気づかないうちに他の人に感染させてしまうリスクも高くなってしまいます。, まだワクチンや特効薬がない現在、この潜伏期間の長さがインフルエンザよりも怖いと私は感じます。, 今回は、新型肺炎の原因となるコロナウィルス感染症について、わかりやすくお話してきました。, 現在のところ、ワクチンや特効薬がない新型コロナウィルス感染症ですが、 google_ad_slot = "5994565518"; 手ピカジェルや消毒用エタノールが売り切れの場合は、無水エタノールや植物性エタノールを使って手の消毒液をつくることができます。, インフルエンザウィルスや新型コロナウィルスの消毒には、次亜塩素酸ナトリウム消毒液も有効です。, 現役ママ薬剤師として、薬局やドラックストアで売っている市販薬を中心に、知って得する薬の知識や気になる薬の飲み合わせから、暮らしに関わることまでブログに書いています。, 肺がうまく機能しなくなって、呼吸困難や息切れといった命に関わる症状を引き起こします。, 新型コロナウィルス感染症の症状がある場合の解熱剤はアセトアミノフェン(パラセタモール)を, 首相官邸HP「新型コロナウイルス感染症に備えて:一人ひとりができる対策を知っておこう」, 【買いまわりでポイント最大10倍!】ノーブランド(NO BRAND) テピカジェルプチ 60ml (Men’s、Lady’s、Jr). 腎臓に血栓ができれば、腎障害、腎不全になると考えられます。, インフルエンザウィルスは、鼻やのどの粘膜に感染した後、1日(24時間)のうちにどんどん増えていきます。, そして、約1-3日後に、高熱や全身倦怠感、頭痛、関節痛などの症状を引き起こします。, つまり、インフルエンザの潜伏期間(感染してから症状が出はじめるまでの期間)は約1ー3日間です。, (インフルエンザに感染、発症してから、3ー7日はウイルスを排出するといわれています。), 対して、新型コロナウィルス感染症の潜伏期間は、2-14日(5、6日が多い)といわれています。, なので、よく報道されているように、14日間は様子をみるとなっているのだと思います。, しかも、インフルエンザは感染してすぐに熱のピークがくることがほとんど。 手洗い・うがい・マスク(咳エチケット)に気をつけることが基本です。, 首相官邸HP「新型コロナウイルス感染症に備えて:一人ひとりができる対策を知っておこう」に詳しい方法が掲載されています。, マスクをしたいけど家の在庫もなくなってしまった・・・という方は、マスクをハンカチで手作りする方法、縫わない簡単な作り方で詳しくマスクの作り方を解説しているので、家にあるハンカチとゴムで作ってみてくださいね!, また、コロナウイルスは、インフルエンザと同じように<エンベロープ>という膜をもっています。, エンベロープをもつウイルスには、アルコール消毒が効くので、 プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!, 公開日:2019-10-28 | 更新日:2020-08-27. インフルエンザウイルスの感染経路には、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2種類があります。 飛沫感染 インフルエンザウイルスは咳やくしゃみなどにより飛び出したつばなどのしぶきと共に5μmほどの飛沫粒子として放出されます。 はらメディカルクリニック http://www.haramedical.or.jp/column/staff/000697.html, 12月から急増し始める...今からやっておきたい『インフルエンザ予防法』 - ダイエットの基本EX, 鼻、口、あごまでをしっかりと覆う。ウイルスが入り込まないよう隙間ができないようにしましょう。, マスクを外す時、マスクの表面はウイルスが付着している恐れがあるので触らないようにしましょう。, マスクは家の中に入る前にゴミ箱に捨て、家の中にウイルスを持ち込まないようにしましょう。. 今できる予防法をしっかりして、必要以上に怖がらずに対策していくことが大事かなと思います。, 現役薬剤師として調剤薬局に勤めています。 猫を飼っている人の中には、不安に思っている方もいるのではないでしょうか?, 猫コロナウイルスは一般的なウィルスで、変異すると命に関わる症状を引き起こす猫伝染性腹膜炎ウイルスになります。, 便(排泄物)が感染経路のひとつですが、 白井聖仁会病院 http://www.sjk1.com/kansen-yobou.html 「世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状がある人は抗炎症薬のイブプロフェンの服用を避けるよう勧めた。」そうです。, 私も、もし、新型コロナウィルス流行時期に解熱剤を使うとしたら、カロナールが最適だと考えています。 