「歯周病菌」も同じく血液から全身に巡ってしまうと、心疾患や糖尿病の悪化、骨粗しょう症のリスクが増加するといわれています。, さまざまな症状を癒す万能ツボ。「熱を排出する作用がある」ことから、歯の炎症をやわらげるといわれる特効ツボ。, 監修/古賀直樹(こが なおき)先生 腰痛に効く痛み止めの薬に、NSAIDsとアセトアミノフェンという薬があります。病院でも処方されているほか、同じ成分を使った市販薬が薬局でも買えます。ロキソニン、ラックルなどの特徴と副作用などを説明します。, NSAIDs(エヌセイズ)という名前は非ステロイド性抗炎症薬の略です。「痛み止め」と呼ばれている薬の大半はNSAIDsに分類される薬です。市販薬のロキソニン®SなどもNSAIDsです。, 市販薬(OTC医薬品)では多くの薬にNSAIDsが含まれています。商品名の例を挙げます。, アセトアミノフェンはNSAIDsとは少し異なる仕組みで腰痛や発熱などを抑える薬です。痛み止めの効果はやや劣りますが、安全性がメリットの一つです。, アセトアミノフェンは子供から高齢者まで幅広い年齢で使えます。妊婦への負担も少ないとされ、「医師の診断の下で使用に対して有益性が危険性を上回る場合」などの条件はつきますが、妊婦の腰痛にも使用可能な痛み止めの薬になっています。, アセトアミノフェンは非常に多くの市販薬で使われています。たとえばNSAIDsの一種であるエテンザミドとアセトアミノフェン、さらに無水カフェインを配合した市販薬があります。アセトアミノフェン以外の有効成分も副作用を起こす可能性があります。, 次のような痛み止めの湿布薬やテープ剤、軟膏剤、クリーム剤なども腰痛に効果があります。, 多くは飲み薬や坐剤(坐薬)としても使われている成分を使っています。以下で説明します。, オムニードケトプロフェンパップはNSAIDsのケトプロフェンを有効成分としています。, ケトプロフェンは皮膚から吸収されやすく、処方薬でもモーラス®などの外用薬としてよく使われている成分です。, 副作用として、貼った場所や周りに日光を浴びると発疹が出ることがあります(光線過敏)。使用後4週間は貼った場所を覆うべきとされます。, バンテリンコーワシリーズはNSAIDsのインドメタシンを有効成分としています。インドメタシンは処方薬でもインテバン®クリームなどの外用剤として使われています。, ロキソニン®Sゲル、ロキソニン®Sテープ、ロキソニン®Sパップの有効成分は、飲み薬のロキソニン®Sと同じロキソプロフェンナトリウムです。, ロキソプロフェンナトリウムは、処方薬のロキソニン®にも使われているNSAIDsです。, フェルビナクは主に外用製剤の成分として使われているNSAIDsです。処方薬でも使われているほか、市販薬にもオムニードフェルビナクなど多数の薬があります。, 市販薬のボルタレン®シリーズは、処方薬のボルタレン®と同じ有効成分を含んでいます。, ボルタレン®ACゲルなどはメントールの匂いがありません。ボルタレン®EXゲルなどは、l-メントールを配合してさわやかな感じにしています。, サロンパス®はNSAIDsの湿布薬です。サリチル酸メチルが有効成分です。サリチル酸メチルの湿布薬には処方薬・市販薬ともに多くの製剤があります。, 市販薬の例として冷感ユーシップMSと温感ユーシップMSがあります。「温」はトウガラシエキスを含みます。「冷」はl-メントール(ハッカの成分)を含みます。一般に、急性の痛みは冷やし、慢性的な痛みは温めるのが適するとされます。, 湿布薬などは副作用が少ないというメリットがあります。特に全身に出る副作用は少ないとされます。ただし使用部位のかぶれなどには特に注意が必要です。一方、効果は飲み薬などに比べるとやや劣るとされます。, 貼り薬や塗り薬は、薬剤が皮膚から浸透することで効果を現します。飲み薬や坐剤(坐薬)などと違い、血管内に薬剤が浸透していきません。このため効果がやや弱く、副作用も少なく現れます。, 市販の痛み止めの薬の中には、同じ名前を持つシリーズの薬でも商品によって成分が違うものがあります。「バファリン」シリーズを例に説明します。, 普通の「バファリン」はバファリンAという商品です。バファリンAはNSAIDsの一種であるアスピリンを主成分とし、腰痛にも痛み止めの効果を期待できる薬です。, 同じ「バファリン」という名前が付いた薬でも、小児用バファリンCIIはより子供に適した痛み止めのアセトアミノフェンを主成分としています。, バファリンシリーズの商品にはNSAIDsとアセトアミノフェン以外にも、イブプロフェンやカフェイン等といった成分が含まれているものもあります。, バファリンシリーズだけでなく、市販薬は成分を確かめて買ってください。同じ「腰痛に効く痛み止め」と言っても、年齢だけでなく症状などによって適した薬が違う場合があります。迷ったら店舗の薬剤師などに相談してみてください。, ぎっくり腰や腰痛の原因として多いのが、腰に急に力がかかることです。よくある状況を例にとって説明します。, 無理に腰を曲げたり回転させたりする動作は腰痛を引き起こします。ずっと同じ姿勢をとって腰を動かさないことも腰痛の原因になります。, 重いものを持ち上げたときだけでなく、前かがみで少し腰に力を入れたときや、くしゃみや咳で腰を痛めることもあります。, 寝相の問題も考えられます。枕や寝るときの環境を少し変えてみると良いかもしれません。, 寝ているうちに汗をかいて脱水になることで筋肉が硬くなり腰痛を起こすという説もあります。, 膝を伸ばしたまま腰を曲げて荷物を持つ、重いものを持ったまま後ろを振り向くといった動作は、腰に負担がかかります。, 顔を洗うときや洗い物の動作でも腰が痛くなります。洗面台やシンクが身長に対して低すぎたり、立つ位置が手元から離れていると、前かがみになってしまいます。, 「腰痛診療ガイドライン2012」には職業別に腰痛を感じる人の割合が挙げられています。, 職場における精神状態も腰痛と関係しています。以下の項目は腰痛を発症する危険性を高めると言われている要因です。, また、仕事に不満を持っていたり、うつ状態にあったり、社交性が低かったり、痛みに対する恐怖心が強かったりする場合は腰痛が治りにくいことがわかっています。, うつ状態にある人は、うつ状態でない人と比べて慢性的な腰痛の危険性が2.88倍という報告があります。, 運動不足は腰痛を引き起こします。腰痛予防のためには筋肉をつけるよりもウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。, 肥満と腰痛は直接的にはあまり関係しません。体重÷身長÷身長で計算できるBMI(Body Mass Index、体格指数)と腰痛はあまり関係していないことがわかっています。, 喫煙の本数が増えれば増えるほど腰痛が発症するリスクが上がると言われています。禁煙を試してみる価値はあるでしょう。, 「腰痛診療ガイドライン2012」では、腰痛に悩んでいる人は全体の40-50%、腰痛を経験したことがある人は70-80%と記載されています。, 腰痛やぎっくり腰を予防するには、腰に負担をかけないことです。いくつかの方法を紹介します。, できるだけ身体に近いところで作業してください。