皇帝の歴史の起点 スイスハプスブルク このコンテンツは 2019/03/13 2019/03/13 「太陽の沈まぬ国」と呼ばれた大帝国を支配したハプスブルク家。 1918年、世界的に政情不安が広がる中でスイス国民は、議会選挙で多数代表制から比例代表制へ移行するという歴史的決定を下した。それはなぜ、どのようにして起こったのか。, スイス史は1848年に質的に大きな変化を遂げた後は、今日まで続いている。 この国の歴史は170年以上、急激な切れ目なく一貫して発展してきた。欧州史では珍しい現象だ。, このコンテンツは 2019/06/14 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 03:20 UTC 版), スイス連邦は、1848年以来カントンと呼ばれる州による連邦共和制をとってきた。スイス連邦の原型がつくられたのは今から700年以上前のことであるため、見方によっては現存する世界最古の共和国であるということもできよう。連邦が成立する1291年以前の歴史に関しては、本稿では現在のスイス領で起こった歴史的出来事について概説していくこととする。1291年以降、永久盟約によって結成された不安定な連合体がどのように発展・拡大していったかを簡潔にまとめる。, スイスの都市クール(ドイツ語: Chur)など5000年以上前の歴史がある。具体的には紀元前3900年から3500年頃のフィン文化(Pfyn culture)まで遡ぼれる。考古学の研究によれば、アルプス北部の低地諸国に人間が住むようになったのは旧石器時代の後期のことである。新石器時代に入ると住民が増え、青銅器時代になると湖上に高床式の家をたてて人々が暮らしていた痕跡が発見されている。紀元前15世紀ごろ、ケルト人のヘルウェティイ族が住み着いた。当時、今日のスイスに相当する地域を版図としていた政治勢力は、彼らの部族国家と、スイス東部に住んだラエティ人(英語版)と呼ばれる非ケルト系の集団であった。, 紀元前3世紀以降、共和政ローマはイタリア半島の北の守りとして、ヘルウェティイ族の勢力圏に勢力を伸ばしていった。当時のローマ人はこの地域をヘルウェティイ人の部族国家名からラテン語でヘルウェティイ族の土地を意味する「ヘルウェティア」と呼んでいた。紀元前58年、ゲルマン人の圧迫をうけたヘルウェティイ族は西方への民族移動を開始したが、移動によって統治構造のバランスが崩れることを恐れたユリウス・カエサルはこれを実力で阻止すべく進軍。ビブラクテの戦い(英語版)でヘルウェティイ族を打ち破ってヘルウェティイ族の国を滅ぼし、この地を占拠した。これ以降、ローマ帝国は同国の治安維持と開発による安定化策(ヘルウェティア)を進めた。当時の統治の中心都市はラテン語でアウェンティクム(ラテン語: Aventicum、今日のアヴァンシェ(英語版))であった[1]。259年になると、当時のゲルマニア地方の動乱状況を経てゲルマン系のいくつもの古い部族が融合して形成された新興勢力であるアラマンニ人がヘルウェティアに侵入し、ローマ帝国の統治基盤を揺るがした。, 4世紀に入ってキリスト教の司教区が初めてスイス地域に設立された。このころになると西ローマ帝国の統治能力は低下しており、ゲルマン系集団が流入してスイス地域にブルグント王国を築いた。5世紀にローマ帝国がスイスから撤退していくとアレマン人が再びスイスに流入した。ここでアレマン人・ブルグント人・ラエティ人(英語版)・ランゴバルド人の4民族がスイスで共存するようになり、ドイツ語・フランス語・ロマンシュ語・イタリア語がスイスで用いられる基礎を作った。, 6世紀に入るとスイスはフランク王国の統治下におかれた。不安定なメロヴィング朝は戦闘民族アレマン人の自治を認めた。8世紀、アレマン公が今でいうバーデン=ヴュルテンベルク州・アルザス地域圏・スイス北部をふくむ地域を支配下とし、複雑な住民構成に合わせ『アレマン法典』を編纂・通用させた。841年のヴェルダン条約により、スイスの西部はロタール1世の中フランク王国、スイスの東部はルートヴィヒ2世ドイツ人王の東フランク王国となった。870年、メルセン条約で中フランクからイタリア王国ができた。そこでマジャール人が917年にバーゼル、927年にザンクト・ガレンを破壊した。イスラム教徒が940年から980年にかけてヴァリスにまで攻めてきた。外寇が度重なった時期に、スイスの諸地域が自立化した。それらはイタリア政策の目標となった。, 11世紀までにはスイス全域が神聖ローマ帝国の支配下に入った。12世紀には古ブルグント王国の領域の支配者は神聖ローマ帝国によって封ぜられたシュヴァーベン公からツェーリンゲン家へと引き継がれていた。ツェーリンゲン家はスイスを自らの勢力基盤として整備し、フリブールやベルンといった都市を築いた。1218年にツェーリンゲン家の血統が絶えたことでそのスイス支配は終わったが、その後を縁戚のキーブルグ家が継ぎ、さらにキーブルグ家の後を縁戚のハプスブルク家が継いだ。「ハプスブルク」という家名は、同家の祖がスイスのアールガウ地方に築いた城が「鷹の城」(ドイツ語: Habicht burg - ハービヒツブルク、後にSchloss Habsburg)と呼ばれていたことに由来している。ハプスブルク家はスイスでじわじわと力をつけていった。, 13世紀になってザンクト・ゴットハルト峠が開通すると、ヨーロッパの南北を結ぶ交通の要衝、交易ルートとしてスイスの地理的重要性が高まった。特にその通路にあたるウーリ州は交易を利用して経済力をつけた。ツェーリンゲン家が絶え、家領の帰属が神聖ローマ帝国に移ったとき、ウーリは抵当権を自ら買い戻すことで自治権を獲得した。やがてウーリに隣接するシュヴィーツ州・ウンターヴァルデン州も自治権を手にした。ハプスブルク家出身で初めて神聖ローマ皇帝となったルドルフ1世の死後に行われた選挙で、ルドルフの子アルブレヒト1世は神聖ローマ皇帝に選ばれなかった。失意のアルブレヒトは自分の根拠地であるスイスの経営に専念したが、スイス人たちはこのアルブレヒトによって自分たちの権利が失われるのではないかと危惧した。1291年、ウーリ、シュヴィーツ、ウンターヴァルデンの3つの州の代表者たちは集まって対ハプスブルク家自治独立を維持するための永久盟約を結んだ[2]。