子」をはじめ、さまざまな猫娘が登場し、その関係も友人だったり、妖怪小学校の同級生だったり、それぞれに異なっている。, 原作『その後のゲゲゲの鬼太郎』では、それまでの戦いの疲れを癒すために南方の島へ出かけ、最終的には島の酋長の娘メリーと共に暮すようになる[25]。このことから鬼太郎はメリーと結婚していると設定されていることもある[26]。しかし、メリーはその後登場していない。, 『妖怪千物語』では猫娘の手料理を盛んに褒めたり、頬にキスをされて照れたりと満更でもない様子に描かれている。ただし、自分への甘ったるい態度とねずみ男への凶暴な態度との落差には冷や汗交じりに呆れている。, 猫娘との恋愛模様はアニメ版のオリジナル設定の場合が多く、本来の原作漫画ではアニメの影響もあって、「猫娘が鬼太郎に密かな恋心を抱いている」という公式設定もできてはいるが、実際にそれを表立って示す場面は少ない。, 妖怪の中でも名門とされる幽霊族の末裔であり、また先祖達の力が蓄積された道具類や仲間達の強力なサポートの甲斐もあって、日本妖怪でも最強の一角に数えられる。様々な超人的な能力を持つが、何よりも恐ろしいのが妖怪の常識からも逸脱した驚異的な生命力と再生力、肉体変化と能力の多様性である。胃酸やヘビなど、体内にも強力な武器を隠し持っているため、絶対的に有利な状況でも簡単に覆してしまう(たとえば仮に敵が鬼太郎を体内に取り入れても胃酸で丸ごと溶かされる、弱点を知られてから毛穴より脱出されるなどの大きなリスクを背負うことになり、対処も難しい)。また、それ以外の能力ですらあまりの多様さと万能性を持つため、ほとんどの状況には何だかんだ対処できてしまい、絶対的な攻略法や弱点が存在せずに反撃されてしまう。釜鳴り(第4作第95話「妖力泥棒・釜鳴り」)や化け灯籠(第5作第57話「伝説の大妖怪鵺! 時代に合わせて、ダイナミックなアクションやオーバーなギャグシーンも盛り込まれている。 対象とする視聴者の年齢が引き上げられ、社会風刺の要素が強くなっている。従来以上に妖怪が恐ろしいものとして描かれ、ユーモラスなシーンもあるが、ホラー&ショックの演出も濃い。鬼太郎の人間に対する姿勢はクールでドライなものとなり、その活躍は”養父への恩返し”と理由付けられた。, 平成20年1月10日~同年3月20日まで、全11話。外伝にしてプロローグ的作品。唯一の深夜アニメ。原作初期の「どこかシュールだが、不気味で怖い妖怪・鬼太郎」の冒険譚が堪能できる。映像に原作漫画をアレンジして組み込んだOPが、電気グルーヴのスタイリッシュな歌とともに話題になった。, 『シャドウサイド 鬼王の復活』にコラボ出演。東映アニメーション以外が初めてアニメ制作を担当した作品。, ちびまる子ちゃん(参照)、クレヨンしんちゃん(参照)、ドアラ(『日本爆裂! 野沢は「女性の感性で演じてはダメだ」という指摘に応じて演技を修正し、それ以外でも何か意見を与えられると熱心に応じていたという(大塚曰く「バンバンやる子」)。また、田の中が演じる目玉おやじの特徴的な話し方は「目玉が抑揚を持って喋るのはおかしい、棒読みっぽく行くべきだ」という意見から始まったという。 1968年1月3日から1969年3月30日に放送された、全65話のTVシリーズ。当時はカラーアニメの普及が定着を見せていたが、原作の雰囲気を再現するために意図的に白黒アニメとしての製作が進められた。 この時期は2期よりも少し顔が横に丸っこくなっており、加えて鼻の穴が大きいという特徴がある。 巨大な鳥の姿をした妖怪。泣いている赤ん坊を見ると攫ってしまい、その世話をする。人間に放置されていると勘違いした赤ん坊を次々と攫っていたが、依頼を受けた鬼太郎に敗北し、二度と赤ん坊を攫わないことを約束し、その後はゲゲゲの森で穏やかに暮らしていた。 また、4期後半は日本で最初のデジタル彩色によるTVアニメーションである。 根強い人気を誇り、繰り返し再放送されたことで3期制作の原動力の一つとなった。, 昭和60年10月12日~63年2月6日まで、全108話。地獄編を含めると全115話。 さらに「猫娘とねずみ男」ではねずみ男の体内にある三虫を餓死させようとした際は最後まで付き合うなど原作と同じく親身になっている。 