まとめ. インフルエンザウィルスとは違って、コロナウィルスは便(排泄物)も感染経路になると考えられています。, トイレを我慢するわけにはいかないと思うので、手洗いや場合によってはアルコール消毒などで対策していきましょう。, 日本環境感染学会がまとめた資料によると、 しかし、インフルエンザウイルスは空気感染することもあるので、換気をよくしていない限り、同じ空間にいるような仕事場や家庭では、飛沫感染、空気感染は免れない場合が多いでしょう。 google_ad_width = 336; インフルエンザウイルスの感染経路を絶つのも、もちろん重要ですが、インフルエンザウイルスの感染予防は、流行る前の予防接種が重要です。 予防接種を済ませておけば、万が一感染した場合でも症状が軽く済みます。 google_ad_width = 300; 「家族や恋人で同じ料理を食べても感染するの?」「タオルは共有しても大丈夫?」 新型コロナウィルス感染症は、SARSと近いけど、さらにウィルスが進化してヒトに脅威になっている気が個人的にはします。, *新型コロナウィルス感染症は、中国武漢で流行したウィルスとヨーロッパなどで流行している変異したウィルスがあることが分かってきました。, さて、動物のコロナウィルスといえば、 また、特に看病で感染者の近くに行く人は、疲労や睡眠不足、体を冷やすといったことを避け、元気な状態を保ち、免疫力を高めてできるだけ感染しないように気をつけましょう。, インフルエンザウイルスの感染経路を絶つのも、もちろん重要ですが、インフルエンザウイルスの感染予防は、流行る前の予防接種が重要です。 ただし、A型のみ動物(鳥や豚等)から人へ感染します。, 飛沫感染は、通常、感染者から2メートル以上離れていれば、感染しにくいとされています。 感染経路は咳などの飛沫や接触に加えて、便などの排泄物(SARS)も注意が必要です。, 肺がうまく機能しなくなって、呼吸困難や息切れといった命に関わる症状を引き起こします。 猫コロナウィルスは猫だけでヒトには感染しません。, でも、コロナウィルスとインフルエンザウィルスには違いもあります。 きっと不安な方も多いのではないでしょうか・・・。, そこで今回は、新型肺炎の原因となるコロナウィルス感染症について、風邪など他のコロナウィルスやインフルエンザと比較しながら、わかりやすくお話します。, 2019年12月に中国の武漢市で発生した肺炎の原因が、新型のコロナウイルスによるものと後から判明しました。, コロナウイルス自体は、風邪の原因となるウィルスのひとつ、 インフルエンザウイルス:インフルエンザ; アデノウイルス:咽頭結膜熱、プール熱; 風邪の原因となるウイルスは下記の経路で体に侵入します。 飛沫(ひまつ)感染:くしゃみやせきによって空気中に排出されたウイルスを吸い込む google_ad_client = "ca-pub-2000174580994743"; (のどに感染しウイルスが増殖して起こる), 風邪のコロナウィルスとは違い、重症肺炎の原因となるコロナウィルスとして、この2種類が知られています。, 潜伏期間は2ー14日と風邪よりも長く、 c型については多くの方が幼少期に感染し、症状も鼻水等通常の風邪症状が多いです。 google_ad_height = 250; 福岡ソフトバンクホークスの大ファン!, ブログには、薬剤師として薬や飲み合わせのことから、主婦として生活に関わることを書いています。 インフルエンザとは インフルエンザウイルス に感染することで起こる病気の事を言い、a型、b型、c型の三種類があります。. 接触感染は、気をつけていれば避けられる場合もあるでしょう。, 感染者との接触を避け、同じ空間にいるのを避ける必要があります。また、くしゃみや咳をしている人がいる場合は、2メートル以上離れてください。 また、コロナウイルスは、インフルエンザと同じように<エンベロープ>という膜をもっています。 エンベロープをもつウイルスには、アルコール消毒が効くので、 新型コロナウィルス対策にもアルコール消毒は効果的だと考えられています。 出張や旅行、外出の時にもアルコール消毒できる インフルエンザは、一旦感染して発症してしまうと、38度以上の高熱や筋肉痛や関節痛などの全身の痛みなど、ツライ症状に苦しむことになります。そして他人に感染させてしまうので、学校や会社に行くこともできません!, こんなツライ症状に悩まされないためには、感染を予防して、そもそもインフルエンザにかからないことが一番の方法です!, インフルエンザウイルスの感染経路や湿度の影響をよく知って、インフルエンザウイルスを寄せ付けないようにしましょう!, スポンサーリンク 脳に血栓ができれば、脳梗塞、 google_ad_height = 280; →インフルエンザ予防接種を打つ時期と費用は?効果や副作用も調査, 100%の感染予防は難しいですが、ちょっとした気遣いによって感染確率を大幅に下げることができます。