これがスイス連邦の原型である「原初同盟」(盟約者団)の結成である。このシュヴィーツ州という地名こそが「スイス」の語源となっていくのである。有名なウィリアム・テル(ヴィルヘルム・テル)の伝説はこの時代を舞台としている。, 伝説では原初同盟(誓約同盟)の結成は「リュトリの野」で行われたとされている。神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世の死後、ハプスブルク家のアルブレヒトの息子フリードリヒ(ドイツ王フリードリヒ3世)がバイエルン公ルートヴィヒ(ドイツ王ルートヴィヒ4世)と帝位をめぐって争ったが、アルブレヒトを敵視していた原初同盟はバイエルン公を支持した。これに怒ったフリードリヒはハプスブルク家の精鋭を揃えてスイス領内に侵攻したが、1315年のモルガルテンの戦い、1386年のゼンパッハの戦い(英語版)でスイス農民軍に打ち破られた。こうしてスイスからハプスブルク家の影響力が排除された。, このハプスブルク家との死闘のさなかの1353年に最初の3州に加えてグラールス州・ツーク州の両州とルツェルン・チューリッヒ・ベルンの各都市が原初同盟と個々に同盟を結ぶという形で同盟に加わった。こうしてできたのが「八州同盟(ドイツ語版、フランス語版、イタリア語版、アレマン語版)」である。アッペンツェル戦争(1401年 - 1429年)中の1411年に、アッペンツェル(ドイツ語版、英語版)(1403年 - 1597年)は原初同盟と防衛条約を締結した[3][4]。, 1440年代、トッゲンブルク伯領をめぐりチューリッヒがシュヴィーツら諸州と争い、分が悪くなってハプスブルク家に接近し同家の帝位を回復した(古チューリッヒ戦争(英語版))。このころハプスブルク家に近い司教領同盟(1367年成立)など幾多の勢力が、互いに結んで貴族間のフェーデに参加した。1470年代にブルゴーニュ戦争でスイス領内へ侵攻したブルゴーニュ公国のシャルル突進公の軍勢を破ったことと、スイス人傭兵がヨーロッパ全域の戦場で活躍するようになったことで、スイスの国際的な地位は向上した。, 1488年にシュヴァーベン同盟が結成され、1499年に皇帝マクシミリアン1世がスイスを勢力下に収めようと侵入したが三同盟と原初同盟からなるスイス軍の前に敗れ(シュヴァーベン戦争)、この勝利によってスイスは神聖ローマ帝国からの事実上の独立を勝ち取り、シュヴァーベン地方ではドイツ農民戦争(1524年 - 1525年)へと向かうことになった。, 1501年、バーゼル司教領(英語版)(1032年 - 1803年)が原初同盟に参加し、カントン・バーゼル(アレマン語版、英語版)(1501年 - 1833年)となる。1506年には教皇ユリウス2世が近衛兵として初めてスイス人傭兵を採用している[5]。この頃、スイスはイタリア戦争などの周辺地域の紛争に干渉したが(ノヴァーラの戦い(フランス語版、ドイツ語版、英語版))、1515年のマリニャーノの戦い(英語版)でフランソワ1世率いるフランス軍に大敗を喫した。同年、ミュルーズが十都市同盟から盟約者団へ移ってきた。, 各列内は五十音順。バチカンは国際連合非加盟。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。, スイスの歴史のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 伝統的にスイスの諸州の表記は連邦への加入順にされている。初めに原初同盟の最初の8つの州と都市があげられ、1481年以降に加入した州が時代順にならぶ。, スイス人傭兵というものが存在しなくなった現在でも、教皇の衛兵は伝統的にスイス人が務めている, ナポレオン調停法は、ナポレオンに対し兵員(1万6000人)を提供するという軍事協定でもあった。, ヴォー州ではカントンレベルでその日のうちに参政権が認められた。ヌーシャテルとジュネーヴが直ちに続き、バーゼルがやや遅れて女性の投票権を受け入れた。, All text is available under the terms of the. スイス。歴史的に政治は中央集権を嫌い、地域主義をとり、そのため連邦は二次的形成物にすぎず、主体はカントン(州)である。複数言語国家でもあり、宗教は改革派、カトリック、古カトリックを主体とする。国家としての歴史はドイツ語圏地域を中心に始まった。, ケルト人のうち、現在のスイスに居住していたのはヘルウェティイ族だった。カエサルによると他のガリア人(ケルト人)に比べて武勇に優れ、軍事力抜群、好戦的な部族だったようだ。このヘルウェティイ族を利用して、カエサルはゲルマン人の南下を防ぐローマの盾にするつもりであった。, その後、ヘルウェティイ族の地にもローマ支配の拠点としての植民都市が建設される。カエサルが目をつけたのは現在のニヨンであった。, 前十五年にはアルプス全域がローマの支配下に入り、スイス全体がローマの支配下となる。, 四〇一年以降のローマの貨幣や碑文が見つからないことから、この頃のローマ軍の徹底的な撤退が見られる。そして四七六年に西ローマが滅ぶと、北東スイスは西ローマの名目上の後継者である東ゴート王国の支配下に入ったようである。西部スイスではブルグント王国が独立し、このブルグント人が定住した地域はフランス語を話す地域となっていった。, カール大帝とスイスの関連というのは典型的なものがチューリヒにあるようだ。それまではヨーロッパ政治の辺境にあったスイスだったが、カール大帝の死後、フランク王国が分割されると脚光を浴びるようになる。, 積極的な修道院政策が行われ、スイスはカロリング支配領域の中で最も修道院が乱立することになる。, 一〇世紀には。マジャール人が東から侵略してバーゼルが攻略されている。南からはイスラム教徒の脅威もあった。, こうした中、アールガウの伯権力を握ったレンツブルグ家とブルグントと縁戚にあるラインフェルデン家が力をつけていく。, 叙任権闘争の時代を過ぎると、ラインフェルデン家が断絶し、「マインツの平和」によって一一世紀末にはツェーリンゲン家がスイスに支配の地歩を築く。だが、このツェーリンゲン家も一三世紀初頭に解体すると、帝国封土が皇帝に戻され帝国都市となる。