この続編では、ウディ・ハレルソン演じるカーネイジ/クレタス・キャサディが主要ヴィランとして登場すると伝えられている。 映画『ヴェノム』が公開されてしばらく経ったので、今回はカーネイジについて紹介したいと思います。 映画『ヴェノム』のエンドロールの最後に登場したウディハレルソンが次回作で最恐のヴィラン、カーネイジを演じるのではないかと期待されています。 そもそも『ヴェノム』も悪の魅力を放つダーク・ヒーローではあるが、映画の物語上のヴィラン(悪役)として登場するのは、ライオット。 Beating you down.”, 「キング・オブ・ハイエンド」サイドショウのマケットシリーズに、マーベルコミックからスパイダーマン&ヴェノムがラインナップです。スパイディとヴェノムとの激突を、大迫力の全高約56センチのマケットとして立体化しました。牙と長い舌をむき出しにして、鋭い爪を備えた手で攻撃しようとするヴェノムの怪物的なボディ、そして攻撃を避けてウェブを放とうとしているスパイダーマンのしなやかな筋肉や、おなじみのレッドやブルーのコスチュームが、サイドショウの確かな技術により細部に至るまで精巧に造りこまれている。台座は、破壊された鐘楼と、瓦礫に絡みつくゲル状のシンビオートが造形。, ハズブロによる「マーベルレジェンド」シリーズの6インチラインに、以前「モンスターヴェノム」ウェーブ1でビルドフィギュアとしてフィーチャーされていたヴェノムが単体となって帰ってきました!もちろんそのままではなく塗装がアップデートされ、さらに胸のロゴマークがビルドフィギュアで使用された激しめのものから、いつもコミックスで見てきた「これぞベノム!」というホワイトカラーが映えるロゴマークに変更となった嬉しい仕様変更。もちろんビルドフィギュア同様に他のキャラクターと並べた際にさらに際立つマッシブ感も最高です。, ダイアモンドセレクトのミニスタチューシリーズに、スコッティ・ヤングのアートをジェントルジャイアント造型で展開する新シリーズが登場!ラインナップするのは子供姿のスパイダーマンとヴェノムです。スパイディがヴェノムのシンビオートに飲み込まれるシーンを描いた、コミック『VENOMIZED #1』のカバーアートがかわいらしい姿そのままに全高約13センチで再現されました。しかも!実質2体分のボリュームながらも以前より大分リーズナブルに…って安すぎる!あれです、これは購入しなかったことを後悔するタイプのヤツです。, ダイアモンドセレクトトイによるPVCスタチューシリーズ「マーベルギャラリー」の新作として、コミック版のエージェント・ヴェノムが登場です!岩に足をかけ、ライフルを手にした姿を全高約23センチ、PVC製のスタチューとして立体化しました。パッケージはそのまま飾れるウィンドウボックス仕様。, 名だたるアーティストが参加し、その美麗なアートをまとめた「DCポスターポートフォリオ」シリーズ。マーベルコミックからも第2弾の「ARTGERM」スタンリー・ラウ、第3弾の桃桃子(ピーチモモコ)と続々展開中です!しかしながら記念すべき第1弾を紹介し忘れたため、再入荷の手配を行いました。第1弾はマーベルコミックのガチのお偉いさん、ジョー・ケサダです。アイアンマン、ヴェノム、デアデビルなど12作を収録。, ホットトイズのビデオゲームマスターピースにゲーム『Marvel オールスターバトル』からヴェノムプールがラインナップ。ゲーム中のヴェノムプールを、全高約37センチ、20箇所以上可動の1/6スケールで立体化。デッドプールの赤いマスク、そしてヴェノムの裂けた口、鋭い歯、長く伸びた舌を再現したヘッドは、3種の眼部パーツ、2種の舌パーツを差し替えることによって、異なる表情を演出することが可能。新開発の巨大ボディは、異常に大きい筋肉や浮き出た腱などまで再現。無理やり繋ぎ合わせたようなコスチュームは、細かなエンボス加工を追加。巨大な腕輪と足輪や、デッドプールのロゴマークがあしらわれたベルトなど、ディテールや質感にこだわり、細部に至るまで精巧な仕上がり。背中の鞘に収めることができる刀2本、ピストル、ヴェノム風触手(ワイヤー内蔵)が再現できるエフェクトパーツ、さらに、必殺技時の「着信中のスマートフォン」まで付属。多彩な差し替え用ハンドパーツを使用し、さまざまなシーンを演出することが可能。, コミックやゲームのジャンルで活躍するデザインナーたちのアートをもとに立体化する、サイドショーの「アンルーリー・インダストリーズ」。ユニークでアンルーリー(型破り)。重量感とユーモアたっぷり、そして特徴的なタッチを見事に再現した造型で展開。ビニールフィギュアならではの味のある質感も、そのフォルムとの相性はバッチリです。シリーズ第2弾としてフィーチャーされたのは、南カリフォルニアを拠点とするグラフィックアーティストであるエリック・スコガン。「もしもヒーローがアイスクリームだったら?」というシュールなアイデアを実現!溶けかけのアイスとなったマーベルキャラをユーモアたっぷりに描写した、アーティストの特徴的なタッチを見事に再現しました。コーンを持つ手(ほぼ等身大)を台座にするセンスにも脱帽です!こちらはマーベルコミックよりヴェノム。, アメリカのダイアモンドセレクトのバストシリーズ「マーベルレジェンダリー」から、マーベルコミックのヴェノムが1/2スケールにて登場です。コミック版のヴェノムを、1/2スケールとなる全高約25センチで立体化。まるで個別の生き物のように動く舌、ベースにまで垂れているシンビオートなどのディテールも要チェックです!, ジェントル・ジャイアントの「マーベルコミック」ミニスタチューシリーズに、子供姿のヴェノムがラインナップ。人気アーティストであるスコッティ・ヤングが描いた、かわいらしいヴェノムを、全高約11センチのスタチューとして立体化。