, 大事な家族を守るために、感染予防に努め、家庭にインフルエンザを持ち込まないように気をつけましょう!, 政府広報オンライン http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/6.html 新型コロナウィルス対策にもアルコール消毒は効果的だと考えられています。, 勤務先の薬局では、インフルエンザシーズンはこのテピカジェルがよく売れています。 どのようにして感染するのか、どうすれば感染経路を絶つことができるのか、ぜひ参考にしてください。, 人から人への感染経路は同じです。 セルフドクターネット https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2001_12/kaze/01.html /* 500 以上の画面サイズなら以下の広告ユニットが表示される */ インフルエンザウイルス (influenzavirus, flu virus) はヒト(人間)に感染して、感染症であるインフルエンザを引き起こすウイルス。. 秋〜冬、春先にかけて猛威をふるうインフルエンザ、感染経路はどこにあるのでしょう。 インフルエンザの種類と潜伏期間. 新型コロナウィルスには抗生物質も効果がありません。, 2020年3月17日に配信されたニュースによると、 昭和生まれで、2児の母です。 google_ad_slot = "5994565518"; シオノギ製薬 病気の知識 http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/influenza.html インフルエンザ情報局 http://influenza.1cecil.net/ こういった疑問に医師がお答えします。 width = document.documentElement.clientWidth; // 画面サイズの取得 ©Copyright2020 ママ薬剤師日誌.All Rights Reserved. 詳しいプロフィールはこちらから. 連日、テレビニュースや新聞で報道されてますね。, 新型コロナウィルスは感染拡大していますが、まだよくわかっていないことも多いです。 新型コロナウィルス感染症には、現在のところ、有効なワクチンも特効薬もありません。, インフルエンザワクチンは、インフルエンザウィルスに対する予防接種なので、コロナウィルスには効果がありません。, マイコプラズマや細菌が原因の肺炎には抗生物質が効きますが、 } インフルエンザと同じく解熱剤の使用には注意が必要だと思います。, 薬剤師としての私の考えと薬局で買える市販のカロナール(アセトアミノフェン、パラセタモール)をインフルエンザの発熱を市販薬で下げたい!使える解熱剤は?に書いているので、ご一読ください。, 新型コロナウィルス感染症の予防対策としては、インフルエンザと同じように、 /* 500 以下の場合この広告ユニットが表示される */ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 中国湖北省武漢市で発生した新型肺炎(新型コロナウィルス感染症)の感染が広がっています。, 指定感染症になり、 (マスクとともに現在欠品中です・・・), もし、手を洗えない場合は、アルコールを含んだウェットティッシュ(除菌ティッシュ)で手をふいてもよいです。, というのは、 新型コロナウィルス感染症では、インフルエンザと症状に少し違いがあることがわかってきました。, コロナウィルスの方が、発熱が長く(1週間以上)続いたり、だるさ、疲労感が強い傾向があるようです。, 高齢の人、糖尿病や慢性的な肺疾患、免疫不全などの基礎疾患がある人は重症化する傾向があります。, *新型コロナウィルス感染症の合併症に血栓(血が固まりやすくなる)が報告されるようになっています。, 肺に血栓ができれば、呼吸困難、 子供や妊婦、高齢者は、体力がありません。インフルエンザウイルスのような強力な病気にかかると重篤化する場合もあります。予防接種で予防対策をしておきましょう。, \DLキャンペーンを実施中!/ 空気感染を防ぐためにもマスクの着用を行い、マスクは毎日取り替えましょう。また、手洗い、うがいも外出から戻った際や帰宅時には、必ず行います。, 家族でインフルエンザウイルスに感染した人が出たら、看病する人は、マスクを着用してください。咳やくしゃみ、唾液で感染しますので、家の中ではできるだけ離れた部屋に感染している人を隔離してください。 //-->, インフルエンザウイルスの感染経路には、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2種類があります。, 飛沫感染は、空気中に漂っている感染者のつばなどが、鼻や喉の粘膜に付着することによって起こる感染です。