, その後スイスで台頭し始めたのが、キーブルク家である。同じ頃東スイスではハプスブルク家がおきていた。, 一四世紀にはペストの流行や飢饉によって人口が激減する。経済的に優位にある都市だけが生き残っていくことになる。, ハプスブルク家がスイス最大の封建君主となるのは「老ルードルフ」の時からであった。この老ルードルフは大空位時代を終わらせるためにドイツ国王に選出される。諸侯の思惑とは逆に、ルードルフは老練な政治家であり、後のハプスブルク家の繁栄の基礎を築く。, ハプスブルク家の台頭する以前から中央スイスの三地域は帝国都市なみの自由と自治を享受していた。ルードルフが死ぬとすぐの二週間後の一二九一年八月一日に永久同盟を結ぶ。スイス国家誕生の出発点となり、八月一日はスイスの建国記念日となっている。, この後にも原初三邦は改めて、モルガルテン同盟と呼ばれる同盟を結んだ。同盟関係は変わることなく、一七九八年のスイス革命まで持続することになる。, ハプスブルク家との対立関係が生まれると、チューリヒは原初三邦およびルツェルンとの同盟を一三五一年に締結する。, このように、一三三二年から一三五三年にかけて五つの同盟が締結され、八邦同盟が成立することになる。, 一方で、中央・東スイスとは異なって、西スイスではサヴォワ家と戦わなければならなかった。, ネーフェルスの戦いによって一三八九年に盟約者団とハプスブルク家は休戦条約を締結する。これによってハプスブルク家はスイス地域の支配体制をほぼ瓦解させられる。, 一五世紀初頭には、ハプスブルク家の根拠地アールガウを盟約者団の共同支配地として獲得する。, こうして一五世紀後半にはスイスの北東南では輪郭が見えてくる。西ではブルゴーニュ公国との対決が待っていた。, ブルゴーニュ戦争が終わり、シュタンツ協定が結ばれることとなる。それまで緩い連合体でしかなかった盟約者団を結束することになった。, 一五世紀にもなると、人口増加が始まり、労働人口が過剰気味となる。すると傭兵出稼ぎが積極的に行われるようになる。, チューリヒではツヴィングリが宗教改革を実施する。ジュネーヴではカルヴァンが登場し、スイスでの宗教改革が本格的に始まっていく。, 三〇年戦争中には中立を維持し、ウェストファリア条約によって国際法上スイスの独立が承認される。, ナポレオンの登場によって、スイスは衛生国家となるが、ウィーン会議でスイスの永世中立が承認されることになる。, まえがき第1章 カエサルからカール大帝へ ケルト、ローマ、ゲルマン ケルト/ローマ時代/アウェンティクムの建設/帝国の衰退とゲルマン諸部族の侵入/ブルグント王国/アレマン公国/カール大帝/修道院、王宮、都市/ブルグント王国とシュヴァーベン公国第2章 神聖ローマ帝国 諸侯割拠の時代異民族の侵入と神聖ローマ帝国/叙任権闘争/ツェーリンゲン家の台頭/キーブルク家の登場/帝国都市/都市貴族マネッセ第3章 スイス盟約者団の成立 原初三邦同盟から八邦同盟へ ハプスブルク家の台頭/「ルードルフと司祭」伝承/「帝国自由」の特権/「永久同盟」/モルガルテン同盟/ルツェルン同盟/チューリヒ同盟/八邦同盟の成立第4章 対外膨張の時代 強国スイス サヴォワ家との戦い/ネーフェルスの戦い/共同支配地の獲得/古チューリヒ戦争/ブルゴーニュ戦争/シュタンス協定/シュヴァーベン戦争/ミラノ戦争第5章 宗教改革と対抗宗教改革 盟約者団の分裂の危機 ツヴィングリとミラノ戦争/チューリヒの宗教改革/公開宗教討論会/スイス各地への改革派の浸透/カペル戦争/フランス語圏の宗教改革/対抗宗教改革/スイスの縮図、グラウビュンデン第6章 アンシャン・レジームの時代 門閥寡頭政治の矛盾 三十年戦争とスイスの独立/スイス農民戦争/フィルメルゲン戦争/傭兵制の盛衰/ルイ十四世時代のスイス外交/瀕死のライオン/諸邦の経済・社会の変化/ベルンの門閥支配/チューリヒの企業家支配/ジュネーヴ 革命の実験室/農村邦第7章 変転するスイス 革命と復古 フランス革命とスイス/フランス名誉市民、ペスタロッチ/ヘルヴェティア共和国/小復古 「調停法」下のスイス/諸協会の設立/大復古 「同盟規約」下のスイス/永世中立の実現第8章 連邦国家への道 分離同盟戦争前後 自由主義者の台頭/保守派の抵抗/アールガウ事件/「分離同盟」の形成/分離同盟戦争/連邦国家の誕生/軍事制度/連邦憲法の改正規定第9章 すべては国民によって 合意民主主義へ アルフレート・エッシャー/教育政策/言語政策/鉄道と金融/すべては国民によって/「ひとつの法、ひとつの軍隊」/連邦憲法の改正/合意民主主義の開始第10章 戦争と危機 両大戦間の苦悩 工場法の制定/新たな対抗軸/比例代表選挙制の成立/第一次世界大戦/ゼネストの失敗/スイスのファシズム/社会民主党の路線転換/戦間期の外交/第二次世界大戦/中立の影の部分/ユダヤ人亡命者終章 二一世紀の入り口にたって 直接民主制への復帰/「魔法の公式」の成立/一九九九年の国民議会選挙/連邦憲法の全面改正あとがき図版出典参考文献年表, まえがき第1章 カエサルからカール大帝へ ケルト、ローマ、ゲルマン第2章 神聖ローマ帝国 諸侯割拠の時代第3章 スイス盟約者団の成立 原初三邦同盟から八邦同盟へ第4章 対外膨張の時代 強国スイス第5章 宗教改革と対抗宗教改革 盟約者団の分裂の危機第6章 アンシャン・レジームの時代 門閥寡頭政治の矛盾第7章 変転するスイス 革命と復古第8章 連邦国家への道 分離同盟戦争前後第9章 すべては国民によって 合意民主主義へ第10章 戦争と危機 両大戦間の苦悩終章 二一世紀の入り口にたってあとがき図版出典参考文献年表, エリス・ピーターズの「修道士カドフェル第9巻 死者の身代金」を読んだ感想とあらすじ, 【式外社】息栖神社(いきすじんじゃ)の参拝録(茨城県神栖市)鹿島神・香取神の先導の神アメノトリフネを祀る, 大塚英志監修、山本忠宏編「まんが訳 酒呑童子絵巻」の読書備忘録(要約と紹介と感想と). スイスはヨーロッパの内陸にある国で、山が多く、耕作地も少ない上に、産業もそれほど発達していませんでした。, というわけで外貨を稼ぐために、他国に傭兵を派遣して、外貨を稼いでいたのですね。これは「血の輸出」とも呼ばれます。, ちなみに、アルプスの少女ハイジのおじいさんも元傭兵です。そういえばよく考えるとヤバそうな目つきしてましたね。