かがんだりひねったりする動きは極力減らしてください。, パソコンを操作するときは椅子と作業台を調整して、肘を90度に曲げられる姿勢をとってください。, ベッドに硬いマットレスより柔らかいマットレスを使用する方が腰痛を起こしにくいとした研究があります。ウォーターベッドも有用と考えられています。, ストレッチや体操で体の血流をよくすることができます。体を動かすことでリラックス効果も期待できます。おすすめの体操があります。, ピラティスは、音楽やリズムに合わせて、体の深層の筋肉や普段使っていない筋肉などを使って運動する方法です。, 過去の報告では、薬による治療とピラティスを併行すると、薬による治療のみを行うよりも腰痛が改善したとされています。ほかにもピラティスの有効性は多く研究されています。, ただし、ピラティスは見よう見まねでできるものではありません。専門家の指導を受けてから、自宅でもできるピラティスの方法を教えてもらうのが良いでしょう。, 指で圧す以外にも、ボールに乗っかる形で体重を利用してツボを刺激する方法があります。, 呼吸筋をトレーニングすることで腰痛が改善すると言われています。ヨガのような呼吸法による効果も検証されています。, ゆっくりと深呼吸をすることでリラックスできる効果があります。呼吸法で心理的な不満やストレスを改善することで腰痛を緩和することも期待できます。, 腰痛に対する整体の効果はあまりわかっていません。整体の効果は施術者個人の技術によるので、整体院によって感じる効果は違います。また、効果は数日しか続かないという説もあります。, 鍼灸(鍼治療)については、「腰痛診療ガイドライン2012」では効果に乏しいとしていますが、有効とする意見もあります。一般に鍼灸は痛みを軽くする効果や精神的な効果が知られています。一方で、頭痛・疲労感・感覚の異常を引き起こす場合もまれにあります。, カイロプラクティックは、整体とは似て非なるものです。長期的な改善は乏しく、積極的にはおすすめできません。また、骨折や悪性腫瘍による腰痛だった場合は、カイロプラクティックを行うと悪化する危険性があります。, 「腰痛診療ガイドライン2012」では、痛みの強さに応じて、適度に運動することが推奨されています。, どのような運動がいいかははっきりわかっていません。負担になりすぎない範囲で運動してください。週に1回から3回ほどの運動が一般的です。, 水泳は特に良いとも悪いとも言えません。水に浸かることで腰への荷重が減ることは確かですが、腰痛に対する効果が証明されているわけではありません。, 体幹トレーニング(コアトレーニング)は腰痛の改善に効果があるという研究報告があります。, 腰痛の代表的な原因として、背中の骨(脊椎)の異常が挙げられます。それらの病気を説明する前に、まずは少し複雑な脊椎(背骨)周囲の構造を知っておく必要があります。下の図をご覧ください。, 脊椎は、首(頚椎)、背中(胸椎)、腰(腰椎)、お尻(仙椎)と各々に名前が付いています。背骨は、椎体(ついたい)と呼ばれる骨、椎間板(ついかんばん)というクッション材の役割を持つ組織、さらに神経の束である脊髄で構成されています。脊髄は、脳とつながっています。脊椎に異常があると腰痛の原因になります。, 椎間板の中には髄核と呼ばれるゼリー状の物質があります。髄核が飛び出ることで脊髄を圧迫します。腰痛に痺れや脱力を伴うことがあります。, 脊髄の周りの骨はトンネルのような形になっていて、脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれます。脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊柱管の内側が狭くなった状態です。骨が脊髄を圧迫して腰痛を起こします。, 脊柱管が狭くなる理由としては、加齢に加え、脊柱管の内側にくっついている靭帯が分厚くなることが挙げられます。, 背骨を構成している椎体は、上下の椎体と靭帯(じんたい)でつながっています。靭帯の一部が骨のように硬くなってしまう病気が、靭帯の骨化症です。, 椎体の背中側にある後縦靭帯(こうじゅうじんたい)や黄色靭帯(おうしょくじんたい)が骨化すると、脊髄を圧迫してしまいます。, 腰椎の一部が運動などによって疲労骨折を起こして割れてしまう状態を指します。腰椎が異常な動きを起こしてしまうので、腰痛が生じます。, 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、骨がもろくなってしまう病気です。骨がもろくなると、椎体が縦に潰れたり、変形したりします。その結果、強い腰痛や痺れが出現します。, 椎体や椎間板に細菌が感染する病気です。腰痛に痺れを伴うことがあります。細菌が全身に広がって重症になることも多い病気です。, 椎体やその周囲の組織に結核菌が感染する病気です。結核菌によって椎体や椎間板が破壊されていきます。化膿性椎体炎と比べて、椎体や椎間板の破壊は広範囲であるにもかかわらず症状は軽症であることが多いです。治療は難しく、長い期間がかかります。, 交通事故などによって背骨が折れたり潰れたりすることで、脊髄もダメージを受けます。脊髄損傷を発症した場合は下半身にしびれが生じたり、足や手が動かなくなったりします。最初は軽くても徐々に進行する場合があり、ずっと続く後遺症となることも少なくありません。, 日常生活やスポーツなどで腰痛が出ます。筋肉やその表面を覆っている筋膜が傷付いています。, 背骨を構成する椎体のすぐ後ろを脊髄と呼ばれる太い神経が通っています。そのため、脊髄に異常があったり、障害を受けたりすると腰痛やその他の神経症状が現れることになります。具体的な病気の例としては、脊髄の腫瘍や脊髄損傷などが挙げられます。, 異常がある内臓の場所だけでなく、離れた場所が痛むこともあります。放散痛と言います。内臓の異常により周りの神経に影響が出ることが原因です。, 腎臓の異常です。尿の中に、カルシウムやマグネシウムなどを成分とした石ができることです。できた場所によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石などと呼ばれます。, 石が尿の通り道に詰まってしまうことで、尿がうまく流れなかったり、腎臓に圧力がかかることの影響で腰痛が現れます。, 尿管結石や腫瘍による影響などで尿の流れが悪くなり、尿がせき止められることで腎臓に圧力がかかった状態です。腎臓への圧力が刺激となり腰痛を起こします。, 上の図にある腎皮質/髄質や腎盂(じんう)と呼ばれる部位で感染が起こり、高熱や腰痛を引き起こす病気です。, 子宮内膜が本来はないはずの場所にできてしまう病気です。主にお腹の中の臓器に子宮内膜が存在することが多く、生理の周期に従って腹痛や腰痛を起こします。, 生理痛が強く、日常生活に支障をきたすために治療の必要な状態を指します。腹痛や腰痛、頭痛といった症状が主な特徴です。, これ以外にも、臓器の異常ではないのですが、妊娠においても子宮がいつもと違った状態に変化するため、腰痛を起こすことになります。, 腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)や大動脈解離(だいどうみゃくかいり)といった血管の病気でも腰痛が現れることがあります。