コミックカバーを飾った姿を、ジェントル・ジャイアントが世界に誇る造形技術で見事に再現。, リボルテック10周年の節目に山口式可動は新たなる境地へ!海洋堂が誇る可動フィギュア造形作家・山口勝久氏が、アメコミをテーマとしたアクションフィギュア「フィギュアコンプレックス アメイジングヤマグチ」!シリーズ第3弾はマーベルコミックのヴィランの中でも1、2を争う人気のヴェノムがラインナップ!人間の規格をはるかに超えたヴェノムのはちきれんばかりの肉体を再現すべく、同シリーズ「スパイダーマン」を一回りしたボディサイズに!盛り上がった筋肉の隆起や、その上にビッシリと走る血管描写も表現! ヴィランが2体、脅威も2倍。トム・ハーディ主演『 ヴェノム 』続編には、ヴィランが2体登場することになりそうだ。 米Deadlineが伝えている。. エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感や恐怖心を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく…。, その頃、エディがライフ財団に侵入してマリアと接触したことを知ったドレイクは、マリアに寄生していたシンビオートがエディの身体に「移動」したのではないかと考え、彼もろともシンビオートを捕らえようと暗躍し始める。, 一方、本編冒頭からマレーシアに墜落して乗組員をのせたライフ財団所有の宇宙探査ロケットから、別のシンビオートも単独でライフ財団へ向かい、次々と宿主を移り変えながら動き出す。, スパイダーマンの宿敵として有名なマーベル・コミックのキャラクター、エディ・ブロック(ヴェノム)は、2007年の『スパイダーマン3』でトファー・グレイスが演じ映画に初登場した[23]。当初は自己の分身であるヴェノムに対して深く掘り下げられない小さな役だったが[24]、このシリーズが監督のサム・ライミの個人的に好きな(現代のファンの興味をひくキャラクターではないような)悪役に頼り過ぎていると感じたプロデューサーのアヴィ・アラッドによって主要なヴィランとなっていった[25]。ライミ自身はこのキャラクターの「人間性の欠如」のために彼を深く掘り下げることをためらっていたが[23]、アラッドは2007年7月、ヴェノムに焦点を当てたスピンオフ作品の構想を発表した[26]。, 2008年7月までに、ソニー・ピクチャーズは、20世紀フォックスの『X-MEN』シリーズにおけるウルヴァリンのように、スパイダーマンシリーズの長寿化が期待できるヴェノムを『スパイダーマン3』の直接の続編として企画を進めていた。ヤコブ・アーロン・エステス(英語版)が脚本を書いていたが、スタジオはそれとは異なる方向性を求め、別の脚本家を探し始めた。またソニーは、ヴェノムを演じたトファー・グレイスが主役として映画を支え切れるという確信も持てずにいた[27]。同年9月、ソニーはポール・ワーニック(英語版)とレット・リーズ(英語版)を新しい脚本家に任命した。一方で、ヴェノムの共同クリエイターのトッド・マクファーレンが「ヴィランを中心人物に据えたヴェノムの映画は上手くいかない」と示唆したことを受け、業界内では「トファー・グレイスという好感のある俳優だからこそ同情的な悪人になれるから、彼がこのスピンオフ作品に戻るべきだ」と提案されていた[28][29]。, 両脚本家は「現実的で地に足のついた内容で、少し暗くキャラクターを描いた」というオリジナルストーリーのアイデアをソニーに投げかけた[30]。彼らは、悪役や生い立ちについての特別なルールを持つソニーとマーベルとともに、アウトラインの制作に取り掛かり、2009年4月までにドラフトが完成した[31](スタン・リーのための特別な役も含む[32])。寄生生物のシンビオート(英語版)が街中で人から人へ飛び移り、それに寄生された人物が凶暴的になり他人を襲うというシーンなどが描かれていた[30]。, ワーニックとリーズの両脚本家は2009年9月までに第2稿を執筆し、リーズは「ソニーは前に進む方法なら何でも前に進む」と述べた[33][34]。1か月後、当時『スパイダーマン4』の脚本を書き直していたゲイリー・ロスが、ヴェノムの映画の共同脚本、監督、およびアヴィ・アラッドとの共同プロデューサーを任じられた。その時期にはトファー・グレイスの続投の可能性は低くなっており、白紙に戻して新しいアンチヒーローとしてのヴィラン像が模索されていた[35]。, 2010年1月、ソニーは、サム・ライミが『スパイダーマン3』の続編に関与しないと決断したことを受け、スパイダーマンシリーズをリブートすることを発表[36]。2012年、最初のリブート作品『アメイジング・スパイダーマン』が公開されたが、ソニーは依然として今作を活用したヴェノムの映画に関心を持っていた。スタジオは、『ハンガー・ゲーム』を監督するためにプロジェクトを退いたゲイリー・ロスの代役としてジョシュ・トランクと交渉した[37]。同年6月、アラッドは知人のプロデューサー、マット・トルマック(英語版)との議論の中で、『アベンジャーズ』でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)がクロスオーバーしていることと比較し、ヴェノムの映画を『アメイジング・スパイダーマン』と繋げる案を検討した。アラッドは本作を「エディ・ブロックの物語」としか呼ばなかったが、トルマックは「できることなら、これらの世界はいつか同じ世界に平和に共存させたい」と投げかけた[38]。, 2013年12月、ソニーは、『アメイジング・スパイダーマン2』を使って自身のスタジオが映画の権利を持つマーベルキャラクター(ヴェノムを含む)で独自のユニバースを確立する計画を発表した。