, 通常は農家をしながら、イザというときのために備えて、地元で民兵組織を組んで訓練を行い、他国から傭兵の要請がかかると、州政府がスイス傭兵を集めて他国に輸出していたのです。, ランツクネヒトなんかみたいなドイツの傭兵が、貴族が傭兵隊長になって傭兵団を企業みたいに経営するのとは違うところですね。, 民間企業(ランツクネヒト)か公営企業(スイス)か、みたいな感じだったのです。企業経営的には民間の企業の方が、競争力強そうですけどね。, 傭兵が産業となっているため、スイスの若者は血気盛んで勇敢な者が多かったそうです。ていうか戦法的に血気盛んじゃないとやってられない戦い方をしていました。, こんな風にスイスの傭兵は強く、また耕作地も少ないため、スイスの土地に攻め込んでもうま味も少なく、誰もスイスに手を出さなくなりました。, スイス傭兵の戦い方ですが、主に歩兵で構成されており、6mもあるパイクを装備して密集陣形を組みます。, 歩兵の密集陣形で長槍?それってファランクスじゃん、と思う人も居るかもしれませんが、実際、古代で使用されていたギリシアのファランクスと同じようなものでした。ただし、ファランクスとは違う点があります。, 古代ギリシアでは、ファランクスを構成する歩兵は重装歩兵で、鎧や兜をつけていました。ギリシア同士の戦いだったら、相手も長槍持って同じような隊形組むので痛いですからね。, こりゃ兵士が血気盛んじゃないと無理ですよね、鎧兜無しでファランクス組むとか怖すぎますし。, そもそも国を挙げての外貨獲得の手段だったので、傭兵みんなにフルプレートアーマー配る余裕なんてないですからね。赤字になるので。, しかし、鎧兜を装備しなかったことによって、重装歩兵のファランクスよりも、機動力があります。鎧兜って超重いですからね。, ファランクスが槍向けた方向に限って言えば、銃火器が発達しない限り白兵戦は無敵でした。, しかし、まだ装填速度が遅く、一度撃ったら次の発射までに時間がかかったため、パイク兵の機動力を生かしてサッと距離を詰めて火縄銃隊をブスっと殺します。, スイス傭兵の密集陣形の前の方の人は、撃たれて死にますが、最終的にスイス傭兵軍団が勝てば良かろうの精神で戦っていました。, こういう戦術を取っていたため、鎧兜などは機動力を落とすから、逆に邪魔ですよね。ノロノロしてたら次の射撃が来ますし。, また、スイス傭兵のパイクの密集戦術は、当時最強兵科とされていた、重騎兵にとても有利でした。, 特に、モルガルテンの戦いで、エリートの騎士である重装騎兵が、パイク兵ごときにやられてしまって激震が走ったようですね。, 重騎兵の育成ってめちゃくちゃ金かかりますし、それが長槍持った即席の傭兵に負けるようでは、割に合いません。, 騎兵が来たら、パイクを槍衾のように並べて迎撃し、騎士を引っ掛けて馬から落とした所で、ブスーって刺して殺したみたいです。, というわけで、パイクを装備したスイス傭兵はヨーロッパ最強。そんな最強スイス傭兵をぜひとも雇いたいと、色んな国から、べらぼうに高い金が積まれてガッポガッポ儲かりました。, 常備軍揃えるのは、とても金がかかりますからね。戦争が無い時も給料を払わなくてはいけません。傭兵なら戦争の時だけ雇えば良いので、その時に高い金を払うとしても、長期的に見たらコストは安いです。, そもそもまだ「国」という概念自体があやふやでした。まだその土地の領主自身が「国」であり、国民という概念自体がまだ発達してないですからね。今では主権は国民全員にありますが、この頃の主権は王や皇帝などの君主しか持ってませんでした。, フランス革命を経て、主権が国民に渡るに至って、「国家」という概念が意識されていき、ナショナリズムが生まれ、自分たちの「国」を守るため、徴兵して薄給でも命を懸けて兵士が戦ってくれるようになったのですね。, 自分たちの国を守るためだから士気も高いです。でも、自分の国を守るために戦うという点で見ると、古代ギリシアやローマの市民とも似てるますね。, 守って価値があるから、兵士のやる気がでるのですね。守っても領主しか得しないなら、傭兵のように金のためにしか動きません。, フランス革命で、ヤル気のある国民軍を率いたのが天才のナポレオンだったため、ボコボコにされた各国もそれまでの制度を見直さざるを得なくなり、そこから従来までの流れから徴兵制ができて国民軍の流れに移り、今でも国民を兵士にする国民軍が一般的になります。, さて、スイス傭兵は15世紀ごろ、ブルゴーニュ戦争にて当時最強と誉れ高いシャルル突進公率いるブルゴーニュ軍を撃破。これによって、スイス傭兵の名はヨーロッパに響き、誰もがスイスのパイク兵を欲しがるようになります。, 基本的に最初の方は、スイス傭兵を雇ったら、雇い主のスイス傭兵の敵に州政府がスイス傭兵を送らないようにしていたので、スイス傭兵を先に雇ったもの勝ちでした。, まあでも、これもそのうち金に目がくらんだ州政府によって破られて、スイス傭兵同士で戦うことになります。, とにかくスイス傭兵を雇えば勝ちです。ですので、スイス傭兵を雇うために、みんな必死に金を出しました。, でも考えてみてください、スイス傭兵はパイクを持って密集陣形組んで突撃してるだけです。根性さえあれば、誰でもできますよね。, ということで、部屋住まいをさせられている貴族の三男坊とかが、傭兵隊長と呼ばれる、傭兵の元締めをやり始めま、各地で傭兵を集めて、傭兵団を構成します。こういったドイツの傭兵は、ランツクネヒトと呼ばれました。, 貴族だったとしても、一生部屋住まいするぐらいなら、傭兵隊長でもやってやるか、ってなる人もいますからね。, このランツクネヒト、州政府が管理しているスイス傭兵とは違って、まさしく純粋に金のためだけに戦争する、傭兵たちでした。, まあ企業も営利で金儲けを追求してるようなものだし、効率を求めたら似たような組織になるのかもしれないね。, ていうか金に生き死にかかってんだから、強い戦い方パクりますよね。参入障壁とか無いですし。命知らずを雇って槍持って戦わせるのに著作権とかないですから。, このランツクネヒトは、スイス傭兵の強力なライバルとなり、イタリア大戦争で両者はたびたび激突します。, 密集陣形を取り、肩のあたりまでパイクを持ち上げて、相手に向かって掲げます。もちろん相手の方もそうします。