, 腰痛の原因となる主な病気の中には、心理面の病気も含まれます。うつ病や解離性障害がその例です。, 腰痛が治らないときは病院で相談できます。腰痛の治療で使われる薬と治療法を挙げます。, NSAIDsとアセトアミノフェンは市販薬にもよく使われている痛み止めの成分です。処方薬の例を挙げます。, COX-2阻害薬(コックスツーそがいやく)は、NSAIDsの中でも消化器症状などの副作用が一般的に少ないとされている薬です。, セレコキシブ(商品名:セレコックス®)が腰痛に対する痛み止めとしてもよく使われています。, この副作用が表れる頻度は非常にまれです。しかし、過去に心筋梗塞や脳梗塞などの心血管系の病気にかかったことがある方はより注意が必要です。, 抗不安薬は通常、不安障害や睡眠障害などの治療薬として使われていますが、筋肉の緊張を和らげる作用(筋弛緩作用)をあらわす薬もあります。筋肉の緊張を緩めることで、筋肉の張りによる痛みを軽減します。, 腰痛の中でも特に慢性腰痛に対しては有効な薬の一つとされ、腰痛症の保険適用を持つ抗不安薬もいくつか存在します。, エチゾラム(商品名:デパス®など)は腰痛症の他にも頸椎症、筋肉の収縮によって起こる頭痛にも使われることがある薬です。, ほかには心身症における腰痛症などに保険適用を持つジアゼパム(商品名:セルシン®、ホリゾン®など)などの抗不安薬によって痛みの軽減が期待できるとされています。, 抗不安薬は全般的に眠気、ふらつきなどの副作用があらわれる場合があります。特に高齢者の使用は転倒・骨折などの観点からも注意が必要となります。, うつの治療にはセロトニンやノルアドレナリンといった体内の神経伝達物質の働きを改善する薬が主に使われています。, セロトニンやノルアドレナリンといった物質は痛みを感じにくくする体内の経路に関わり、これらの神経伝達物質に関わる三環系抗うつ薬により、痛みを和らげる効果が期待できます。, 三環系抗うつ薬は、抗うつ薬の中では初期に開発された薬です。鎮痛補助薬としてはアミトリプチリン(商品名:トリプタノール®など)などが使われています。, 持病や過去の病歴としてイレウス、前立腺肥大、緑内障などを持つ場合には特に注意が必要です。, SNRIは抗うつ薬の一種です。SNRIとはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の略称です。その名前の通り、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質に関わり、うつに対してだけでなく痛みに対しても有用な薬です。, 中でもデュロキセチン塩酸塩(商品名:サインバルタ®)は痛みに対して有用な薬です。デュロキセチン塩酸塩は慢性腰痛症、線維筋痛症に伴う疼痛、糖尿病性神経障害に対しても保険適用があります。, SNRIの副作用として、排尿障害や眼圧上昇などの面から前立腺肥大や緑内障(主に閉塞隅角緑内障)などを持病に持つ場合は注意が必要とされています。, 筋弛緩薬(きんしかんやく)は、筋肉の緊張を和らげる作用により、筋肉の張りや緊張などを伴う痛みに対しては特に効果が期待できる薬です。, エペリゾン塩酸塩(商品名:ミオナール®など)は筋肉の緊張を和らげる他、血流改善作用もあらわす薬で、腰痛症の他、緊張型頭痛などにも使われています。, チザニジン塩酸塩(商品名:テルネリン®など)は中枢神経(主に脊髄)のα2受容体という物質に作用し筋肉の緊張を和らげる薬です。α2受容体は血圧変動にも関係するため、服用中の血圧低下などには注意が必要です。, クロルフェネシンカルバミン酸エステル(商品名:リンラキサー®など)は脊髄などに作用し筋肉の緊張を和らげます。, 筋弛緩薬の副作用として、頻度はまれですが、筋肉の緊張が緩むことで脱力感や眠気などがあらわれる場合があります。特に車の運転など危険を伴う作業を行う場合には注意が必要です。, この他、筋弛緩薬にはバクロフェン(商品名:ギャバロン®、リオレサール®)、ダントロレンナトリウム(商品名:ダントリウム®)などの薬も含まれます。バクロフェン、ダントロレンナトリウムは急性腰痛に対する有効性が確認されていて、「腰痛診療ガイドライン2012」にも記載されています。慢性腰痛に対しては急性腰痛ほどのはっきりとした効果は確認されていませんが、選択肢の一つとなることが考えられます。, 抗てんかん薬などは神経や脳の異常な興奮を抑えるとともに痛みを和らげる効果があります。特にしびれたり、焼けるような神経の痛みに対して効果が期待できるとされています。, 痛みに対する効果が報告されている抗てんかん薬の例としてガバペンチン(商品名:ガバペン®)があります。, カルバマゼピン(商品名:テグレトール®)は特に頭と顔を支配する三叉神経という脳神経の痛み(三叉神経痛)に対して有効とされています。, クロナゼパム(商品名:ランドセン®、リボトリール®)なども鎮痛補助薬として使われています。, PGE1を元に高い有効性と安全性を持つ薬として造られたのが、リマプロストアルファデクス(商品名:オパルモン®、プロレナール®など)です。, 後天性の腰部脊柱管狭窄症における、足の痛みや痺れなどを改善する効果が確認されています。, 神経障害性疼痛治療薬とはその名からわかるように神経の痛みの改善が期待できる薬です。腰痛の中でも、神経のダメージが原因になる椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の痛みに効果が期待できます。, 注意すべき副作用には眠気やめまい、ふらつきなどがあります。特に高齢者が使う場合には転倒(骨折)などの危険からもより注意が必要となります。, 「オピオイド」とは、中枢(脳や脊髄)の痛みに深く関わるオピオイド受容体に作用する物質の総称です。, オピオイドと呼ばれる物質の中には、「麻薬及び向精神薬取締法」で指定されている麻薬も含まれます。腰痛に対して使われるオピオイドは、主に「麻薬」に含まれない薬です。薬の量も十分考慮されて処方されています。, オピオイドは強い鎮痛作用をあらわすため、他の薬を用いても痛みが治らない場合などにおいては選択肢の一つとなっています。よく使われるオピオイドの例として以下が挙げられます。, 貼付剤のような以前にはなかった剤形の開発により、ある程度副作用が抑えられてきている面もありますが、貼付剤にはかぶれなどの皮膚症状といったように、飲み薬にはないデメリットもあります。, 腰痛を引き起こす原因となっている神経やその周りに局所麻酔薬やステロイドを注射することで、痛みを和らげる効果が期待できます。局所麻酔薬は神経の伝達をあえて遮断することで痛みを抑える効果が、ステロイドは炎症を抑える働きを持っているため症状の軽減効果が期待できます。, 神経ブロックには、痛みが和らぐことによって筋肉の緊張がほぐれ血流などが改善する効果も期待できます。痛みが表れている部位では、局所的に血流が減少して組織の酸素が足りていなかったり老廃物が蓄積している状態になっていることがあります。, この状態では痛みを引き起こす物質が作られやすい状況にもなるので、さらに痛みが増していくという悪循環に陥ります。