アラッドとトルマックはシリーズのブレーントラストとして映画のプロデューサーとなり、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー(いずれも『アメイジング・スパイダーマン2』共同脚本・製作総指揮)、エド・ソロモンがヴェノムの映画の脚本を担当、カーツマンは監督を兼任となった[39]。2014年4月、アラッドとトルマックは「ヴェノムの映画は、2016年5月27日公開の『アメイジング・スパイダーマン3』の後、『アメイジング・スパイダーマン4』の前に公開される」と述べた[40]。しかし、『アメイジング・スパイダーマン2』は業績が悪く、ソニーは自身が最重要視するシリーズを徹底的に見極めなければならないというプレッシャーのもと、ユニバースの方向性が再考された。『アメイジング・スパイダーマン3』の公開は2018年に延期され、ヴェノムの映画(『Venom Carnage』)の公開は2017年に移動した。アレックス・カーツマンは引き続き監督を務め、エド・ソロモンとともに脚本を書いた[41]。, 2015年2月、ソニーとマーベル・スタジオは、マーベルが次のスパイダーマン映画(『スパイダーマン:ホームカミング』)を製作し、そのキャラクターをMCUに統合するという新しいパートナーシップを発表した[42]。ソニーはマーベルの関与のないスピンオフ映画の製作も計画していたが[43][41]、同年11月までには、ソニーはマーベルとの新たなリブートに焦点を当てたことで、『アメイジング・スパイダーマン2』の続編を含むそれらの構想は事実上の廃止となった[44]。, 2016年3月、ソニーは再びヴェノムの企画を復活させた。アラッドとトルマックが再び製作となり、ダンテ・ハーパーが新たな脚本を書いた。このプロジェクトは、ソニーとマーベルの新しいスパイダーマンとは無関係で、独自のシリーズを立ち上げるものとして構想された[45]。1年後、ソニーは公開日を2018年10月5日とし、アレックス・カーツマンは新しいプロジェクトには関与していないことと、新監督は未決定で、脚本はスコット・ローゼンバーグ(英語版)とジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』共同脚本)が務めることを発表した[46]。ヴェノムの映画は新しいシリーズを開始するだけでなく、MCUから独立した新しいユニバースの創造を期待されており、さらに20世紀フォックスの『X-MEN』シリーズにおける『デッドプール』と『LOGAN/ローガン』の成功にインスパイアされ、当初は低予算でMPAAのレイティングのある作品を目指し製作された[47]。ソニーの監督最終候補リストには、レイティング作品で知られるアディ・シャンカル(英語版)や[48]、アダム・ウィンガードが含まれていた[49]。同年5月、ソニーはトム・ハーディがエディ・ブロック(ヴェノム)を演じ、監督にルーベン・フライシャー(『ゾンビランド』監督)が就任することと、公式な「ソニー・マーベル・ユニバース」(Sony's Marvel Universe)の開始を発表し、『ヴェノム』はいずれの他の映画作品のスピンオフでもない位置づけとなった[10]。ルーベン・フライシャーはソニーの長期にわたる人選の結果であり、またヴェノムの大ファンだというトム・ハーディのキャスティングについては、彼がJ・C・チャンダー監督の『Triple Frontier』の出演を退いた直後の4月に決定した[50]。, 2017年6月、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギは、この映画はソニーの独自のプロジェクトであり、マーベル側はそれをMCUと繋げる計画はないことを明言した[8]。しかし、本作のプロデューサーのエイミー・パスカルはすぐに、ソニー側は自身のソニー・マーベル・ユニバース映画を『スパイダーマン:ホームカミング』で始まる新しいMCU映画として世界を共有しようとしていることを明かし、MCUへの "adjunct"(付加物、付属物)として説明した。彼女は、「『ヴェノム』は次に予定しているソニー・マーベル・ユニバース作品『Silver & Black』に繋がり、さらにトム・ホランドが演じるスパイダーマンも出演する可能性もある」と述べた[9]。その段階で、原作のキャラクター、カーネイジの登場も予想されていた[51]。同年7月、コロンビア・ピクチャーズの社長のサンフォード・パニッチ(英語版)は、「ソニーは従来のコミックブック(アメコミ)映画の製作には関心がなく、自身のユニバースの各映画に独自のスタイルを取り込もうと模索している」と説明した。『ヴェノム』はジョン・カーペンターやデヴィッド・クローネンバーグの作品にインスパイアされた「ホラーに一ひねり加えた映画」に「ポップさと楽しさを加えたもの」と推測されており、監督のフライシャーは「常にアンチヒーローに惹かれている。ヴェノムには暗い要素があり、常に私に訴えかけるウィットがある。映画ではヴェノムの起源と、エディ・ブロックとシンビオートとの間のジキルとハイドのような関係性を掘り下げる」と述べた[12]。, 同年8月にはリズ・アーメッドが出演の交渉を受けており[52]、同じ役にマット・スミス、ペドロ・パスカル、マティアス・スーナールツらも候補に挙がっていた[53]。9月、ミシェル・ウィリアムズが地方弁護士でブロックの意中の人物の役への出演交渉を受けた[54]。10月までに、ジェニー・スレイト[55]、リード・スコット(英語版)[56]、スコット・ヘイズ(英語版)らが出演交渉を受け[57]、ジェニー・スレイトは科学者役として候補に挙がっていた[55]。脚本は、ケリー・マーセル(英語版)が最新稿を書いていた[58]。, ソニーが提示した映画の最終予算は1億ドルだったが、中国の製作会社テンセント・ピクチャーズが最終的にコストの3分の1をカバーした[59]。