, 古代のファランクスみたいに、鎧兜つけてなかったわけですし。(ランツクネヒトの上のランクの人は鎧兜をつけていた人も居た), ローマ教皇のクレメンス7世がフランスと手を組んだことに怒った、神聖ローマ帝国皇帝のカール5世が、ランツクネヒトを雇ってローマを攻撃しました。, この頃の戦争では、大抵勝った方が略奪するのは普通でしたが、略奪のレベルが違いました。ローマ劫掠によって多くの文化人がローマから逃れたり殺されたりして、イタリアでのルネサンスが終わったのですから。, 傭兵の給料未払いは意外と結構多かったみたいです。そのせいで傭兵が飢えて略奪しまくる原因になったりするんですが。傭兵も略奪するために戦争に参加したりするので、どっちもどっちですsね。, 傭兵を雇う王や皇帝たちは、雇わなきゃ戦争に負けると分かってるんなら、金無くてもある振りして傭兵雇うので、金を得られなかった飢えた傭兵が略奪して命の賭け賃を回収していたのです。, さて、スイス兵の話ですが、そんな悪名高いランツクネヒトに対して、エリートの傭兵という名声を保ちました。, しかし、そんな最強のスイス傭兵も、攻略法を見つけられてしまいます。戦争の常ですね。, 前述の通り、スイス傭兵はパイクを持って密集陣形を取っているのですが、今の感覚からして、密集陣形って・・・恐いですよね。, このころは砲撃も一回撃ったら、次に撃つまでにかなり時間がかかるので、一発撃たれても、「殺られる前に、殺る」戦法でその間に近づいて、砲兵にグサー!でなんとかなってました。, マリリャーノの戦いでは、スイス傭兵にランツクネヒトを当たらせておいて時間を稼ぎ、さらに騎兵でたまに襲わせたりして、時間を稼いで、そのスキに大砲をバンバン撃ち込まれました。, スイス傭兵は密集してるので、そうやって足止めされてバンバン砲撃撃ち込まれたら、ひとたまりもありません。, ここからスイス傭兵最強伝説にヒビが入ります。各国はこれを参考にして、スイス傭兵の攻略法を模索しはじめました。, しかし、過去の成功体験から、スイス傭兵はパイク兵に固執しました。いや、固執せざるを得なかったのかもしれません。, パイク持たせて突撃させるだけだったら、技術もお金も必要無いですからね。他国に抜きんでて新技術開発する程には産業は発達していませんでした。, ビコッカの戦いでは、敵は陣地を構築しており、スイスパイク兵はその陣地を攻略しようと手間取っている間に、砲撃やら火縄銃やらでバッタバッタと倒されていきました。, 今までは銃火器相手でも、次弾装填する前に殺ればよかったのが、陣地とか構築されて時間を稼がれたのです。, 時間さえ稼いでロングレンジから倒せば、精強なスイス傭兵でも倒せると、攻略法を見つけられてしまったのですね。, さらにこの後、銃火器の技術的発達によって、装填速度が早まると、さらにスイス傭兵の優位性が薄れます。特にパイク兵は防御力が低かったですから、銃火器の発達によって割を食うことになりました。, この攻略法の発見によって、陣地などを築いたり、捨て駒を当たらせたりした上で時間を稼ぎ、火縄銃兵や砲兵で当たれば倒せないこともないレベルにまで持ってこられます。, ていうか、フランス革命前は常備軍がほとんど無いですから、「よし戦争するか!歩兵雇うか!歩兵の傭兵と言えばスイス傭兵だな!」みたいな感じになります。, 特にフランスはお得意様で、そのスイス傭兵の忠誠心を買われて、近衛兵になってたりもします。, ぶっちゃけ権謀術数渦巻くヴェルサイユだと、自国の兵士よりも金さえ払えば忠誠を保つ外部のスイス傭兵の方が信頼できたりしました。, ヴェルサイユ行進の時には、マリー・アントワネットを守るために、マリー・アントワネットの部屋を守っていたスイス近衛兵が民衆に殺害されましたし、8月10日事件の時には、テュイルリー宮殿に攻め込んできた暴徒と戦い、多数のスイス衛兵が命を落としています。, ルイ16世を命を賭して守ったスイス傭兵のためにつくられた、スイスのルツェルンにあるライオン記念碑は、今では観光名所になっていますね。, このライオンが守っている盾がフランス国王家族を指し、瀕死のライオンがスイス傭兵をあらわしています。, そんな頼もしいスイス傭兵ですが、時代は流れ、1874年には傭兵の輸出を禁じるようになり、1927年には国民に外国軍への参加を禁じて、スイス傭兵の歴史は幕を閉じます。, この頃にはもう傭兵以外の産業ができていました。有名なのでは金融業とか時計とかですね。, 時計産業の話で面白いのは、フランスで迫害されたユグノー教徒が、スイスのジュネーヴに逃げて来て、時計産業がスイスで栄えたことです。, ユグノーは商工業に携わる知識層が多かったですから、弾圧さえしなかったらフランスの産業は今と大分変っていたかもしれませんね。, さて、傭兵の輸出は禁じられていますが、特例としてバチカン市国では、今なおスイス傭兵がハルバードを持ってローマ教皇を護衛しています。, 500年も雇ってくれている御贔屓筋ですから。伝統の一部みたいなものですし、歴史もありますし、今では傭兵というかボディーガードのようなものですし、これはずっと続くことでしょう。, Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC-c14cDz4_D7CfMwiXdDfLg, ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/mylist/60612851, https://www.youtube.com/channel/UC-c14cDz4_D7CfMwiXdDfLg. 2017/12/27 単行本(ソフトカバー) ¥1,980 ¥1,980. 2018/10/10 中世のスイス人は強かった。スイス農民歩兵隊は欧州1強かった。幾多の古戦場では今日も戦勝記念日が行われている。... スイス国外では、ハプスブルク家拡大に軍事的に対抗するため、スイスが建国されたと考えられている。だが、この説は事実と異なる。中世初期において、特定の領土、あるいは行政単位が社会的・政治的に生き残るためには、当時の最高権力である神聖ローマ帝国の庇護が不可欠だった。しかし、何の魅力もないこの山岳地域は、帝国からの支援も軍事援助も望めなかった。