時折コミカルな描写もあるが、前作よりも世の中の不条理さやショッキングなホラー演出が劇画調に強調されている。 鬼太郎(きたろう)は、水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』(旧題『墓場の鬼太郎』等)の主人公である妖怪。父親の目玉おやじとともに妖怪と人間の共存できる世界を目指して戦う。1933年から1935年頃の紙芝居『墓場奇太郎』(ハカバキタロー)の主人公の名を借りて、水木しげるが創作したキャラクターである(水木は鬼太郎を創作するにあたり、『ハカバキタロー』原作者の伊藤正美の了承を得ている。水木はこの了解を完全に守り、その後鬼太郎がメディアミックスで大ヒットしていく中でも一 … 一方、ねずみ男に対しては、そのキャラクターを説明する意味合いもあってなのか、手厳しい制裁を加えたり、厳しい言葉をぶつけることが多い。 !』でも鏡爺の能力と合わせて重要な役を果たす。, 持ち主の体内に宿り、その力が必要となる時に胸に浮かび上がる。そして鍵を開くことで超絶的な威力の『地獄究極奥義』を発動させる。, 第33話にて、瀕死の鬼太郎にアマミ一族のミウが生命力を分与した際、ミウが先祖から受け継いできたこの鍵が鬼太郎に移った。アマミ一族と幽霊族は親類にあるとされ、鍵の継承権が親類同士で相続された形になる。閻魔大王により制限を受けており、その許可を取らずに使用すると罰せられる。奥義の使い方は五官王が教えている。番組がテレビ局側の都合により急遽終了したため、下記の諸々の他にも例えば八大地獄(88話の解説図によれば下記の灼熱と針山の他に、極寒、血の池、無間、竜巻、叫喚、釜茹で、がある)に因んだ奥義が存在するかは未解明となっている。, 劇中では、作戦や敵を油断させるなどの策略上、様々な妖怪・種族(あるいは無生物)に自主的あるいは強制的に変身させられることも多い(他の妖怪も変化させられることもあるが、変化が一番多いのは鬼太郎である)。変化の対象は大海獣(ゼオクロノドン)、化け猫、牛鬼、吸血鬼、恐竜、魚、幽霊、蛙、狸、赤ん坊、老人、少女、鼠、ミイラ、反物、石(石像)、真珠、皿、銅像、面子、石炭、食べ物(カマボコなど)、人形、虫、植物、液体、マネキン、のしいか、灯篭、砂に至るまで多岐にわたる。鬼太郎の姿である時の能力は失われることが多いが、変身時には大海獣の毛生え光線など特有の力を発揮することも多々ある。第5作での牛鬼は体内電気や毛針など鬼太郎持前の妖力を有し、同様に第5作63話「日本妖怪全滅!?妖怪反物! このため全話登場は原作初期と同じく鬼太郎だけで、ねずみ男は第2話以降から全エピソード出演。目玉おやじは鬼太郎と共に第1話から登場するも、第7話の「幽霊電車」の回のみ原作に併せて例外的に未登場であった。 記念すべき第1話は「おばけナイター」であるが、本当の第1話はその次の「夜叉」だった。しかし「番組のイメージを明るいものにしたい」という理由で、制作された中では一番朗らかな雰囲気を持っていたこのエピソードが選ばれたという(ただしそれ以外のエピソードは例外なくホラー要素が含まれた内容となっている)。よって本来ならねずみ男も第1話から登場していたかもしれない。, なお、この時期は、原作でもまだ鬼太郎ファミリーという概念が固まっていなかった。 一つ一つの描写や設定は非常に不安定なものの、積み重ねられた諸要素は後の2期にも引き継がれており、2期における鬼太郎のキャラクター性が本作よりかは安定させる動力となっていると言える。, ゲゲゲの鬼太郎 2007年4月1日から2009年3月29日まで、全100回が放送された。 関東での放送時間は、4期鬼太郎と同じ日曜日の朝9時である。 歴代でOPが初めて変わった作品でもある。ただし楽曲は変わっておらず、OPの歌手(と編曲者)が変更になっている。初期は原作者水木しげるとの名前繋がりで泉谷しげるが担当、後期はザ・50回転ズが担当した。 EDのチョイスはタイアップで起用されたものも多くし、妖怪を唱わない内容の曲も少なくないなど、こちらも歴代と異なる。 3期以外は恒例的EDでもあった「カラ … 妖怪王対鬼太郎」、104話「恐怖!吸血妖怪の島」, 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』ジバニャン役に黒田崇矢さん、ねずみ男役に大塚明夫さん決定! 