, 本作は主に原作の『Venom: Lethal Protector』と『Planet of the Symbiotes』に基づいている[60]。ハーディは、『Lethal Protector』同様サンフランシスコが舞台となっていることを説明した[60]。, フライシャーは、本作が『Lethal Protector』をベースとした理由として、初の単独のヴェノムのシリーズとしてスパイダーマンから解放させる意図を挙げた[61]。最終的にスパイダーマンは、ソニーとマーベル・スタジオ間の契約により登場させることはできなかったが、フライシャーらは「スパイダーマンが不可欠なキャラクターの映画をスパイダーマンなしで作る」ことに挑戦的だった。これらの理由から彼らは、スパイダーマンを起源としない、アルティメット・マーベル版のヴェノムにインスピレーションを得た[62]。また『Lethal Protector』は、ヴェノムの凶悪な側面よりも英雄的な側面を探求するための基礎となった[61]。映画でのヴェノムの一節、"Eyes, lungs, pancreas... so many snacks, so little time," はコミックシリーズ『アメイジング・スパイダーマン』#374 から改変なく引用されている[63]。, 2018年7月、フライシャーは本作に対して「ヒーローはいない」と表現し、映画の企画時に多くのキャラクターによる巨大な世界を構想していたことを述べた。また、別のシンビオートであるライオットがヴィランとして登場することも明かした。さらに、スパイダーマンは本作には登場しないものの、将来の映画にてスパイダーマンとのクロスオーバーが起こる可能性があることを示した[64]。原作コミックのようなヴェノムの胸のスパイダーマンのシンボルが描かれていないことに関して、フライシャーは、今作においてはヴェノムの誕生にスパイダーマンは関与していないためシンボルは意味をなさなかったと説明した。それでもフライシャーらはできる限り原作のデザインに忠実であることを望み、全身黒いキャラクターは夜間のシーンで見づらいという問題をフライシャーが追加で提示したことで、シンビオートの白い静脈から形成された独自のシンボルがヴェノムの胸に描かれることとなった[65]。, フライシャーは本作を他の漫画原作の映画からも突出したものにすることを望んでおり、本作のトーンは軽妙なMCUや重苦しいDCエクステンデッド・ユニバースのどちらも想起しないだろうと述べた[66]。フライシャーは、原作のキャラクターの暴力性を尊重することが重要だとし、「彼は人々の頭を噛み脳を食べる。ヴェノムがそれをやらなかったら映画を作るのはおかしい」と述べている[67]。しかし、ソニーの幹部らはレイティング指定は将来的にファミリー層に適したスパイダーマンや他のMCUキャラクターとクロスオーバーさせる際に支障が出ると考えており、レイティング指定を実際に受けるまでこの要素を推し進めることには消極的だった[68]。最終的にクロスオーバーの可能性のため暴力性がトーンダウンされ、PG-13とレイティングされた[3]。, 主要撮影は2017年10月23日に開始し[69]、アトランタとニューヨークで行われた[70]。映画『アイアンマン』の撮影監督を務めたマシュー・リバティークや、『スパイダーマン:ホームカミング』でプロダクションデザイナーを務めたオリバー・スコールが、本作でも同役職を務める[71]。, ミシェル・ウィリアムズは11月に撮影に参加しているが、彼女が出演した『ゲティ家の身代金』で予期せぬ再撮影が発生し、両者の撮影を同時並行で行うためにソニーがスケジュールを編成した[14]。, 12月までに、ウディ・ハレルソンが出演交渉を受けており[72]、またミシェル・ウィリアムズがアン・ウェイング(英語版)を演じることが明らかになった[15]。, ハーディはプリ・プロダクション中にシンビオートの台詞を録音し、それらは険悪な音への変調が施された。ブロックとシンビオートが交互に会話をする場面では、その音声をイヤホンを通して再生しながら撮影が行われた[66]。, フライシャーは、ハーディが撮影セットで即興で思い付いたことややるべきと感じたシーンも協力的に撮影した。例えば、ハーディがレストランのセットにロブスターの水槽があることに気付くと、自身の役が水槽に入ることを決め、プロダクションデザイナーチームは徹夜で水槽を偽のロブスターで満たし、翌日にハーディの撮影を実現させた[73]。, 2018年1月16日から1月26日にかけてサンフランシスコで追加撮影が行われた[74][75]。ハーディの撮影は1月27日に終了した[76]。, リズ・アーメッドとリード・スコット(英語版)は2018年2月に出演が確定し、ウィル・ビール(英語版)が追加の脚本家として発表された[20]。その後の数か月で、Sope Alukoとスコット・ディッカートの出演が明らかになった[19][77]。またスコット・ヘイズ(英語版)とウディ・ハレルソンの登場も確定し[19][22]、リズ・アーメッドもカールトン・ドレイク(英語版)を演じることが報じられた[18]。過去にフライシャーの『ゾンビランド』(2009年)への出演経験もあるハレルソンは、自身が出演契約をしたのは小さな役だと説明したが、続編で大きな役割を果たす可能性にも言及した[78]。また、2018年6月にハーディの指揮のもとロサンゼルスで再撮影が行われたと報じられた[79][68]。編集はメリアン・ブランドンとアラン・ボームガーテンが務めた[80]。, ソニーは『ヴェノム』が独自のシリーズの立ち上げとなることを計画している[45]。2017年7月、コロンビア・ピクチャーズの社長のサンフォード・パニッチ(英語版)は、将来『ヴェノム』がスパイダーマンの映画とクロスオーバーする可能性を示した[12]。