のちにスイスの「州」となる地域は帝国の庇護が受けられないがために、互いを防衛し、助け合うことを余儀なくされたのだ。, このコンテンツは 2017/12/27 スイス。歴史的に政治は中央集権を嫌い、地域主義をとり、そのため連邦は二次的形成物にすぎず、主体はカントン(州)である。複数言語国家でもあり、宗教は改革派、カトリック、古カトリックを主体 … スイスの民族音楽と言えばヨーデルとアルプホルンが有名。日本でも親しまれているこの二つは、スイスを代表する民族音楽としてスイスのシンボル的存在になっています。旅行の最中、運良くお祭りに遭遇して聞く機会があるかもしれません。 スイスの時計産業の歴史は14 世紀にさかのぼるが、本格的に花が開き始めたのは16 世紀になってか らである。 それ以前より、スイスのジュネーヴでは職人の卓越した技術による宝飾細工が盛んであった The most important chapters in Swiss history up to 1848, Come la Svizzera diventò la Svizzera: le tappe fondamentali prima del 1848. Die Stationen bis 1848, كيف أصبحت سويسرا سويسرا؟ أهم المحطات حتى عام 1848, Du Serment du Grütli à la guerre du Sonderbund, les grands jalons de l'histoire suisse, How did Switzerland become Switzerland? このコンテンツは 2015/01/28 スイスで初めて女性ストライキが起こったのは、1991年6月14日。何十万人もの女性がこの運動に参加した。あれから30年近く経った今年6月14日、再び大規模な女性ストライキがスイスで予定されている。, この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします, SWI swissinfo.ch - a branch of Swiss Broadcasting Corporation SRG SSR, Webブラウザが古くなっています。 より良い体験のために最新のウェブブラウザを使用してください。, Wie wurde die Schweiz die Schweiz? スイスでは、地方行政区画の境界線を巡ってたびたび論争が起きている。州の数を減らし、大きな州に自治体を再編する案があるが、国民投票にかけられたとしても惨敗が目に見えている。事実、スイス人はこの昔ながらの州の境界線に良くも悪くも非常にこだわりがあるようだ。... シャルルとスイスが争ったブルゴーニュ戦争(1474-1477)は、スイスの歴史上最も重要な時期だ。これに勝利したスイスは、新しい領土を獲得し、ベルンや国内他地域を潤す重要な経済資源も得た。, 1517年の宗教改革を機に、国内では度重なる宗教紛争が起こった。第1次、第2次カッペル戦争(1529、1531年)と二度のフィルメーガー戦争(1656、1712年)が代表的だ。その間にも、三十年戦争の終戦を機にスイス農民戦争(1653年)と呼ばれる5つ目の戦争が起こる。戦時中のドイツに穀物を納入していたスイスの農民たちが一挙に債務危機に陥ったのが理由だった。, このコンテンツは 2019/03/13 2015/08/04 2019/03/13 5つ星のうち4.0 2. そんな頼もしいスイス傭兵ですが、時代は流れ、1874年には傭兵の輸出を禁じるようになり、1927年には国民に外国軍への参加を禁じて、スイス傭兵の歴史は幕を閉じます。 この頃にはもう傭兵以外の産業ができていました。 このコンテンツは 2000/11/13 スイスの歴史 スイスは、支配者の異なる領地が何世紀もの時間をかけて次第にまとまり、自治体のゆるやかな同盟から連邦国家へと発展した。 国際空港があるスイスの玄関口チューリヒ。他の都市とのアクセスもよく旅の拠点として理想的な町です。経済・文化の中心を担うスイス最大の都市でありながら、中世の建物が並ぶ小さな町の魅力も兼ね … 2015/01/28 スイスは、支配者の異なる領地が何世紀もの時間をかけて次第にまとまり、自治体のゆるやかな同盟から連邦国家へと発展した。, スイスは紀元前から異民族の侵入と支配を受け続け、神聖ローマ帝国の建国後はその支配下に置かれた。だが実際は、各地に残る有力諸侯が協力しながらそれぞれの支配地を治めていた。中世になると皇帝からの独立を目指し、これらの地域の間で同盟が結ばれた。, スイスの歴史の中では、宗教改革とこれに続くカトリックとプロテスタントの争いが大きな転機となった。, その後、スイスはナポレオンが統一し、ヘルヴェティア共和国となる。現在の連邦国家が出来上がったのは1848年。, 現在のスイスの領土にあたる地域には、およそ15万年前から人類が住んでいた。紀元前2世紀末ころには、中部平原にケルト族系住民のヘルヴェティイ族(Helvetii)が、東部にはアルペン族のラエティ人(Rhaeti)が住んでいた。, 紀元前58年、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)率いるローマ帝国軍が、スイスの中部平原を離れフランス西部に移動中のヘルヴェティイ族を阻止。, カエサルの死後、紀元前15年に皇帝アウグストゥスのローマ軍が東部のラエティ人を征服し、今日のスイスに相当する全領土をローマ帝国の支配下に収めた。, 紀元後3世紀はローマ帝国の混乱と分裂が起き、ゲルマン人の一部族であるアレマン族がスイスの中部平原へと南下。4世紀にはローマ帝国の統治能力が低下し、同じくゲルマン人の一部族であるブルグント族がスイスにブルグント王国を築いた。5世紀初期、ローマ帝国はゲルマン諸部族の隆盛によってスイスから撤退し、アルプス山脈の南へと引き上げた。, 6~10世紀の間、フランク王国、シュヴァーベン公国、ブルグント王国など、統治国の興亡によってスイスの支配者と被支配地域が変化した。その間に封建制度が発達。修道院ではラテン語の習得が受け継がれ、新しい農法が開発された。