待望の本予告映像が解禁- アニメイトタイムズ(株式会社アニメイトラボ), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鬼太郎&oldid=79964083, 身長:約130cm(アニメ版は第1~第3、第5作は同じ設定。第4作と第6作はそれより少々高めのデザイン), 基本的に一人称は「僕」だが原作やアニメ第2・3作ではごくたまに「俺」と言っている。. ただ後の2期と比べるとあくまでも少年という立ち位置を崩していない作品が多く、物腰が原作よりソフトにアレンジされてこともあって行儀の良い描写が多い。 後のファミリーとなる砂かけ婆や子泣き爺はかろうじて準レギュラーと言えるレベルだが、それでも話数がしばしば開くうえ、ビジュアル・デザイン・声優が安定しないなど、固着には程遠く、少なくとも当時の視聴者にとっては馴染みが薄かった。後にヒロインとしてレギュラーとなる猫娘(CV:山口奈々)に至っては、このシリーズではゲストとして1回(第20話)のみの登場だった。 メインキャストとなる野沢、田の中勇、大塚周夫は元々同じ劇団(「劇団東芸」時代の一時期)の仲間であったため、「劇団の延長」として、役作りにおいてはそれぞれが意見を出し合い、キャラ作りや演技の方向性を固めていったという。 途中でデジタル制作へと体制が変更された。, 平成19年4月1日~21年3月29日まで、全100話。 また、どれだけ手厳しく応対しても、最終的には元の鞘に戻っている辺り、ねずみ男との関係は必ずしも悪いものではない。 日本妖怪」では、仲間の十数人の妖怪たちの妖力を得、体内電気を超電磁プラズマと化して相手に叩きつける超電磁火の玉ショックを使用した[33]。『新妖怪千物語』の赤舌戦では体内電気を逆流させて鬼太郎自身を電熱器化する体内電気電熱スパークを使用した。, 実写映画版では「千年呪い歌」での夜叉との戦いで使用。子泣き爺の杖にちゃんちゃんこを巻きつけ、それに帯電させた物を武器にして挑み、最後は体内電気マックスパワーで倒した。第4作32話「電気妖怪カミナリ!」でも、敵の電撃を受け続けて体が赤熱化し目が青く発光するまで帯電し、「ネバーギブアップ!」と気合を入れて強力な赤い電撃で戦況を覆した。第6作5話「電気妖怪の災厄」でも、かみなりの電気を吸収し、倍増させた体内電気でとどめを刺した。, 月曜ドラマランド版では「体内電波」と呼ばれており、ぬらりひょんを体内電波発射で倒している。, 体が傷ついても時間が経てば回復する。雪中でも生命を維持し、放射能も平気、潰されたり切り刻まれたりと、どんな姿に変形させられても生気さえ失われていなければ生来の驚異的な再生能力で自然回復できる(左目だけ再生していないが、この左目についても赤子のときに水木によって潰された説と生まれつき潰れていたという説が存在する)。のびあがりによって木にされた際も、本来ならば身動きできない筈が、自ら木に花と実を咲かせてその中から割って出た(第4作109話・第6作1話)。自分を食べた敵を操る事は容易で、敵の毛穴から汗として脱出、復活という離れ業を披露したことも。逆にこうした能力を持つために、陥る危機は他のヒーローとは桁違いに過酷なものも少なくなく、カマボコにされてしまったことさえある。なお、上記のような再生能力が追いつかないほどの重傷を負った場合は恐山の妖怪病院に入院する。, 人間とは比較にならない身体能力を持ち、怪力、ジャンプ力、走力、などはこれまで度々見られた。設定上では肺は水中でも呼吸できるとされ、真空状態でも活動可能だといわれている[34]。肺活量も尋常でなく、体がバルーン状になり浮遊するほどに空気や水を取り込んだり、逆に風に吹かれて飛ばされるほどに薄く潰されても平気である。目は地上から火星の生物を見ることができ、心臓は永久に動くとされる[35]。, 上記の通り、妖怪の常識からも逸脱した不死身に等しい生命力(第5作では、妖怪横丁の仲間からも「ゴキブリ以上」とされている)と驚異的な再生力、肉体変化と能力の多様性を持つ。体内のエネルギー袋なる器官にエネルギーを蓄えることで、1ヶ月の絶食状態でも通常と同様の力を発揮できる[34]。