2018年5月、ハレルソンは『ヴェノム』の続編で自身の役がより大きな役割になると期待していることを明かしたが、「本作の契約前に続編の脚本が読めたわけではなかったため、契約は運任せだった」と語っている[78]。同年7月、フライシャーとハーディは、スパイダーマンとのクロスオーバーへの関心と、ソニーも関心を示していることを述べた[64]。8月、ソニーは「ヴェノムとスパイダーマンはすでに同じユニバースにいるので、二人が将来的に対面するのを楽しみにしている」と今後のクロスオーバーの構想を示唆した[81]。同月、ハーディは『ヴェノム』に関して3本の映画に契約したことを明かした[82]。, 2018年3月、ルドウィグ・ゴランソンが『ヴェノム』の音楽を担当することが決定し、監督のルーベン・フライシャーとは2011年の映画『ピザボーイ 史上最凶のご注文』以来の再タッグとなった[83]。ゴランソンはマーベル・スタジオの『ブラックパンサー』の音楽も手掛けており、「憧れの職業の一つでもある若き映画作曲家として、スーパーヒーロー映画の音楽を追求し続けることに興味があった。スーパーヒーローのテーマは本当に観客と共鳴する」と述べている[84]。, 8月、ラッパーのエミネムが『ヴェノム』のサウンドトラックに新曲を提供したことを明かした[85]。楽曲「ヴェノム (ミュージック・フロム・ザ・モーション・ピクチャー)」はアルバム『カミカゼ(英語版)』に収録され2018年8月31日にリリースされたのち[86]、9月23日にアフターマス・レコードからデジタル・シングルとして配信された[87]。, 2017年のComic Con Experienceのソニー・ピクチャーズのブースで上映されたプロモーション映像にフライシャーとハーディが登場した[60]。2018年2月にティーザーが公開されたが[20]、Dani Di Placidoはフォーブス誌でこれを「滑稽でつまらない」と評し、「『スパイダーマン3』でキャラクターが描かれたからこそ、このティーザーが無関心なファンの呼び込みを意図したものだったことはソニーの大きな失敗だ」と所見を述べた[88]。また、論評者らは共通して、ティーザーにタイトルキャラクターが登場しなかったことを批判した[88][89][90]。ソニーの会長トム・ロスマン(英語版)は後にそれを認め、映画への期待を高めることを意図していたと説明した[18]。8月、フライシャーはこのトレーラーにヴェノムが登場しなかった理由を当時キャラクターのVFXが不完全だったためと明かした[91]。, ロスマンは2018年のCinemaConにて、2番目のトレーラーを発表するとともに、「我々はヴェノムを映画に登場させるのを忘れなかった」と述べ今作でのヴェノムの姿を公開した[18]。先述のPlacidoは今回のトレーラーには肯定的で、ヴェノムのヴィジュアルを称賛したが、トレーラーでの対話に脚本への懸念を感じるとも述べた[92]。, このトレーラーでは、ジェニー・スレイトが原作の用語 "Symbiote"(シンビオート(英語版))を、定説となっていた [SIM-bee-oht](スィンビオート)ではなく [SIM-bye-oht](スィンバイオート)と発音している。その点に批判が集中し、辞書Merriam-Websterによれば、"symbiote pronunciation"(シンビオート 発音)の検索回数が35,700%の増加を見せた。当辞書は、どちらの発音も厳密には許容可能との見解を示した[21]。, また、このトレーラーの音楽が同年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編のものと似通っていることが指摘されており、Screen Rantのハンナ・ショー=ウィリアムズは「これは偶然か、それともソニーが意図的に『ヴェノム』を観客の心の中でMCUと結び付けさせようとしているのではないか。どちらにしろ、『ヴェノム』が観客を引き込むためには、単に慣れ親しんだトレーラー音楽以上のものが必要」と述べた[93]。, ソーシャルメディアの分析会社Fizziologyによれば、この2番目のトレーラーは24時間以内に6,430万回視聴され、最初のトレーラーより72%の増加となった。同社は、2回目のトレーラーが最初のトレーラーよりも多くの視聴者を獲得することはまれと分析している。また、トレーラーに対する肯定的な反応も46%の増加となっており、これは『スパイダーマン:ホームカミング』の2番目のトレーラーでの反応に匹敵する。肯定的な反応の大部分はヴェノムのヴィジュアルやデザインに向けられていた[94]。, フライシャー、ハーディ、アーメッドは2018年のサン・ディエゴ・コミコンでのプロモーションに登場した。会場では観客にヴェノムのマスクが配られ、"We are Venom" と唱えられたほか、敵のシンビオートであるライオットが含む新しい映像が公開された[64]。, 3番目のトレーラーがオンライン上で公開された際には、フォーブス誌のスコット・メンデルソンは肯定的な見解を示さず、『キャットウーマン』(2004年)と同等のものと感じたことと「このような映画をやらないようにする立派な手本だ」との意見を示した。また彼は、フライシャーが自身の成功した映画『ゾンビランド』の続編の製作を『ヴェノム』公開前に決定したことが、今作が成功しない前兆だと感じているとも述べた[95]。ハリウッド・リポーター誌のライターのリチャード・ニュービーは、本作では前時代の作品であるかのようなマーケティングになっていると感じたと述べ、現代のスーパーヒーロー映画というよりは、昔のアイアンマンのクールさや、『狼男アメリカン』(1981年)や『ブレイド』(1998年)の中間を狙っているようだと評した。