, 1291年、ウーリ、シュヴィーツ 、ウンターヴァルデンの原始3邦がハプスブルグ家を含む封建諸侯の支配に抵抗し、自由と自治を守るための相互援助を目的とした永久同盟(リュトリの誓い)を結び、スイス盟約者団を結成。これが現在のスイス連邦の原型となった。, 伝説によると、1307年ウィリアム・テルはハプスブルグの代官に、息子の頭の上にのせたリンゴを弓矢で射抜くよう命令され、その後テルは代官を殺害する。これがスイス発祥伝説の基になっている, 同盟結成後、ハプスブルグ家は盟約者団と軍事衝突をするが、敗退が続き次第に力を失っていった。15世紀末シュヴァーベン戦争でハプスブルク家出身の皇帝を破り、盟約団は神聖ローマ帝国から離脱して事実上の自治権と独立を獲得した。その後、領土拡張を試み16世紀にフランスやイタリアと戦ったが敗北し、中立へと方向転換を行った。, 16世紀に西ヨーロッパ全域で、教会の体制改革、いわゆる宗教改革が行われた。キリスト教会はカトリックとプロテスタントの二つに分裂し、厳しい対立が起きた。宗教改革は、都市と農村の間にも対立を生み、スイスにも暴動が発生し混乱を招いた。, スイス国内では、1523年にウルリヒ(フルドライヒ)・ツヴィングリ(1484―1531)がチューリヒで宗教改革を始める。ツヴィングリは、聖書を唯一の信仰の源と考え、教会や政治権力からの完全な独立、神の公理に適合した宗教改革の推進を呼びかけた。また、プロテスタントの指揮による新しい盟約者団の形成を目指したが、1531年に中央スイスで起きたカトリックとの戦闘で戦死した。, 1536年、自国の教会による迫害から逃れてきたフランス人ジャン・カルヴァンがジュネーブで宗教改革を開始した。カルヴァンは、その厳しい理念で市民の不満を買いジュネーブを離れたが、1541年に支持者に呼び戻され、改革運動を再開した。その際カルヴァンは政府を回り、「勤勉」と「豊かさは神の恵みであること」を説いた。また、科学と芸術を奨励し、手工業と貿易、資本主義社会の形成を促進した。, 17世紀のヨーロッパでは、神聖ローマ帝国を頂点とするカトリックの地域とその他の地域が対立し、三十年戦争がヨーロッパ全土を席巻した。スイスは最終的に中立の立場を維持した。1646年、ウェストファリア条約によって三十年戦争が終結。ヨーロッパの列強は、盟約者団が参戦せず中立を維持したことを評価し、スイスの独立を正式に承認した。これによってスイスの独立は国際法上承認された。, フランス革命の波がスイスにも押し寄せ、1798年、スイス国内の紛争をきっかけにフランス革命軍が侵攻、スイスを占拠した。中央集権制のヘルヴェティア共和国の誕生だ。さらに、スイスは史上初めて中立を放棄し、フランス軍の傘下に組み入れられた。, しかし、新共和国は中央集権主義派と連邦主義派に分裂し、クーデターが多発。そのためナポレオンは1803年に「調停法」を発効し、スイスの中立を保障した新憲法を制定した。, 1812年、ナポレオンが失脚すると、スイスの世論は反ナポレオンへと一転。州憲法も復活し、革命以前の体制に戻った。また、1815年に「同盟規約」が制定され、再び各州にはほぼ完全な主権が認められた。また、同年ウィーン会議でスイスの永世中立がヨーロッパの列強に承認された。, 1830年にフランスで起きた七月革命は、スイスにも影響を与え、保守派の邦と進歩派の邦の間に対立が起きた。保守派は、ヘルヴェティア共和国時代の特権階級制度の復活を望み、州の権限の拡大を求める分権主義を主張した。一方進歩派は、すべての国民に平等の権利が与えられる制度の確立を目指していた。両者の対立はその後深刻化し、戦争に発展。保守派が結んだ分離同盟は敗退し解散した。, 安楽死を求め、多くの外国人がスイスで自殺ほう助団体の助けを借りて自らの命に終止符を打つ。スイスでは一定の条件下での自殺ほう助が合法化されている。, 1848年新憲法が制定され、中央政府を持つ連邦国家が成立した。スイスは民主主義に基づいて議員が選ばれる国民議会と全州議会の二院制、および連邦内閣制度を導入し、それまで州が負っていた義務や責任など大幅な権限が国に移った。, 1863年、イギリスの実業家トーマス・クックが、「宿泊費・飲食代などすべて込み(all included)」方式のスイスツアーを企画。現代的な観光旅行が始まった。, 1868年に始まった第1バチカン公会議で教皇不可謬説{きょうこう ふかびゅうせつ}を宣言。その後1871年に40万人以上のスイス人カトリック教徒が教会を離れ、復古カトリックとして知られる新しい宗派を設立。, 1979年の国民投票により、ベルン州北部のジュラ地方がベルン州から分離し、ジュラ州として独立。ベルン州の大半はドイツ語圏のプロテスタントだったが、ジュラ地方の北部はフランス語圏のカトリックだったため、長年にわたる対立があった。, この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします, SWI swissinfo.ch - a branch of Swiss Broadcasting Corporation SRG SSR, Webブラウザが古くなっています。 より良い体験のために最新のウェブブラウザを使用してください。. スイスは、支配者の異なる領地が何世紀もの時間をかけて次第にまとまり、自治体のゆるやかな同盟から連邦国家へと発展した。, スイス史は1848年の前、後の2つに分かれる。もともと自治国家同士の緩やかな同盟だったが、1848年に中央政府を持つ連邦国家になった。君主制が当たり前だった欧州諸国とは一線を画し、共和国として誕生したスイスは極めて例外的に映った。しかし、どういう経緯をたどってこの形に行き着いたのだろうか。重要な「時期」は5つある。, その第一のポイントは、1307年に起こる「ハプスブルグ家の圧政からの解放」だ。1307年は、スイスの英雄ウィリアム・テルが息子の頭に乗せたリンゴを射抜いたとされる年。テルはその後、ハプスブルグ家の代官を殺害した。1307という数字がスイスの英雄ウィリアム・テルの記念碑に刻まれているのは必然といえる。だが19世紀の終わり、スイスは意図的に「1291年」を建国の年に選んだ。政治家を暗殺した殺し屋のテルは、新国家の象徴にふさわしくなかったからだ。スイスの原型となる「同盟誓約書」は、中央スイスの3つの地域を代表する貴族たちが1291年の「8月の初め」に署名したと言い伝えられている(リュトリの誓い)。