原作『鬼太郎国盗り物語』では目玉おやじ共々、飲まず食わずで十年間もの間活動できることが明らかになっている[36]。, 幽霊族は死ぬ時に「霊毛」と呼ばれる1本の髪の毛を残す。数多のこれらの毛を編んで作られたのが鬼太郎のちゃんちゃんこである。色は黄色と黒の横縞模様(色の配置は上から順に黒・黄・黒・黄・黒だが、アニメ第3作のみ黄・黒・黄・黒・黄)。ほとんどのシリーズは直線だが、アニメ第4作のみ波打った線になっている。大きさや形状、能力を変幻自在に変えられる万能の武器で、ちゃんちゃんこがなければ切り抜けられないピンチも数多くあった。妖力を蓄え、普段は鬼太郎のリモコン操作で空を飛ぶが鬼太郎の危機には自ら動き出す。原作『妖怪大戦争』(アニメでは第1作第11話「妖怪大戦争(後編)」)では先祖の霊が目玉おやじに助言することもあった。とても丈夫で大抵の妖怪には破られる事は無いが、アニメ第3作第11話では刀に化けた白山坊、第4作第89話「髪の毛地獄ラクシャサ」でラクシャサに、第5作第85話ではぬらりひょんの鉄の爪(鉄分を含んだ石を食べて爪を鋭く長い刃物にする)によって引き裂かれてしまった事があった。ただし、白山坊やラクシャサの時は霊毛自体は残っていた為に後々すぐに再生し、ぬらりひょんの場合は妖怪としての能力を発揮したミウの治癒能力によって一瞬で修繕(修復)され、燃やされたり切り刻まれても元に戻る。, 初出作「幽霊一家・墓場鬼太郎」では6歳の鬼太郎が既に着ていたが、込められた霊力が明かされたのは「吸血鬼と猫娘」にて。「おかしな奴」では彼が7歳の時に目玉親父が授けた。 原作のえぐい表現などはマイルドに変更されているが、当時の基準の話であり、現代から見れば十分えげつなさはある。放送コードの規制も緩かったために、現代では差別用語と区別されている言葉もたくさん使用されている。 1968年1月3日から1969年3月30日に放送された、全65話のTVシリーズ。当時はカラーアニメの普及が定着を見せていたが、原作の雰囲気を再現するために意図的に白黒アニメとしての製作が進められた。 記念すべき第1話は「おばけナイター」であるが、本当の第1話はその次の「夜叉」だった。しかし「番組のイメージを明るいものにしたい」という理由で、制作された中では一番朗らかな雰囲気を持っていたこのエピソードが選ばれたという(ただしそれ以外のエピソードは例外なくホラー要素が含まれた … ねずみ男は時折オネエ口調でおどけて話すことがあるが、これは台詞の印象を和らげようとするためだった(例えばねずみ男が相手に媚びへつらう時、相手を「お前」と呼ぶより「あなた」という方が通りが良く、腰が低く見える)とのこと。この点、大塚は田の中からいろいろ演技について指摘を受けた。 この頃は目玉おやじとの関係もまだしっかり決まっておらず、遠出の際、鬼太郎に「お前だけ行って来い」という親父に対し「頼りにならない父さんだな~」と後発の作品では絶対言わないような悪態をつくなど、そのほかにも遠慮なく物を言う子供として描かれていた。 ただし原作からの基本的な設定はシリーズ全体で貫かれており、各シリーズにおいて、鬼太郎たちが時代を通してずっと活躍し続けてきた事を示唆する台詞や、回想場面などが見られる。, 昭和43年1月3日~44年3月30日まで、全65話。シリーズで唯一のモノクロ作品。 !」)、虹の橋を渡って夢の世界へ入る(『まくらがえし』)などの事々ができる。物に吸い付く能力があるので、これを履いていれば壁や天井を歩くこともできる[42]。自分の意思を持ち、鬼太郎を助けることもある。少なくとも目玉おやじはゲタの言葉が理解できるようである(時節鬼太郎も)。ゲタの鼻緒が切れると能力が失われるが修理すれば元に戻る(アニメ第2作第19話「釜鳴り」より)。第4作第4話では下駄を組み合わせ回転を加える下駄トルネードも披露した。アニメ第4作から下駄の鼻緒がオレンジに変更された。第5作53話では付喪神の化け草履に支配されて鬼太郎を襲ったが、同じ履物同士、理解しあえる部分があったようである。, 原作でのリモコン機能(「リモコン下駄」の呼称も)の初使用は1968年6月の『げた合戦』であるが、アニメではそれに先んじて同年1月の第1作第4話「吸血鬼ラ・セーヌ」にて、原作『手』におけるリモコン手の代わりに使われた。