血流が改善することで悪循環を断つことも期待できます。, 腰痛への対処法として、装具の使用があります。コルセットは装具の代表例で、腰椎(腰骨)を安定させ、痛みを軽減する効果を狙います。, コルセット以外にも、腰がそらないような装具を装着するという過去の報告があります。また、履いている靴によっても腰痛の改善が見られるといった報告があります。, 一方、「腰痛診療ガイドライン2012」ではコルセットは慢性腰痛には効果に乏しいと記載しています。腰痛の状況を考えながらコルセットの使用を考えていく必要があります。, 参照文献:Spine (Phila Pa 1976). 鍼灸学士・カイロプラクター・整体師 明治国際医療大学 鍼灸学部・鍼灸学科卒。1998年、中野坂上治療院を設立。著書に『ツボ療法ツボ体操の健康読本』(秀和システム)など。 2014 Dec, 腰痛の対処として、温熱療法があります。腰を温めることで腰痛の緩和を期待する治療法です。急性の腰痛に対しては、運動療法と併用することで、痛みを軽減したり機能を回復する効果があると考えられています。, しかし、慢性の腰痛に対しては効果が乏しいため、腰痛の状況を見ながら温熱療法を行うかどうかを見る必要があります。, 牽引療法(けんいんりょうほう)は一般的にはおすすめできません。腰椎(腰骨)を上下に引っ張ることで骨の並びを改善し、腰痛を緩和することを狙う治療です。, 「腰痛診療ガイドライン2012」、「理学療法診療ガイドライン」では効果があるとは言えないことを示しており、「理学療法診療ガイドライン」においては「無効性や害を示す科学的根拠がある」としています。, 腰痛は、心理的な状況とも関連があると言われています。その心理的な状況に対する治療法が認知行動療法です。, 痛みへの不安が痛みを増強させてしまっている場合に、痛みへの注意をそらしたり、痛みが出てもコントロールできるという自信をつけて、痛みへの恐怖や不安を改善していきます。, マインドフルネスといった言葉に聞き覚えのある人はあまり多くないかもしれません。マインドフルネスは、心身の状態を高めることを指します。瞑想やヨガを取り込んだ治療です。, これまでにもうつ症状やストレスに対する効果が研究されており、腰痛に対する効果も報告されています。, もちろん、腰痛の原因によってもその効果は異なることが考えられます。マインドフルネスは、リフレッシュやリラックスの効果があるため、腰痛の原因となっているストレスや心の状態を改善する可能性もあります。, また、痛みに対する認知を改善する確立された方法(認知行動療法)と同等の効果があるとも言われており、注目されている方法です。, 腰痛の原因を取り除く手術は、やれば必ず腰痛が取れるというものではありません。手術を行っても痛みが取れないこともあれば、手術したら痛みが悪化したということも少なくありません。, そのため、腰痛に対する手術療法はいつでも勧められるとは限りません。手術を行わないと深刻な状況に発展してしまう可能性がある場合に行うことになります。, 個別の人で手術をするべきかどうかは、上に当てはまることのほか、腰痛の原因や全身の健康状態などによっても変わります。, 妊娠中や産後は腰痛が出やすい時期です。生理痛とも関係があります。女性が腰痛について気を付けたいポイントをまとめます。, 女性は心理的あるいは社会的にストレスがかかると腰痛を感じやすい傾向があると言われています。生理痛や妊娠・出産に伴う腰痛もあります。, 心理状態が関係する腰痛では、不安が強くなったり、ストレスがあることで悪化することも考えられます。, 妊娠によって子宮が大きくなったり、ホルモンのバランスが乱れることで腰痛が起こったり悪化したりする場合もあります。, 妊娠してお腹が大きくなると、お腹が前に出る分、バランスを取るために体を反る姿勢になります。この姿勢は、常に腰に負担がかかるのです。, 妊娠週数が進み子宮が大きくなるにつれて、骨盤も広がることで腰が不安定な状態になることも考えられます。このような妊娠に伴う姿勢の変化は、それまでに使ってこなかった筋肉を使うことにもつながり、結果として腰痛を引き起こすことにもなります。, 運動は妊婦の腰痛を改善するという過去の報告があります。この報告では、運動療法として筋力トレーニングや水中トレーニング、ストレッチなどが取り上げられています。, お腹が大きいことからあまり運動する気が湧かない方も多いとは思いますが、やれる範囲で身体を動かすように努めることは非常に重要です。, 参照文献:Cochrane Database Syst Rev. 2015 Sep 30, 妊娠中の腰痛に対して、薬で対処することは注意が必要です。自己判断で市販薬を飲むことは積極的にはおすすめできません。, 妊娠中でも必要な場合に使うことができる薬はあります。薬の使用に関して自己判断せずに、妊娠に関してかかりつけにしている医療機関を受診し、医師に相談してくだい。薬を怖がりすぎて必要な薬まで避けてしまうのはいいこととは言えません。, 出産を終えたときに腰痛が出現したり悪化したりする人がいます。妊娠の後半あたりから、子供が大きくなるにつれて女性の骨盤は位置が変化して、出産に備えるように変わっていきます。骨盤の位置の変化によって、腰痛を起こすことがあります。, 妊娠時で広がった骨盤は、出産時では最大限に開きます。出産が終われば、ずれた骨盤が徐々に元の状態に戻っていきますが、この戻る動きでも腰痛を引き起こすことが知られています。さらに、出産後にはホルモンのバランスも変化し、これも腰痛を引き起こす原因となるのです。, 子供を抱えることで腰に負担がかかりますし、環境が変わってストレスが多くなるのに休む時間が減ることによって気分も落ち込みやすくなります。痛みが出ると気分の落ち込みやすくなり、気分が落ち込むと痛みが出やすくなるといった悪循環も生まれるため、どこかでその悪循環を断ち切る必要があります。, 問題となるのは薬についてです。授乳中は母乳から胎児に薬が伝わって影響を及ぼすことがあります。生まれたての子供は体重も小さく、薬の影響を受けやすいので、悪影響が考えられる薬は極力避けてあげる必要が出てきます。, 最終的には、お母さんにとってどの程度薬が必要かということと、子供への影響の2つを総合的に判断することになります。その際に参考となるものとして、国立成育医療研究センターが授乳に問題のない薬と危険性の高い薬をまとめていますのでぜひご覧になってください。, 生理痛と腰痛の関係については、生理中の重だるい腰やお腹の痛みを経験されたことがある方はご存知かもしれません。, 女性の子宮は、妊娠の準備として生理周期の中で子宮の壁が厚くなるタイミングを作っています。また、膣をつたって細菌やウイルスが入ってきても、大事な子宮に感染させないように子宮の壁を定期的に剥がして捨てています。この子宮の壁を剥がして体外に捨てるシステムがいわゆる生理になります。また、子宮の壁が剥がれることで出血が起こるので経血が出ます。, 子宮の働きで起こる生理が、腹痛を起こすことは想像通りかと思います。しかし、なぜ腰痛が起こるのでしょうか?, これには、痛みを感じる神経が関係しています。