また彼は、最初の懸念とは裏腹に最新のトレーラーでヴェノムが映画全体に登場することが示されたと指摘し、ユニバースの繋がりがまだないことや独特のトーンは、かえってソニーがキャラクターたちを扱いこなすのに上手く作用するかもしれないとも述べた[96]。, アメリカでは9月14日にマーベルから、映画の前日譚と広告を兼ねたタイアップのコミック『Venom』が、AMCシアターズでの映画チケット購入者を対象にデジタル配信された[97]。, 本作は2018年10月1日にウェストウッド(英語版)のフォックス・ヴィレッジ・シアター(英語版)でワールドプレミアを迎えたのち[98]、アメリカ合衆国とカナダで10月5日に公開された[10]。一部の国では10月3日に公開された[99]。, 2018年10月28日 (2018-10-28)現在[update]、本作はアメリカとカナダで1億8,710万ドル、その他の地域で3億2,100万ドルの収益を上げており、全世界での総額は5億820万ドルとなっている[5]。Deadline Hollywoodは、1億 - 1億1,600万ドルの製作予算の映画で採算を取るには総額4億5,000万ドルが必要と見積もっている[4]。, アメリカとカナダでは当初、本作は4,250館で6,000万 - 7,000万ドルのオープニング興行収入が予測された[59]。木曜日の夜のプレビューの時点で1,000万ドルに達し、これは歴代10月公開映画の中で最も高く、『パラノーマル・アクティビティ3』の800万ドルの記録を上回った。公開初日には3,270万ドルを記録すると、週末の予測は8,000万ドルまで引き上げられた。総額では8,030万ドルに達し、公開初週末の記録としても2013年の『ゼロ・グラビティ』の5,590万ドルの記録を上回り歴代10月公開映画で最高となり、同時にソニーの映画では史上7番目のオープニング成績となった。, 公開初週末の観客は68%が男性(36%が25歳以上)、36%が白人、27%がヒスパニック系、19%がアフリカ系アメリカ人だった。Fandangoの調査によると、ほとんどの観客は、本作を観た理由を「マーベルのアンチヒーローが主役だから」「スパイダーマンとのクロスオーバーの可能性があるから」「ハーディのファンだから」としていた。コロンブス・デーには9,600万ドルに達し、歴代10月公開映画の月曜日の記録としても『ゼロ・グラビティ』を上回り最高となった[4]。翌週は、55%減の3,570万ドルとなったが週末興行収入ランキングは首位に留まった[100]。3週目、4週目は3位となり、それぞれ1,810万ドルと1,080万ドルの成績となった[101][102]。, 世界興行収入としては、世界58の市場からの1億 - 1億1,000万ドルを含む、総額1億6,000万 - 1億7,500万でのデビューとなると見込まれていた[103]。結果は予測以上となり、国外からの1億2,520万ドルを含み、世界興行収入も歴代10月公開映画最高となる総額2億550万ドルとなった。各国においても1か国を除き週末興行収入ランキングで1位を飾り、韓国では1,640万ドル(公開5日間)、ロシアでは1,360万ドル、イギリスでは1,050万ドル、メキシコでは1,020万ドル(ソニーの映画では国内で歴代最高)を記録した[104]。, 上記の興行収入とは裏腹に、本作に対する批評家の評価は芳しいものではない[105][106]。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには260件のレビューがあり、批評家支持率は30%、平均点は10点満点で4.5点となっている[107]。また、Metacriticには46件のレビューがあり、加重平均値は35/100となっている[108]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[4]。, マーベル・チームアップ - 池上遼一版 - スパイダーマンJ - シークレット・ウォーズ(1984) - ワン・モア・デイ - ブランニュー・デイ-スパイディ・ミーツ・プレジデント- ワン・モーメント・イン・タイム - ビッグ・タイム - スパイダーバース, 1967年版 - 1981年版 - スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - 1994年版 - アンリミテッド - 新アニメシリーズ - スペクタキュラー・スパイダーマン - アルティメット・スパイダーマン - マーベル スパイダーマン - おしえて!スパイダーマン, スパイダーマン (2002) - スパイダーマン2 (2004) - スパイダーマン3 (2007), アメイジング・スパイダーマン (2012) - アメイジング・スパイダーマン2 (2014), スパイダーマン:ホームカミング (2017) - スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム (2019), シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (2016) - アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (2018) - アベンジャーズ/エンドゲーム (2019), リーサルフォーズ (1995) - スパイダーマンPS (2001) - ミステリオの脅威 (2002) - エンターエレクトロ (2002) - SPIDER-MAN (2003) - スパイダーマン2 (2004) - アルティメット スパイダーマン (2006) - スパイダーマン3 (2007) - アメイジング・スパイダーマン2(2014) - Marvel's