, 『死神大戦記』では猛毒ヘドロ製の下駄になっており、悪魔ルキフェルに食わせて中毒死させた。, オカリナ型妖怪笛ともいう[43]。アニメ第3、4作にて登場。色は3作では水色、4作では白になっている(番外編である第3作101話のみは横笛で登場)が、形状が若干異なる。大きく分けて3通りの使い方がある。本来は、同原作者の『悪魔くん』でソロモンの笛として使用されていたものであり、それをアニメ用に流用したもの。ゲーム「妖怪軍団の挑戦」の説明書では、ちゃんちゃんこや下駄と並び「先祖伝来の三神器」とされている。月曜ドラマランド版には「鬼太郎笛」が登場するが、あくまで鬼太郎を呼ぶための笛であり、武器にはならない(音が「魔笛エロイムエッサイム」のソロモンの笛の音色に流用されている)。「ゲゲゲまつりだ! 世間的にアニメにもリアリティを求める志向が強くなるのは、丁度本作の後くらいのことである。ただし、この「前後回との整合性はさほど重視しない」という作劇は、2期にも概ね受け継がれる。 アフレコの前の発声練習も並ではなかったとのこと(野沢曰く「動物園の檻のよう」)。 初のリメイクにして歴代最高視聴率となっている作品。, 平成8年1月7日~10年3月29日まで、全114話。 使用話数はTVシリーズだけで累計400話以上。 このため時には前後の回で矛盾する描写も多いが、これは当時における多くの子供番組には多く見られた傾向であり、鬼太郎が特別というわけではない。 楽曲は、いずみたくによるおどろおどろしい曲調のものが印象的。, 野沢雅子は、この作品で初の主人公役を獲得。自身を語る上で欠かせない「3つの思い入れ深い役柄」の一つに、この鬼太郎をあげている(他の二つは鉄郎と悟空)。 原作者である水木しげるの要望を取り入れた美術も特徴。また、京極夏彦など著名作家の手になる、一風変わったシナリオによるエピソードが存在する。 基本的には原作準拠だが、アニメ独自の描写も少なくない。 !』の一部地域版)、ダウンタウン(動画)等で過去に行ったことがある。, 様々なバージョンがあるが、『地獄からの使者』版と『ブラック鬼太郎の野望』版はアニメ部分がしっかり制作されており、ある意味では第6期とも言えなくもない。どちらも第5期のデザインと演出を基にしている。, 原作・水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』TVアニメシリーズ。半世紀に亘り6期と外伝の『墓場鬼太郎』を含めて7回制作されている。まさに国民的作品であり、世代を越えた脅威のアニメシリーズ。. 結果的にだが、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代、2010年代と、各年代事に製作された形にもなっている。ただし、厳密に各10年間ずつ開いて新規作品が放送されていたわけではない。 プラモデルをプレゼントされて子供のようにはしゃぐといった一面があるものの、基本的には「少し大人びたところのある不思議な少年」として描かれている。 とはいえ、この時点では元となった原作においてねずみ男との仲が十分親密だったこともあり、心配して行動する描写も多い。ねずみ男が警察に捕まった後に釈放された時は、揃って大喜びしていたことも。 テーマは「人間と妖怪の距離感」「多様性の在り方」。 昭和43年(1968年)第1期・昭和46年(1971年)第2期・昭和60年(1985年)第3期・平成8年(1996年)第4期・平成19年(2007年)第5期・5期放送時のテレビアニメ化40周年となった平成20年(2008年)に墓場鬼太郎・そしてテレビアニメ化50周年となった平成30年(2018年)に第6期が制作、放映が始まっている。各年代を経て7つのTVアニメ作品が製作され、原作同様に長年にわたり親しまれている。, いずれもフジテレビ系列で放送され、東映動画(現東映アニメーション)が製作を行なった。現在、TVアニメ作品としては最多の6回のTVシリーズに外伝であり原型である『墓場鬼太郎』を合わせて合計7回制作、放映された。 気合の入った妖怪アニメとして、正月早々当時の子供たちを震え上がらせた。 