痛みを感知する神経は、1箇所だけに関係しているわけではありません。例えば、首にある神経は指先の働きにも関係していたり、味覚を感じる神経は顔の動きにも関係していたりするのです。, 同様に、子宮に分布している神経は、お腹のあたりだけではなく、腰のあたりにも伸びています。そのため、子宮で痛みを感じた場合は、その痛みが腰のあたりにも飛び火(放散)することがあるのです。また、生理前後は気分が沈みがちです。腰痛は精神的・心理的な状態とも関係するため、腰痛を感じやすくなっているということも考えられます。, 別の可能性として、生理の時期に決まってひどい腰痛が続くときは子宮内膜症などの病気も考えられます。子宮内膜症の痛みに現れやすい特徴にも気を付けてください。, しかし、経血が出ている時に激しい運動は難しいため、運動に関しては適度なものを選ぶことが重要になります。リフレッシュに関しては、ヨガや瞑想でも読書や映画鑑賞でも良く、ご自身の最も望ましいものを選んでください。, 病院やクリニックではどのような治療をする?ヘルニアやギックリ腰に手術はやるべきか?, 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報まとめ:患者数(感染者数)、死亡者数、気をつけるべき点など(2020年10月16日更新), アトピー性皮膚炎の抗炎症薬外用剤にJAK阻害薬「デルゴシチニブ軟膏」が登場:ステロイド外用薬・タクロリムス軟膏との違いとは?, 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するインターフェロンの有効性についてわかっていること(2020年10月6日), 白っぽい下痢と嘔吐が特徴。大人もうつる感染性胃腸炎「ロタウイルス」の症状・治療・予防法は?, 本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。, 腰痛にストレッチや体操は有効なの?ぎっくり腰(急性腰痛)やヘルニアへの治療効果について解説, NSAIDsの中でも皮膚から吸収されやすく、貼り薬などの外用薬としてよく使われています。, 飲み薬のほか、ロキソニン®ゲル、ロキソニン®テープなどの塗り薬・貼り薬もあります。, 主に外用製剤の成分として使われているNSAIDsです。パップ剤、テープ剤、液剤(ローション剤)、スプレー剤(スミル®外用ポンプスプレー)もあります。, 皮膚(胸や背中など)に貼り付けることで、効果が長時間持続します。通常「1週間に1回、貼り替えて使用」します。, 腰などの押すと痛むポイント(トリガーポイントと呼びます)に局所麻酔薬を注入します。. また後述しますが、催眠作用も強いです。不安が強くて寝付けないといった入眠障害、緊張から中途覚醒や早朝覚醒が認められる場合には、デパスが使われることがあります。 デパスの副作用. そしてさらにひどい状態を放っておくと、歯だけにとどまらず、「むし歯菌」が血管に入って血液によって全身に巡り、歯敗血症や脳梗塞、脳腫瘍などといった重度の病気の原因になることも稀にあります。 セレコックス、カロナールといえば、頼りにしたいお馴染みの鎮痛薬ですが、人によってはロキソニンやボルタレンほど知られてはいないようです。今回は、知って得するこれらの薬の違いを比較しつつ、つらいときには上手に取り入れられるよう薬剤師が解説いたします。 また、歯医者に行くのがいやで「まだガマンできる」とそのまま放っておく人もいますが、やがて歯の土台となる組織が溶け、歯が抜け落ちることもあります。 「痛風発作の痛み止めの薬」の第一選択肢としたいのは、第一三共ヘルスケアの「ロキソニンs」です。第1類医薬品に指定されているため、購入の際には、薬剤師から薬の効果や副作用等についての説明を受ける必要があります(通常は2~3分程度)。 一方、歯周病は「歯周病菌」といわれる菌が原因。これは空気を嫌う「嫌気性菌」と呼ばれる菌で、空気の届きにくい歯と歯ぐきのすき間の溝に住みつきます。そして歯の根っこを支えている「歯槽(しそう)骨(こつ)」を溶かすことで痛みを感じるのです。, 実は歯が痛いと、体の他の部分にも影響がでます。まず、モノがよく噛めないため、消化不良を起こすことがあります。そして、消化が悪いと栄養の吸収も低下します。また精神的な苦痛を伴うため、ストレスによる睡眠不足など、精神の不安定を引き起こす原因にも。歯は思っている以上に、全身の不調に関わってくるのです。 バファリンとロキソニンは、どちらも頭痛を和らげてくれる薬なので、その違いはメーカーが違うだけと思われています。 死ぬほど辛い痛風の痛みを和らげる方法や、2度と痛い思いをしないためにできる予防の方法を1から10まで紹介しているサイトです。痛風になってしまったあなたも、痛風予備軍のあなたも一度は読んでおきたい情報を網羅しています。, 歩けない状態になるほどの激しい痛みが生じる中、「痛み止めを飲みたい」と真っ先に思いますよね。, 同時に、「痛み止めって勝手に飲んでもいいのかな・・・」「独断で痛み止めを飲んでも痛風は悪化しない?」と不安になることもあるでしょう。, 今回は、痛風発作が起きたときに飲んでもいい薬と飲んではいけない薬について種類ごとに具体的にご紹介していきます。, 薬の作用についても正しい知識を身につけることができるよう整理していきますので、痛み止めを飲む前に確認しておきましょう。, 痛風では関節に炎症や痛みが生じているため、「消炎鎮痛薬」は症状を和らげるために有効です。, しかし、飲んでもいい痛み止めと、絶対に飲んではいけない痛み止めがあるため、この違いをよく理解する必要があります。, また、医療機関で適切な治療を受けることが最優先事項であり、痛み止めの服用はあくまでも応急処置として活用しましょう。, 基本的に、痛風発作時には「イブプロフェン」を主な成分とする痛み止めは使用可能です。, ドラッグストアで扱う医薬品にもイブプロフェンを主成分とした医薬品はあり、手軽に購入することができます。, イブプロフェンを主成分とした痛み止めの薬のなかで、薬局で置いていることが多いもの、家に常備薬で置いてあることが多いものをまとめました。, また、病院でも頭痛や腰痛など様々な体の痛みをおさえるための鎮痛剤として広く処方しています。, ロキソニンはロキソプロフェンと呼ばれる成分を主としており、痛風を診ている専門病院でもロキソプロフェンが処方されることが多くあります。, ロキソニンは、病院でロキソプロフェンとして処方されることも多いですが、「ロキソニンS」として市販もされておりドラッグストアでも手に入ります。, そのため、痛風の応急処置として即効性が期待でき、おすすめできる薬の第一位は「ロキソニンS」です。, 後ほど紹介する痛み止めと比較しても、第1類医薬品に分類されていて専門病院でも使われているものはロキソニンしかなく、安心して痛風発作時には使用できると考えられます。, 痛風に限ったことではありませんが、体のどこかの痛みを抑えるという目的では、ロキソニンは即効性のある非常に優秀な医薬品であるといえますので、常備薬として家に用意してくと良いでしょう。, また、外で痛風発作が起きたときにすぐに対処できるように普段持ち歩いているバッグなどにも入れておくことをおすすめします。