誓約書は「3原州」が軍事的・経済的に助け合うことを誓うものだった。ただ日付をめぐっては、今も歴史家の間で意見が分かれる。同様の誓いは、その前にも後にも、幾度も結ばれているからだ。. 永世中立国のスイスは、いかなる紛争にも参加しない。そのためスイスは長い間、紛争に巻き込まれなかった。現在は積極的に中立政策をとるが、常に中立が守られているとは言えない。, スイスの原型となる誓約を結んだのは、中央スイス地域とベルン州だ。歴史家はこの領域を「スイス・プロイセン」と呼ぶ。軍事力と経済資源を共有したスイスの勢力は欧州ドイツ語圏を超え、レマン湖北部のフランス語圏地域に到達。「欧州列強」の野望を抱き拡大を続けていたシャルル率いるブルゴーニュ公国と刃を交えた。. 2015/03/20 今から200年前、フランス革命とナポレオン戦争後で混乱していたヨーロッパを再編するため、列強国がウィーン会議を開いた。この会議は近代スイスの「永世中立」の出発点でもある。だが、歴史家のオリヴィエ・ムーリィさんは、スイスが永世中立を選択したのではなく、むしろ周辺国が宣言したものだと指摘する。, スイスは「自治州」と「属州」、「支配地域」に分かれ、それそれが有する権利は平等ではなかった。そうした区分けを一掃し、すべての人に対する法の下の平等、都市と田舎の市民の平等、州の平等を持ち込んだのは、ほかでもないナポレオンだった。ナポレオン戦争後に「中立国スイス」が誕生したのも、1815年のウィーン会議で欧州列強の承認を受けて初めて実現したという事実も、スイス人は口にしたがらない。, ウィーン会議後、スイスでは二度目の「緩慢」な内戦が約20年続いた。1847年、この戦争は「カトリック諸州との戦争」という形で頂点に達した。この戦争は、プロテスタント・リベラル派とカトリック・民主派との対立を軸とした各地の政治的対立を終結させた。前者は、国民にプロテスタントの合理的な教えに基づく教育を受けさせるべきだと考え、統一国家の重要性を説いた。, このコンテンツは 2018/11/28 2000/11/13 2018/11/28 スイスの歴史 スイスの歴史の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索? 「太陽の沈まぬ国」と呼ばれた大帝国を支配したハプスブルク家。その帝国の面影を残す建物は、スイスに数多く残っている。シリーズ7回目で最終回となる今回は、約1000年前に建てられ、ハプスブルク家の発祥の地となったハプスブルク城と、素晴らしい庭園を持つヴィルデック城を訪れる。, これらの内戦を解決するため、スイスはいったん世界から背を向け、国内情勢に注力することになる。このため中立の立場をとるスイスが国内情勢の火消しに専念したことで、長い内戦下の一国家(スイス)が、近隣の君主制国家とは異なる「独自の歴史的発展」を遂げ、民主主義国家の設立という「政治的孤島」になったのだ。, 次の重要なポイントは、スイスに一種の「外部からの統治」が及んだ時期だ。この国の運命はまずナポレオンによって、そしてその後のウィーン会議で欧州の大国によって決められた。この時期は、国の歴史上「最も不人気」なテーマの1つだ。スイスで政治・社会改革が始まったのは、1798年にフランス革命軍が入ってきたから、という説をスイス人は好まない。, このコンテンツは 2015/03/20 スイスの首都がベルンだと知って驚く外国人は少なくない。経済都市チューリヒや国際都市ジュネーブだったなら誰もが納得しただろう。だが170年前にベルンが首都に選ばれたのはまさにそれが理由で、権力の一極集中を避ける狙いがあった。, 対するカトリック諸州は、国民は自分が望む通りに生きるべきであり、自分の信条(カトリック)を公言することは認められるべきだと訴えた。彼らは州の自治権推進派でもあった。この分離同盟戦争で勝利したのはプロテスタント勢力で、彼らがフランスの人権、ドイツの法の支配、英国の功利主義をベースに、新しいスイス連邦国家を創設した。, このコンテンツは 2018/10/10 1848年、君主制が席巻していた欧州で、異彩を放つ民主主義国家が誕生した。連邦国家スイスが産声を上げた瞬間だ。だが「スイス」自体はそれよりもずっと前から存在している。1291年の建国以来、この国はどんな紛争や発展を経験してきたのだろうか?, 1969年生まれ。モスクワ出身。2年間の兵役の後、モスクワ大学歴史学部で歴史学と社会学を学ぶ。グスタフ・シュトレーゼマン首相下のドイツ外交政策についての博士論文で歴史学博士号を取得。ドイツとスイスで約11年間外交官を務める。翻訳家、通訳者の経験があり、著書もある。ドイツ語と英語が堪能。2012年からswissinfo.chのロシア語編集部編集長。, 1848年の民主制国家誕生に至るまでのスイス史は、国外ではあまり知られていない。それは、近隣諸国とは異なる発展の仕方をしてきたからだ。, このコンテンツは 2015/08/04 2019/06/14 Do NOT follow this link or you will be banned from the site. 図説 スイスの歴史 (ふくろうの本/世界の歴史) 踊 共二 | 2011/8/17. スイスの歴史 スイスの歴史の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?

朝ドラ スカーレット 八郎, H2 Op 虹のグランドスラム, 三石琴乃 ドラえもん, 刑事7人 シーズン5 3話, 類義語 英語, ツイッタージャパン 電通, ツタヤディスカス コミック, ツイッター アカウント凍結, 鍵垢 フォローされた ブロック, ゾウムシ 幼虫 米, コナラ 育て方, エヴァ ムビチケだけ, 上田麗奈 黒, 集中 対義語, セルフ インフルエンザ 検査, Twitter スパムの疑い, 学校の先生 好き, 鬼滅の刃 本屋 にない, フレッツ光 障害 マップ, 巨視的 対義語, 正確に 英語 副詞, Docomo Application Manager 繰り返し停止, 尊重 類語, 日本語から英語 難しい, タイレノールa 20錠, エヴァンゲリオン :序 無料,