『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品、およびそれを原作とした一連の作品群の総称。妖怪のイメージを世間に浸透させた水木の代表作であり、「妖怪漫画」を一つのジャンルとして確立させた作品である 。 第2位の『鉄腕アトム』OPの累計245話を大きく引き離す記録である。, 3期以降は、シリーズごとに独自のテーマ、世界観や、時代に合わせた細かい設定の変更が行われている。 !」にて中国妖怪の首領チー(玉藻前の弟)に反物に変えられた時は、反物の着用者(劇中ではチーとかわうそが着用)は鬼太郎の能力(毛針、体内電気、指鉄砲)を行使できた。変身してきた中で最も巨大なものは大海獣である。自力では元に戻れず、他者の助けで元の姿に戻ることがほとんどである。, 『鬼太郎大全集』は水木プロダクション刊行の電子書籍版『鬼太郎大全集』を指す。『妖怪千物語』は講談社(ボンボンコミックス)の『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪千物語』(水木しげる原作、ほしの竜一画)を指す。, 人間のふりをして近づいたモンローやラクシャサの術で大人になったねこ娘を見ても全く動じなかった。, ねこ娘が輪入道に魂を抜かれダイヤにされたときに鉄パイプで殴りかかったり、妖怪ラリーで妖怪たちを葬ろうとしたぬらりひょんに妖怪自動車ごと突っ込んだり、自分を犠牲にしてまで人間たちを救った穴ぐら入道の想いを踏みにじった工事責任者を殴り倒してしまうなど。, 第1シリーズでは軽い程度のノイローゼだったが、本シリーズでは百々爺の策略で自分で恐怖心を克服しないと治せない重症な「妖怪ノイローゼ」(夢の中で妖怪に攻撃されると傷がそのまま残る)にかかってしまう。, 第15話で自転車を欲しがり目玉おやじに買ってもらうが、乗れないためネコ娘や人間の子供に練習を手伝ってもらっているが、乗れるに至っていない(なお、どの作品でも鬼太郎が自転車に乗る描写はない)。第77話ではピーマンが苦手なことが判明し、妖怪ヒダル神の大群に囲まれた際、3日前にピーマンを残したと発言していた。しかし、砂かけ婆の作った料理で克服した。, 第5話では映画の撮影所で沼御前に襲われた人間を助け「映画を撮るな」と忠告したにもかかわらず、自分の忠告を受け止め映画を止めようとした目撃者の証言を三度も無視した人間が沼御前に襲われた時は悔しさをにじませつつも見捨てた。, ねずみ男に結婚詐欺を働いた妖怪・石妖が人間の美女の姿の時だけは、一瞬見惚れてもいた。, 鬼太郎が危機から脱した時や猫娘を助けた時に猫娘から何度か抱き付かれているが、アングルは常に鬼太郎が後ろ姿であるために表情が読めず、その時の鬼太郎の想いや態度もほぼ不明確である。, ただ一人改変前の歴史の記憶が残った猫娘本人は、「大丈夫、一度出来たのだから、きっともう一度…、いつか」と前向きに決意を新たにしている。, 原作やアニメ2作とは違いマスクを被って変装していた。この鬼太郎を見た半魚人は花嫁姿も想像している。, ゲゲゲの鬼太郎 DVD-BOX1 2007TVシリーズ SPECIAL BOOKLET 10ページ, ゲゲゲの鬼太郎 DVDBOX ゲゲゲBOX 90's 付属 特製ブックレットゲゲゲBOOK 90's, 水木しげる 『鬼太郎国盗り物語(3)』 角川書店〈角川文庫〉 2007年、66頁。, 18話では、目玉おやじは化け鯨を「クジラの魂の集合体の様な存在」であるとし、化け鯨自ら鬼太郎達を鯨の墓場に呼んだ事が示唆されている。, 98話「試練・妖魔城への道!」、99話「決戦! 他人にねずみ男の人間性を説明する際も「妖怪にヘラヘラお世辞使うクズみたいな奴なんだよ」と称し、ちゃんちゃんこで無理矢理言うことを聞かせたときも「悪いことだとシャカシャカやるくせに、良いこととなるとグズで遅いなぁ!」と罵った。 また、原則として前編・後編と分けられている回を除いて、前後回のエピソード的な繋がりはなく、一話完結型となっている。 !五大鬼太郎」では第3、4作の鬼太郎がオカリナを吹く場面があった。, アニメ第5作にて登場。幽霊族の御守り。魔除けの鏡の欠片が使われていて、月の光で夜の闇を払う光を放つことが可能(第18話「古城に光る黒い眼」で目目連に使用)。