, 痛み止めとしての効果の大きさに伴い、ボルタレンはロキソニンと比べて副作用が強めに出る可能性があることも念頭においておきましょう。, ボルタレンは錠剤・貼り薬・座薬・ローションなど種類が豊富ですが、痛風発作に伴う痛みを抑えるために即効性の強いものは座薬であるといえるでしょう。, 錠剤では痛風の痛みがおさまらなくても、座薬だと痛みが軽くなったというケースもあります。, 効果の大きい座薬を用いるか、手軽に使える貼り薬やローションタイプを用いるかといった選択肢があるため、シチュエーションや痛みの強さに応じて薬の形態を選択できることは魅力の一つです。, 応急処置として、家にボルタレンの貼り薬がある場合などは、痛風発作の部分によっては手軽に貼って使えるために有効です。, 貼り薬の場合は錠剤と異なり、胃腸への負担を緩和するための胃薬の併用などを考慮しなくても良いので、自己判断で使う分には手軽であり、比較的安全に使えるという点でメリットがあります。, ただし、ロキソニンは市販の医薬品である「ロキソニンS」をドラッグストアで手軽に購入できるのに対し、ボルタレンは病院で発行される処方箋に基づいて処方してもらう必要があるので、いざ痛風発作が起こったときに自宅にボルタレンがなければ手に入れるのに時間と手間がかかってしまうといえます。, もし自宅にボルタレンがあれば、痛風発作を和らげるために用いる痛み止めとして視野に入れてみましょう。, ロキソニンと並んで市販の医薬品の中で、痛風発作時に有効な薬としては「イブA錠」が挙げられます。, その名前からも想像できるかもしれませんが、「イブプロフェン」を主成分とした医薬品となっています。, 同じ製薬会社から出ている薬であり名前も似ていますが、実際に痛み止めに含まれる成分も同じになります。, 大きく異なる点は、「イブA錠EX」はイブプロフェンを200mg含んでおり、150mgを含むイブA錠よりも多めであることがわかります。, 鎮痛作用のあるイブプロフェンが多めに含まれていることから、痛み止めとしての効果はより一層期待できる可能性があります。, 女性の場合は生理痛の緩和のためにイブA錠やイブA錠EXを常に携帯している方も多いですね。, もし仕事中などに痛風発作を起こしてしまって手元に痛み止めがない場合は、女性にお願いして痛み止めを分けてもらうとこのイブA錠をもらえるかもしれません。, ただし、他人からお薬をもらうのはあまりおすすめできないのでできれば避けるようにしてください。, また、他人から痛み止めを分けてもらう場合は、必ず薬を飲む前に飲んではいけない痛み止めではないかどうかを確認してから飲むようにしてくださいね。, 堀井薬品から出ている「エコルネ」は、痛みをおさえるのに有効なイブプロフェンのみが有効成分となっています。, 上述のロキソニンS・イブA錠に比べると認知度は低いかもしれませんが、有効成分としてイブプロフェンを含んでいながら、価格が手頃なのも魅力的です。, ここまで痛風発作の歳の応急処置としておすすめできる痛み止めをいくつかご紹介しました。, 実際の病院で行う投薬では、痛風発作の極期(激痛が生じているとき)には、短期間に薬を大量投与する「NSAIDsパルス療法」がおこなわれます。, NSAIDsとは「非ステロイド性抗炎症薬」を意味し、ロキソニンやイブA錠もNSAIDsに含まれます。, 炎症をおさえることで有名な薬としては「ステロイド」がありますが、ステロイドを除く抗炎症薬をNSAIDsといいます。, パルス療法で行うような大量投与は、必ず医師の判断の下で副作用が出ないか確認しながら行う必要があります。, さらに、薬の量だけでなく投与の時期や間隔なども医師が判断し、コントロールしていく必要があります。, 自分で痛み止めを飲む際はきちんと用量・用法を守り、あくまでも応急処置として位置付けるようにしましょう。, 大前提として、「アスピリン」と呼ばれる成分が入った薬は痛風患者にとって禁忌となるため、絶対に飲まないようにしてください。, アスピリンの正式名称は「アセチルサリチル酸」と呼ばれる成分であり、解熱鎮痛剤や抗血栓薬として処方されることが多いです。, 痛風の人が注意すべきアスピリンを含む医薬品と、なぜ痛風患者がアスピリンを痛め止めとして使ってはいけないのか、その理由をご紹介していきます。, バファリンに含まれるアスピリンは、鎮痛作用もあり痛み止めとしては有効な成分ではありますが、痛風の方の使用は禁忌となります。, アスピリンの作用として、少量の投与でも血清中の尿酸値を軽度に増加させてしまう作用があるため、痛風の方の使用は絶対に行わないようにしましょう。, アスピリンを含む薬で最も認知度が高い薬はバファリンですが、他にも内外薬品株式会社から出ている「ケロリン」が挙げられます。, ケロリンも一般的な頭痛・歯痛・咽喉痛など体のあちこちの痛みを抑えるためには有効ですが、成分にアスピリンを含むために痛風の方はケロリンを使用することができません。, 一般的に「アスピリンは尿酸値を増加させるために、痛風患者では使えない」というように認識されていることが多い傾向にありますが、実はアスピリンの作用は投与する量によって異なります。, いずれにせよ、アスピリンは尿酸値の変動をもたらすために痛風患者には禁忌となります。, ドラッグストアの医薬品コーナーなどで、「痛み止め」や「鎮痛剤」という記載をパッケージの中に見つけても、箱の裏側や側面に書かれている成分までしっかり確認してみることが望ましいです。, もし痛み止めの成分の中に「アスピリン(アセチルサリチル酸)」が含まれていれば、使用は絶対に避けるようにしましょう。, しかし、アスピリンを大量に投与した場合は逆に血清尿酸値を低下させると考えられています。, 印象としては、「尿酸値が下がるならいいのでは?」と思われるかもしれませんが、痛風発作中に尿酸値を急激に低下させると、痛風の原因となる尿酸結晶が析出したり、関節内にはがれ落ちたりすることがあります。, 急激な尿酸値の低下によって尿酸結晶が析出することによって、関節内にさらなる尿酸の結晶が沈着することにつながり、結果として痛風発作の症状が悪化する恐れがあります。, アスピリンの使用に関する情報としては、「尿酸値を上げてしまうので控えた方がいい」という記述を目にすることが多いです。, しかし、実際のところはアスピリンの摂取量が増えたときに尿酸値が下がっていくことの方に危険性があるといえます。, アスピリンはどのくらいの量を投与するかによって生じる作用・反応が異なるといえますが、実際に痛み止めとしての効力が得られる程度のアスピリンを摂取すると、尿酸値は低下する方向に向かっていきます。, そのように尿酸値の急激な低下に起因して痛風発作をさらに悪化させ、痛風発作を長引かせる危険性があるために注意が必要となります。, 上記の通り、アスピリンの作用は摂取する量によっても尿酸値を増加させたり、減少させたりと異なります。, いずれにせよアスピリンは尿酸値を変動させ、痛風発作に悪影響を及ぼすということには間違いありません。痛み止めを使用する際は十分に注意しましょう。, 実際に医療現場で用いられる痛風の治療ガイドラインでも、痛風発作中には尿酸降下剤(=尿酸値を下げる薬)は用いないことがスタンダードになっています。