Spider-Man (2018) - Marvel's Spider-Man:Miles Morales (2020), アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン - ウェブスリンガーズ:スパイダーマン・アドベンチャー - Meet Spider-Man and the Marvel Super Heroes, メリー・ジェーン・ワトソン - グウェン・ステイシー - ブラックキャット - スパイダーガール - ペニー・パーカー, グリーンゴブリン - ドクター・オクトパス - ヴェノム - カーネイジ - カメレオン - ヴァルチャー - サンドマン - リザード - エレクトロ - ミステリオ - クレイヴン - シニスター・シックス - スコーピオン - ビートル - ライノ - モービウス - ホブゴブリン, アルティメット・アベンジャーズ - アルティメット・アベンジャーズ2: ブラック・パンサー ライジング(英語版) - ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち, Captain America (連続活劇) - キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望, 爆走ライダー! @VenomMovie #venom #marvel #sony #ヴェノム #ソニー #マーベル‬, DREAGEN ドレーゲンさん(@therealdreagen)がシェアした投稿 – 2018年10月月5日午後7時20分PDT, Venom #venom #venommovie #spiderman #marvel #tomholland #tomhardy #ヴェノム#スパイダーマン, Chrisさん(@chris_disney_koo)がシェアした投稿 – 2018年10月月5日午後11時09分PDT, 今作はヴェノムの初主役作品でありますが、映画にはすでに一度登場しています。 2007年のサム・ライミ監督版『スパイダーマン3』にヴィランとして登場しました。 ただ、ここで登場したエディ・ブロック/ヴェノムは、原作ファンからは偉く華奢なエディ・ブロックが登場したなという感じで、ヴェノムになってからも明らかに雑な扱いにがっくり来ました。(この辺はクラシカルなスパイダーマンに愛着があったサム・ライミ監督にとって80年代に登場したヴェノムの起用に気持ちが乗らなかった部分が大きい) ライトなシリーズファンからしてみれば『3』ではニューゴブリン、サンドマン、ヴェノムとヴィランが3人も登場してごちゃごちゃとしていて一つ一つの印象が薄くなってしまいました。 次のチャンスは仕切り直しになった『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ。『2』の終わりで原作に登場する“シニスターシックス”という悪役チームの登場が予見できるようになっていました。ここにはもちろんヴェノムも参加する可能性大でした。ところが『アメイジング』が今一つ盛り上がらなかったのと『アベンジャーズ』シリーズ(MCU=マーベルシネマンティックユニバース)への合流を決めた所で全てがなしになりました。 スパイダーマンのほうはその後『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』で顔出しをして、『スパイダーマン;ホームカミング』『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』とすでに3作品に登場しています。 そんななか話が出ては消え出ては消えのなかついに『ヴェノム』として単独主演作品が登場しました。原作では悪役というよりダーク“ヒーロー色”が強くなってきていて映画相乗効果で盛り上がっています。, 好帥ㄛ #venom #ヴェノム #マーベル #marvel #sony #ソニー, 楊花子さん(@hanako_yang)がシェアした投稿 – 2018年10月月3日午後5時23分PDT, 全米でも高評価の本作、明らかに続編を想像させるエンディングが描かれます。 同じルーベン・フライシャー監督のヒット作『ゾンビランド』のメインキャストの一人が“出る出る”という話のわりに全然本編に出てこないので???と思っていましたが、ラストにとんでもない(原作ファンならうれしくてたまらない)セリフを発してくれます。 一方でスパイダーマンの流れで言うとMCUで『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。そしてパラレルワールドのスパイダーマンがそう登場するはずのアニメ映画『スパイダー・バース』が待機中と中々世話しない。 ただ、本作『ヴェノム』の終わり方を考えるとこちらにスパイダーマンが登場する余地も大いにあるのでトム・ハーディーとトム・ホランドという二人のトムのそろい踏みがみられるかもしれません。, PS4 のスパイダーマンが面白いので とりあえずスパイダーマンの映画は 全部見ようと思い、ホームカミング 観ました シリーズの中で1番原作に近い お喋りでお茶目な スパイダーマンでした。 