鬼太郎以外にも何人か持っていて、そのほとんどは猫娘が作った。劇場版『日本爆裂! 一人称や口調は脚本家・場面などによってころころ代わるが、原則として困っている人間などに対しては「僕」、敵やねずみ男に対しては「俺」と凄むことが多い。この点は2期以上に安定していない。 「原点回帰」をテーマとし、再び怪奇色が強められ、鬼太郎の性格も優しく落ち着いたものになった。原作の水木作品にも見られるオトボケなシーンも随所に描かれる。 2期鬼太郎 3期鬼太郎 4期鬼太郎 5期鬼太郎 6期鬼太郎 これら3名は2期においては欠けた回がないという程に、原作同様の顔として完全なレギュラー化を果たした。 第1期は、日本で最後に製作されたテレビ用モノクロアニメーションとしても知られている。当時すでにフジテレビのほとんどの放送はカラーだったが、本作のイメージを演出するためにあえてモノクロで製作された。 墓場鬼太郎 放送終盤にアニメ40周年を迎えた。, 平成30年4月1日より放送中。アニメ化50周年記念作品。現在の最新シリーズ。 イラスト上で描かれる際は、白黒であることは勿論、墓場を除けば歴代の中で最も背が低く、その点を強調されることが多い。ただし、2期との差は僅か。 鬼太郎役の野沢雅子はこれをきっかけに、少年役を多く演じていくこととなった。, 昭和46年10月7日~47年9月28日まで、全45話。1期の続編として描かれた、唯一前シリーズと繋がりのある作品。1期と合わせ、工業公害や交通地獄などの社会問題が盛り込まれている。 昭和43年(1968年)第1期・昭和46年(1971年)第2期・昭和60年(1985年)第3期・平成8年(1996年)第4期・平成19年(2007年)第5期・5期放送時のテレビアニメ化40周年となった平成20年(2008年)に墓場鬼太郎・そしてテレビアニメ化50周年となった平成30年(2018年)に第6期が制作、放映が始まっている。各年代を経て7つのTVアニメ作品が製作され、原作同様に長年にわたり親しまれている。 いずれもフジテレビ系列で放送され、東映動画(現東映アニメーション)が製作を行なった。現在 … キャラクターデザインが現代的にアレンジされた。妖怪横丁設定が特徴的なシリーズ。鬼太郎はヒーロー然としつつも、シニカルな部分を見せている。怪奇色と同時に妖怪仲間との絆や友情、ユニークなやりとりにも重点が置かれている。 このように、三名は忌憚なく意見を言い合っていて、大塚は「鬼太郎なら絶対この三人だ」と豪語するほど、掛け合いの手応えを感じていたという。40年後に製作された『墓場鬼太郎』への出演時には、その積み上げてきたものの重さについても語っている。, “よぉねずみ男!チョコレートの一欠片ぐらいなら恵んでやってもいいぜ!” !」)ですら扱い切れないほどの量の妖力を持つ。第5作では地獄との協力体制の賜物で、爆発的な攻撃力を得た。, 以下に列記したもの以外にも、念力攻撃、血・精気の吸収、悪臭を放つなどの能力を見せている。妖怪反物にされても、独自で行動し敵の炎攻撃を包み消したこともある(第4作第80話「中国妖怪襲来!(後編)」)。ただし多くの妖怪に出来る壁をすり抜けることは出来ず、敵に逃げられることもある。, ただし、道具類や毛髪を奪われたり失うことで急激に弱体化することが知られており、上記のすべてが本人の素の実力というわけではない。また、物理的な攻撃や妖力勝負には滅法強いが、魂や精神への攻撃は苦手で、敵に操られたり魂を奪われたりすると自力では対処できず、他者に助けられることが殆どである。敵妖怪との戦いでは機転を利かせて逆転するなど切れ者ぶりを見せることもある一方、お人好しで間の抜けたところもあるため、敵の騙し討ちや奇襲、初歩的な罠などにも簡単に引っかかってピンチになることも多い。, 髪の毛は鬼太郎の妖力の源であり、奪われると能力が激しく低下する。妖怪釜鳴りとの一戦では髪の毛を根こそぎ奪われて全く戦うことが出来なかった(第6作では釜鳴りのエピソードが存在しない)。第2作では「髪を奪われると人間の子供ほどしか力が出せなくなる」と発言している。第4作95話では、髪の毛を奪われると妖力が半減するとし、髪の毛と道具を一度に削がれた衝撃で高熱を出して寝込み、満足に戦えなくなるほど弱体化していた。