, 「尿酸降下剤を発作中には用いない」という医療現場での基準から考えても、むやみに尿酸値を下げることは好ましくないとわかります。, 実際の治療では、再発作の危険性を下げるために尿酸降下剤を投与するタイミングや量を考慮しながら、少量の尿酸降下剤での治療を行っていきます。, 痛風治療の基本として、尿酸値を適切な方法・タイミングでコントロールしていくことが重要となります。, それゆえ、個人の判断でアスピリン系の薬を飲み、急激に尿酸値を下げてしまうことは痛風の治療にとって致命的となります。痛み止めを使う際は、アスピリン(アセチルサリチル酸)が成分に含まれていないか、十分に気をつけるようにしましょう。, 痛み止めを飲むと痛風発作の痛みの緩和が期待できますが、痛風発作で生じる痛みは非常に強烈であり、痛みが完全に消えるということにはならないでしょう。, 痛み止めが効かない、薬の効果が弱いと感じるとき、「追加で痛み止めを飲んでもいいかな?」と感じることもあるはずです。, 結論から言えば答えはノーであり、痛み止めを大量に飲むことは決してしないでください。その理由をご説明していきます。, 痛み止めをたくさん飲んでも、薬の効果が大きくなることはありません。主観的には「たくさん飲めば、そのぶん強く効く」という感じがしますが、決してそのようなことはありません!, 当然ですが、痛み止めを作る製薬会社も、むやみに薬の量を決めているのではなく、きちんとしたデータや試行錯誤に基づいて規定の用量を決定しています。, 痛み止めを使用するときはたくさん飲んでも効果が上がるわけではないため、必ず記載されている用法・用量を守りましょう。, 基本的に医薬品は体の中で溶けていく際に、胃や腸のような消化管の粘膜に刺激を与えます。, 病院で強めの薬を処方されたときは、胃薬も一緒に飲むように指示されることがありますが、これは胃腸の粘膜を保護するための対応となります。, 痛み止めを過剰に摂取してしまうと、胃や小腸で潰瘍ができるなどのトラブルが発生するリスクがあります。, もともと痛み止めの薬自体の副作用として、胃部不快感・腹痛・食欲不振・嘔吐などが挙げられていることが多く、消化管を中心として体への影響が大きいことがわかります。, 痛み止めを過剰に摂取すると、それらの副作用の症状がますます強い反応として現れる危険性があるので、絶対に避けるようにしましょう。, ある一つの薬であれば用法・用量通りに使用すれば良いですが、複数の痛み止めを組み合わせて飲む場合はどうなるのでしょうか。, 例えば、痛風発作の応急処置に使える痛み止めの薬として、「ロキソニン」と「ボルタレン」を併用することはできないか?と考える人もいるかもしれません。, 痛み止めはそれぞれの薬でどのような副作用があるか表記されていますが、2つ以上を組み合わせると予期せぬ副作用が生じる危険性があります。, 病院では医師や薬剤師が飲み合わせなどをしっかりと考えて薬を処方しますが、独断で複数の薬を合わせて飲むことは避けることが望ましいです。, 痛風発作の応急処置として痛み止めを飲むのであれば、効果のあるとされるものを一つに絞り、選択した薬を規定の用法・用量に従って服薬することをおすすめします。, 上述の通り、痛み止めを大量に飲んでも効果が上がらない上に、副作用を強め消化管を傷つけてしまうのであれば、デメリットしかないことになります。, 痛み止めはあくまで応急処置として用い、一度に大量に飲むことは絶対にしないようにしましょう。また、複数の種類の痛み止めは併用しないようにしましょう。, 痛風発作が起きた際の応急処置として、種類に気をつければ痛み止めが有効であると先に述べました。, しかし、基礎疾患として別の病気がある場合や、すでに別の医薬品を服薬している場合は要注意です。, 痛風患者が飲んでも良いとされる痛み止めをせっかく調べて使用しても、もともとある基礎疾患に重大な影響を及ぼす恐れがあるので、注意するようにしましょう。, 病院や薬局で処方されるほとんどの解熱鎮痛薬はNSAIDsと呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬に該当します。, 成人で喘息をお持ちの方のうち、約10%はNSAIDsに対する過敏性があり、喘息の症状を引き起こすとされています。, このように解熱鎮痛薬によって喘息症状が出る場合、「アスピリン喘息」と呼びます。正しくは、NSAIDs過敏喘息と呼ばれています。, 「アスピリン喘息」という疾患名からイメージすると、「アスピリンさえ飲まなければ大丈夫!」「痛風で使ってもいいロキソニンなら問題ない」と思ってしまいがちですが、実はそうではありません。, アスピリン喘息という名前がついていても、アスピリンに限らず鎮痛薬全般に過敏な状態を指しています。, そのため、痛風発作の応急処置として有効な非アスピリンの医薬品であるロキソニンを使用したとしても、アスピリン喘息が引き起こされる可能性があるのです。, 喘息発作が引き起こされると、場合によっては生命の危険を伴う非常に強い喘息発作が生じる恐れがあります。, 喘息を基礎疾患としてお持ちの方が、痛風発作を引き起こし、さらに痛み止めによって喘息発作まで起こってしまっては、想像を絶するような苦しい状態に陥ってしまうことでしょう。, アスピリン喘息は、大人の喘息患者で、かつ20歳以降に喘息を発症した患者や、重症な喘息患者にみられる傾向があります。, 喘息に長く罹っている方で、医薬品に対する過敏反応が生じることが自覚できている方であれば、むやみな痛み止めの使用を自主的に控えることができるでしょう。, 喘息を発症してから間もなく、喘息発症後の痛み止めの服用経験があまりない方などは特に注意し、痛風発作が起きた際の痛み止めの使用に関しては主治医の指示を受けるようにしてください。, 万が一、喘息の方で痛み止めに過敏性のある人が手持ちの痛み止めを飲んでしまった場合、内服から1時間以内に喘息や鼻汁などの症状が現れます。, この反応は数時間~半日続くとされていますが、何か症状が出た際は速やかに医療機関を受診しましょう。, 慢性蕁麻疹がある方のうち、約20~30%の方にNSAIDs過敏蕁麻疹が生じるとされています。, 痛み止めを使用してから数風~半日で、かゆみを伴った蕁麻疹が生じる反応や、まぶたや顔が膨らむといった反応が起こることがあります。, 唇や顔がパンパンに膨れあがることもあり、蕁麻疹ができた場所はかゆみも生じるため非常に辛い状態となります。, 痛風発作に伴う痛みに、さらにかゆみや腫れが生じてしまっては大変な目にあうことになります。, 過去に痛み止めなどの医薬品で蕁麻疹が出たことのある方は、痛風発作時の応急処置としての痛み止め使用には慎重になるようにしましょう。, 主治医に相談してから判断することが望ましいです。万一、痛風発作時に痛み止めを使用して蕁麻疹の症状が出たら、速やかに医療機関へ行き指示を仰ぎましょう。, 痛み止めによって痛風発作の痛みが少し和らいでも、もともと持っている病気の症状が強く出てしまっては、結果的に辛さからは解放されません。, NSAIDsは、副作用として胃や腸といった消化管の粘膜に負担を与え、潰瘍を作るリスクがあるとされています。