敵のヴァルチャーが かっこよかった #スパイダーマン #スパイダーマンホームカミング #マーベル #映画, Shoheiさん(@shohei2714)がシェアした投稿 – 2018年10月月6日午前7時22分PDT, Sony Pictures INさん(@sonypicturesin)がシェアした投稿 – 2018年10月月4日午前2時44分PDT, Tom Hardyさん(@tomhardy)がシェアした投稿 – 2017年12月月9日午後5時03分PST, 主な出演作品 2001年『ブラックホーク・ダウン』Black Hawk Down 2004年『レイヤー・ケーキ』Layer Cake 2008年『ロックンローラ』RocknRolla 2010年『インセプション』Inception 2011年『裏切りのサーカス』Tinker Tailor Soldier Spy 2012年『ブラック&ホワイト』This means war 『欲望のバージニア』Lawless 2012年『ダークナイト ライジング』The Dark Knight Rises 2013年『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』Locke 2015年『マッドマックス 怒りのデス・ロード』Mad Max:Fury Road 2015年『レヴェナント: 蘇えりし者』The Revenant 2017年『ダンケルク』Dunkirk, megatvliveさん(@megatvlive)がシェアした投稿 – 2018年10月月3日午後5時11分PDT, 主な出演作品 1994年『名犬ラッシー』Lassie 1995年『スピーシーズ 種の起源』Species 2003年『16歳の合衆国』The United States of Leland 2005年『ブロークバック・マウンテン』Brokeback Mountain 2010年『シャッター アイランド』Shutter Island 『ブルーバレンタイン』Blue Valentine 2011年『マリリン 7日間の恋』My Week with Marilyn 2013年『オズ はじまりの戦い』Oz:the Great and Powerful 2015年『マンチェスター・バイ・ザ・シー』Manchester by the Sea 2017年『グレイテスト・ショーマン』The Greatest Showman 2017年『ゲティ家の身代金』All the Money in the World, Michael Dueñasさん(@michaelduenas)がシェアした投稿 – 2018年10月月2日午前10時37分PDT, 主な出演作品 2006年『グアンタナモ、僕達が見た真実』The Road to Guantanamo 2010年『センチュリオン』Centurion 2012年『ミッシング・ポイント』The Reluctant Fundamentalist 2014年『ナイトクローラー』Nightcrawler 2016年『ジェイソン・ボーン』Jason Bourne 2016年『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』Rogue One:A Star Wars Story, Venom Trailer, Guardians of the Galaxy Vol.3 & Primetime Emmy’s 2018 | POPCORN Feed https://t.co/sJGoByEURC pic.twitter.com/sb6TeDA0dp, — My Comic Universe (@MyComicUnivers3) 2018年9月26日, ヴェノムから抽出した細胞から生まれた5体の『ヴィラン』その1体が、ライオットです。, 宿主は、ライフ財団の社長『カールトン・ドレイク』億万長者で、ライフ財団を創設した天才。, 人類にとって正しいことをしようとしているが、何かを成し遂げるには、何かを犠牲にしなければと考えます。, 『ファジー』(イエロー×オレンジ)体の一部を武器に変えて、両手を鎌のような巨大な刃にして戦います。, 『ウディ・ハレルソン』Woody Harrelson 『ヴィラン』の『カーネイジ』として登場するのではないでしょうか?, エディ・ブロックの恋人『アン・ウェイング』は『ヴィラン』の『シーヴェノム』として本作や続編に登場するのではないかと思います。, 『ウディ・ハレルソン』は、ヴェノムの続編で、自身の役がより大きな役割になると期待していることを語り、『トム・ハーディ』は、ヴェノムに関する3本の映画作品に契約したことを明かしました。, ルーベン・フライシャーとトム・ハーディは、スパイダーマンとのクロスオーバーへの関心と、ソニー・ピクチャーズも関心を示していることを語りました。, 制作『コロンビア・ピクチャーズ』社長『サンフォード・パニッチ』は、ヴェノムがスパイダーマンと映画でクロスオーバーする可能性を示しました。, 何よりも映画、ドラマ、漫画本が大好きで暇があれば見るようにしています。 ネットで映画やドラマ、本などが見られるようになってからはPCひとつで何でもできるようになりました。 運動不足が否めないです。, しかし読者様におススメの作品、また無料(おトクに)で映画、ドラマ、漫画などの電子書籍を見る情報も紹介したいと思います。.

インフルエンザ 症状, 鬼滅 の刃 21巻 予約 いつから, メルヴィル ジャン ピエール, 渚カヲル 強さ, Zip 金曜 パーソナリティ 202010 月, 国鉄 民営化 メリット, 繁忙 類語, レミゼラブル キャスト 2020, 大東中学校 部活, エヴァンゲリオン 海外 有名人, 昔話法廷 赤ずきん 判決, ツイッター アカウント凍結, 鬼滅の刃 ツイッター, 技術 英語 複数形, 下野紘 家族, 山崎育三郎 子供 性別, 上田麗奈 黒, お台場 ジャンプショップ 抽選, アマプラ エヴァ いつまで, NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本, 浜辺美波 可愛すぎる, 過去のツイート 検索 ワード, 韻文 対義語, 中曽根弘文 妻, 中村昌也 中村倫也,