かつらのようにすっぽり外すこともできる。外れた髪のみが鬼太郎の遠隔操作により動き回ったり、物をつかんだりすることもできる[27]。外した髪を他の者の頭に繋いだりかぶせることで、糸電話の如く相手と対話したり(第4作第23話『風魔! 妖怪雨ふり天狗』)、その者の脳を操ることもできる[28]。, 体電池、ナマズ電気とも呼ばれる。発電袋に蓄えられる100万ボルトの電気を、電気ウナギのように体内で強力な発電をして敵を痺れさせる切り札のような技。黄色の電撃が多いが、第2作や第4作では青白色や赤色の霊電気、第5作では白い電撃が多く見られた。道具や髪の毛などを使って電流を遠くへ飛ばすこともできるが、自ら飛び道具としても使用可能。電力は調整可能で仲間の妖力でパワーアップも可能。相手の電気を吸収することで威力を強化することも可能(ダメージは受けるがアニメ第3作第83話「雨神ユムチャック伝説」では妖怪アンテナを避雷針代わりにすることで軽減した)。第5作57話では、雷撃の能力を身に着けていた特殊な化け灯籠の電力すら上回っていた。ただし、威力は強力だが鬼太郎の体力を大量に消耗するため連続で使用できない(第5作では、後にある程度改善されていて多少の連発も可能になった)。電気に弱い相手には決め手になるが、電気に強い相手には通用しない。地面に電気を発射し、地表を進んだ電気が増幅されて勢いよく上空の敵に向かって撃ち上がる事もある(第4作109話「雪山の怪異・のびあがり」)。第3作では「体内電気発電」の掛け声と共に発動する[32]。, 髪の毛針やリモコン下駄に比べると使用される機会は比較的少ないが、『妖怪千物語』とアニメ第5作では敵妖怪にとどめを刺す必殺技として使用される機会が多い。『妖怪千物語』では体内電気放電や体内電気スパークなど多数の名称があり、12話「集結! 初期のアニメ版では、目玉親父が「閻魔大王様から貰った」と発言していることから閻魔大王から鬼太郎へプレゼントされた物らしい。, 「続ゲゲゲの鬼太郎」や「新ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代」では、ちゃんちゃんこを編み直しセーターとして着ていた時期もある。, 脳波で操作できる下駄。通常の下駄と異なり履いていても問題なく走れる。ブーメランのように空を飛び、妖怪にぶつけてダメージを与える。下駄を飛ばして(手で投げつけるか足で蹴飛ばす)攻撃することが殆どだが、履いたままキックをすることもある。鼻緒に指を通して持ち、手甲のように下駄の底で防御やパンチを放つような使い方もされている(第5作で特に使用しているが、パンチは第4作99話や第6作28話でも使用)。鬼太郎の攻撃でも特に高い打撃力を持つとされる[32]が、敵妖怪を倒す決め手になることは少ない。アニメでは、人間が妖怪に襲われているところへ駆け付けた際、下駄を放って妖怪を突き飛ばし、間一髪のところを救出するという使い方がよくされる。様々の特殊な性質を持ち、触れただけで物を溶かす槌の子の毒も通用せず(第5作79話「執念の妖蛇!槌の子! 「現代社会に生きる妖怪」「妖怪との共存」がテーマ。前作までのイメージを一新、鬼太郎が熱血ヒーローとなり、妖怪とのバトルが強調されたほか、オリジナルヒロインの投入などで話題を呼んだ。

澤井珈琲 銀座, アンフェア ダブルミーニング, ダミーシステム セリフ, Psn障害 多い, エヴァ マリ 嫌い, スマホ 画面 揺れる 直し方, エヴァ ネルフ メンバー, ハシビロコウ 中村倫也, 大津祐樹 久冨慶子 馴れ初め, 冨岡義勇 フィギュア プライズ, 世にも奇妙な物語 再放送 Cs, タミフル 子供, きめ細やかなサポート 英語, 木 フランス語 性, 石橋杏奈 インスタ, 下野紘 住所, ゼルエル戦 何話, 国名クイズ アプリ, 才川コージ Sasuke, 青葉シゲル 子安, Twitter ミュートワード, 仮面ライダー ビルド ランキング, 大倉忠義 彼女, 徳永 えり 事務所, 微熱 続く 血液検査 異常なし, リーフ 英語, サカナクション ドラマ主題歌, 鬼滅 の刃コラボ ゲーム, よく調べる 英語, 碇シンジ 体重, 好きな人をブロックする心理 インスタ,