, そのため、消化性潰瘍の患者はNSAIDsに分類される薬を使うことができません。医療機関での対応としては、空腹時の使用を避けできれば坐剤を用いること、できるだけ消化器への負担が小さい薬を選択することが挙げられます。, 消化器に疾患を抱える人は、消化管への負担を考慮して、痛み止めの使用は主治医と相談する必要があります。, ロキソニンなどの痛み止めには、副作用として肝機能の障害が生じると報告されています。, もともと肝障害をお持ちの方は、痛み止めの副作用によって肝障害が憎悪する可能性があるため、痛風発作時に痛み止めは使用しないようにしましょう。, また、腎障害についても同様であり、副作用として急性腎不全などを引き起こす可能性があるため、基礎疾患として腎障害がある方は要注意です。, 肝機能・腎機能に障害がある場合は、痛風発作が生じた際、必ず医師の指示に従って行動することをおすすめします。特に重症な肝障害・腎障害がある場合は注意をしてください。, ロキソニンを含む痛み止めの薬には、体の中を循環する体液量の増加を引き起こすことが知られています。, そのため、全身に体液を循環させる必要があり、心臓がたくさん仕事をしなければならなくなります。, 心機能に何らかのトラブルを抱えている人は、痛風発作時の痛み止め使用も控えることが望ましいです。, 女性の場合、痛風発作時の痛み止めの使用には、妊娠しているかどうかを考慮する必要があります。妊娠中の方は痛み止めの使用を控える方がベターでしょう。, また、上記以外の疾患・状態でも、現在医療機関で治療中である、服薬中のお薬がある場合などは、その疾患の特性や薬の飲み合わせの問題もあるために注意が必要です。, 可能であれば痛風発作が生じてから速やかに医療機関を受診し、主治医の指示を仰いでから適切な痛み止めを使用することが望ましいです。, 痛みを抑えるためにはすぐに「痛み止め!」という発想になりがちですが、薬の力を借りるという方法の他にも、いくつか自分で取り組める対処法があります。, 痛み止めによる応急処置と合わせて実践すると非常に効果が期待できることでしょう。痛風発作時に使える対処法をいくつかご紹介していきます。, それゆえ、安静にするしかないのが実際のところですが、痛風発作では関節に急性の炎症が起こっているために安静にすることは基本となります。, 痛み止めの効果や、痛風発作のピークが過ぎたことによって少し痛みが和らいでも、必要以上に歩き回り患部(多くは足の親指・足首など)に体重をかけないように配慮し、できるだけ体へ負担をかけないようにしましょう。, 痛風発作が起きた関節を冷やすということは、手軽に行える割に効果の期待できる対処法です。, 痛み止めで少し痛みが和らいだら、保冷剤などをタオルで包んで患部に当ててみましょう。, 家族の支援が受けられる場合は、濡れたタオルを随時交換しながら熱を取ることも有効です。, また、痛風では「風が当たっただけでも痛い」というように、ほんのわずかな擦れや刺激でも痛みが生じることがあるほど、刺激に敏感な状態になっています。, 痛風発作のピークでは、タオルなどを当てて冷やす際もできるだけ刺激にならないようにそっと当てるように工夫しましょう。, 痛風発作では関節に炎症が生じた状態となりますが、炎症が起きているところは冷やすというのは鉄則となります。痛, みを軽減させるために、まずは痛風発作が起こったら冷やすということは必ず行ってください。, 例えば、ベッドで安静にしているときに、丸めた布団やクッションなどで高さをつくり、その上に患部である足を乗せるといったイメージです。, 仰向けになった状態で足を高い位置にキープできる方法であればどのような方法でも構わないので、机などに足を乗せられる環境であればそれも有効でしょう。, とにかくポイントとなるのは、痛風発作の起きている部分を心臓よりも高い位置に置くということであり、そうすることで静脈に血液がうっ血することを防ぎます。, 炎症の起きている足を高い位置に置くだけで、楽になったと感じることができるでしょう。, 今回は痛風発作時の痛み止めをテーマに、飲んでもいい痛み止めと、絶対に飲んではいけない痛み止めについてご紹介しました。, また、痛み止めを飲む際の注意事項についてもいくつかポイントとなる点をご説明しました。, 自分でできる対処法として、痛み止めを飲むことはもちろん可能であり、ほかにも痛風発作の起こっている部分を冷やすなど、様々なものが挙げられます。, 痛風発作では、薬物での治療が基本となりますが、尿酸値をいかにしてコントロールするかがポイントとなります。実際の痛風の治療ガイドラインでも、尿酸降下剤を用いるタイミングやその使用量について取り決められており、単純に尿酸値を下げていけばいいというわけではありません。, 痛風発作中に尿酸値を急激に下げてしまうと、治るどころか逆に再発を繰り返しやすくなります。, そのようにして、初期対応を誤ると以降も症状が悪化していくリスクがあるために、「自分でできる痛みの対処には限界がある」ということは常に念頭に置いておきましょう。, また、二度とこのような痛みを発症しないためにも食事習慣のコントロールで尿酸値を常に正常値内にあるように努めるのがベストです。, 医療機関での治療は対処療法となります。「痛みが出た→病院に行く」という事をこの先もずっと繰り返さないためにも、痛風発作自体が起きないような生活習慣を作る努力が何よりも重要です。, どうしても忙しくて食事や生活習慣を改善するのが困難だという場合は、サプリメントなどでサポートするのが最も効率が良く痛風と向き合っていく方法です。, 近年は非常に優秀なサプリメントがありますので、早いうちから使い始めることをおすすめします。, 私の旦那が痛風になり、とても辛そうな姿を見てこのサイトを立ち上げました。痛風は予防できる病気です。しっかりと予防して、2度とこんな辛そうな旦那の顔を見ないと心にきめました。痛風に関する疑問を全て解決します!, ご訪問いただきありがとうございます。当サイトでは痛風について疑問に上がりやすい項目をピックアップして解説しています。今すぐに痛みを止めるための方法や、痛風予防のために知っておきたい健康習慣の情報など今すぐに使える情報をお届けしています。痛風の症状に苦しんでいた旦那が健康管理のために活用しているサプリメントを、ランキング形式で紹介もしています。ぜひご参考ください。, 痛み止め使用よりも…最も重要なことは医療機関で少しでも早く適切な治療を受けること!.

赤西仁 収入, 丸山隆平 タカヒロ マルヤマ, アリサコロタワ 年齢, アリサコロタワ 年齢, 旭川 東陽中学校 校歌, エヴァンゲリオン 投票結果, 大貫勇輔 大学, 鬼 滅 の刃 花札 印刷, いつもありがとう 英語, ご対応ありがとうございます 英語, アマゾンカフェ なかがわ水遊園, ルパンの娘 ドラマ, 楽天ポイントカード 確認, インフルエンザ 症状, 斎藤哲也 髪型, どんぐり トトロ まっくろくろすけ, アニメイト名古屋 ツイッター, コーヒードリッパー ケメックス, エヴァ Q 主題歌, 業界用語 数字, るる さあ‏, Twitter ミュートとは, 具体性 英語, フィレンツェ メディチ家, Twitter フォロー解除させる,