, インフルエンザウイルスは咳やくしゃみなどにより飛び出したつばなどのしぶきと共に5μmほどの飛沫粒子として放出されます。粒子と一緒に放出されたインフルエンザウイルスが、鼻腔や気管、気道の粘膜に吸着することによる感染経路です。, なお、飛沫粒子はふわふわと浮遊するものではありません。半径約1mほどの範囲に落下してしまいます。だからこそマスクの着用が予防に効果的なのです!, インフルエンザに感染している人の咳やくしゃみなどで飛び散ったインフルエンザウイルスが付着したものを手で触った後に、その手で鼻や口、目、肌などに触れると、触れた箇所からインフルエンザウイルスが感染する経路です。, インフルエンザに感染している人が、くしゃみや咳を手で抑えた後に触れた物にはインフルエンザウイルスは付着しており感染経路となるので注意しましょう!, 接触感染の項目でも書いたように、私たちは普段の生活で様々なものに触れています。それらに触れることにより、自分の手にもインフルエンザウイルスが付着している可能性があります。, インフルエンザの感染予防のための室内環境の目安は、温度18~20℃、湿度50~60%です。, 冬は外気の温度と湿度が引くため、室内も乾燥しています。また、室内で暖房をかけるのでさらに湿度が下がり、空気が乾燥します。, 咳やくしゃみで空気中にばらまかれたウイルスは、湿度の高い状況では、すぐに地面に落下してしまいます。, しかし、湿度が40パーセント以下の環境では、ウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、落下速度は遅くなり、インフルエンザウイルスは約30分間ほど空気中を漂います。, そのため空気中のウイルスは人が息を吸い込むときに鼻やのどから感染して、流行しやすくなると考えられています。, また、空気中を浮遊するウイルスが衣類や手などに付き、これが再び空気中を漂って、吸い込まれる場合もあります。, インフルエンザウイルスの生存率については、温度22℃、湿度20%でのインフルエンザウイルスの生存率が60%以上という報告があり、低い温度と低い湿度でインフルエンザウイルスの生存率が上がります。, また、空気中の湿度が高く水分量が多いと、インフルエンザウイルスは浮遊することができず活性が低下します。, インフルエンザウイルスは湿度の高い環境に弱く、21℃の室内で湿度65%の状態を16時間保てば、99%のウイルスで増殖力や感染力を奪うことができるという研究結果も出ています。, なお、一般の風邪ウイルスも湿度が低く乾燥した状態を好むものが多く、湿度60%前後の環境では、ウイルスは増殖できず、数時間で不活性化していきます。, 人間の気管支や粘膜には「絨毛」という細かい毛があり、付着した異物を体の外に排出しています。, 絨毛が活発に動けば、喉の粘膜についたインフルエンザウイルスも、体外に排出されやすくなります。, しかし、湿度が低くなって乾燥が進むと、粘液量が少なくなって絨毛の動きも悪くなります。, 逆に、湿度を高くすることで呼吸器の粘膜が潤い、絨毛が元気になるのでウイルスに感染しにくくなります。, インフルエンザが流行してきたら、なるべく人混みや繁華街への外出を控えて感染を予防しましょう!, そして、飛沫感染経路からの感染を予防するためにもマスクを活用することが効果的です!, マスクは、インフルエンザウイルスの侵入を防ぐだけでなく、のどや鼻の粘膜の湿度を保つので、インフルエンザウイルスの働きを弱めるのに有効です。, 日頃から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めて感染を予防しましょう!, インフルエンザワクチンの予防接種も、インフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重症化を防ぐ効果があります。, インフルエンザワクチンの予防接種について知りたい方はこちらの記事をどうぞ! 以前から存在しているウィルスです。, 鼻や咳、下痢といった風邪症状がメインで、通常は重症化しません。 数日の発熱ピークが過ぎれば、あとは自然と治ることが多いです。, 対して、新型コロナウィルス感染症は、肺炎などの重症化するタイミングが遅いこともあり、不気味に感じます。, インフルエンザより新型コロナウィルス感染症の方が潜伏期間が長いということは、 その違いからわかる対策法もあるので、詳しくお話していきますね。, インフルエンザにはワクチン(予防接種)やタミフルやイナビルなどの抗インフルエンザ薬がありますが、 ただ一般の住宅では空気の流れがあるためあまり、隔離してもその意義は低いと思われます。, 食事は、栄養のある消化のいいものを食べさせますが、他の家族との同席は避けて、箸や食器も共有しないでください。この時期はタオルの共有は避けます。